【例文あり】パパ活の条件交渉の伝え方!条件を決めるタイミングと内容が合わないときの断り方

boy-menber-03

パパ活をしている人の多くが悩んでいるであろう条件交渉。

希望通りのお手当をもらいながらパパ活が出来ている人はどのくらいいるのでしょうか。

実際に希望のお手当をもらえている人は少ないと思います。

なぜ希望のお手当がもらえないのか。

それは条件交渉がうまくいっていないから。

条件交渉がうまくいかずに希望のお手当がもらえないままパパ活をしている人が多いのが現実です。

パパ活をしている多くの人は自分の希望のお手当が欲しいと思いながらパパ活をしていることでしょう。

どうしたらパパ活の条件交渉がうまくいくのだろう…

今回はそんな悩みを抱えている人向けの記事となっています。

この記事は現在自分の希望通りのお手当をもらい、太パパもゲットした経験のあるパパ活歴7年の私が執筆しています。

条件がうまく伝えられない…希望通りのお手当がもらえていない…

そんな悩みを抱えているあなたのお役に立てると思いますので最後までお読みいただけますと幸いです。

パパ活の条件とは?

パパ活の条件とは「相手との約束事」のこと。

絶対に設定をしておかなくてはいけない「必要事項」ともいえます。

例えばお手当がいくら希望なのか・体の関係はありかなしかなどです。

この条件をきちんと決めることでパパ活を効率よく行えるようになります。

そのためパパ活を行う際は「条件」を決めることが最も重要なのです。

この条件をもとにパパとの条件交渉が行われます。

パパ活の条件交渉の前に平均相場を理解しておこう

パパ活の条件交渉をする前にまずは平均相場を理解しておく必要があります。

平均相場が分からないままパパに条件交渉をすると、相場より安い金額でパパ活を行うことになります。

そのためきちんと平均相場を理解してからパパ活をはじめましょう。

デートの

内容

顔合わせ 食事やデートのみ デート
(体の関係あり)
定期
(体の関係なし)
定期
(体の関係あり)
東京 5000円 1万円 2万円 5万円 10万円
大阪 5000円 1万円 2万円 5万円 10万円
名古屋 5000円 1万円 2万円 5万円 10万円
福岡 5000円 1万円 2万円 5万円 10万円

パパ活の相場はだいたいこのような金額となっています。

パパ活の条件交渉はなにを決める?パパ活の条件の内容

パパ活の条件交渉では、お手当の金額・会う頻度・デートの内容・大人の関係のありなし・お手当の支払い方法などを決めます。

パパ活の条件交渉をする際は、条件をその場で決めると相手に有利な条件になってしまう場合があるので事前にきちんと決めておくことが大切です。

パパ活の条件交渉でお手当の金額やお金周りのことを決めておく

まずはじめはお手当の金額やお金周りのことを決めておくこと。

自分がどのくらいのお手当を希望しているのか。

どれくらいの額が欲しいから、どこまでの関係性でいるのか。

後々トラブルにならないためにも、お手当の金額のことはパパとしっかりと擦り合わせを行いましょう。

私は初回顔合わせで〇〇円で希望しているのですが…と提案してみると良いでしょう。

パパ活の条件交渉で会う頻度・デートの内容を決めておく

次は会う頻度やデートの内容を決めておくこと。

会う頻度は週に何回なのか、月に何回なのか。

都度なのか、定期的なのか。

デートは食事だけなのか、買い物や旅行も行くのか。

希望のお手当をもらうためにはデートの内容なども関係してきますからね。

この内容をパパにきちんと交渉することでお互いが納得のいくパパ活が行えるようになります。

月に1度なら2万円などと提示して、あらかじめどのくらいの頻度で会うか相談してみましょう。

そのうえで、「私はこのくらい欲しいのですが」と自分の条件を提示するのです。

パパ活の条件交渉で大人(体の関係)ありかを決めておく

パパ活をするにあたりこの条件が一番気になる人も多いのではないでしょうか。

大人の関係がありかなしかをきちと決めておきましょう。

体の関係がありかなしかでお手当の金額も大きく変わって来ます。

女性の中にはパパ活=食事だけと思っている人が多いです。

ですが男性からするとパパ活のイメージは体の関係があるものだという前提です。

このすれ違いからパパと条件交渉が上手くいかなくなる可能性があるので、条件交渉をする際は大人の関係があるかないかをしっかりとパパに伝える必要があります。

パパ活の条件交渉で支払い方法とタイミングを決めておく

パパ活の条件交渉では、お手当の支払い方法とタイミングを決めておくことも大切です。

支払い方法とは、現金なのか銀行振り込みなのか。

タイミングはその日(都度)での支払いなのか、月払い(定額制)なのか。

支払い方法をきちんと決めておきましょう。

ずるいパパの場合、こちらがきちんと支払い方法とタイミングを決めていない場合、「あとでまとめて払うよ」なんて上手いことを言われ信じていたら振り込まれなかった…なんてことがあります。

このような事態を防ぐために支払い方法とタイミングをきちんと決めておく必要があります。

パパに逃げられないようためには、その日(都度)の先払いがおすすめです。

先払いをしてもらうことで逃げることは不可能になりますからね。

予め自分のパパ活の条件を決めておこう

お手当や会う頻度を決めることはもちろん、予め自分のパパ活の条件をしっかりと決めておくことが大切です。

条件をしっかり決めておかないとパパにとって都合のよい条件で決められてしまうこともあります。

そのため条件を決めてから条件交渉をするようにしましょう。

パパ活の条件を決めるタイミング

パパ活をする際に条件を決めるタイミングがありますよね。

やりとりをしているときに決めるのか・顔合わせの時の時に決めるのか…

次はパパ活の条件を決めるタイミングについて書いていこうと思います。

パパ活の条件を決めるタイミングで一番いいのは出会う前です。

 

なぜならお手当の金額等の条件を交渉しないで会った場合、後から「お金を下さい」とは言いづらいですよね。

そのため条件を決めるタイミングは出会い前が一番良いのです。

パパ活の条件をプロフィールに書いておく

パパとの出会い方により異なりますが、パパ活をしている多くの人は出会い系サイトやアプリで出会っているのではないでしょうか。

パパ活をするのに一番安全であり出会えるツールですからね。

出会い系サイトやアプリでパパを募集する場合。

その場合は条件をプロフィール欄に書いておくとよいでしょう。

プロフィール欄にきちんと条件を記載する理由は、「この子と会ってみよう」「この子に連絡してみよう」を思われるようにするためです。

パパはプロフィールからあなたの情報を知ります。

そのためパパがプロフィール欄を見てあなたと「会ってみたい」と思われるようにすることが大切なのです。

パパ活の成功にはプロフィールが不可欠!

出会い系サイトやアプリでパパ活を行う場合、パパ活の成功にはプロフィールが不可欠です。

パパ活はプロフィールで成功するかが決まるといっても過言ではありません。

なぜならプロフィール欄は自分をアピールするための最大の場所だからです。

なのでプロフィール欄はきちんと埋めて自分の条件を書くことが大切です。

魅力的な内容で「会ってみたい」「この子ならパパになってもいいかも」と思われるプロフィールを書くことにより、パパ活の成功が見えてくるのです。

パパ活の条件をメッセージで伝える

プロフィール欄はもちろんですが、パパ活の条件は事前にメッセージでも伝えるようにしましょう。

メッセージで条件を提示する場合の注意点として、最初のメッセージでは条件に触れないようにすることが大切です。

これはパパ活の暗黙のルールといわれています。

まだあまり自分の魅力が伝わっていないうちに早くから条件を提示すると、本当はいいパパの人が逃げてしまう可能性があります。

いきなりお金の話をしてしまうと、がめついと思われることもありますからね。

そのため1通目は当たり障りのないメッセージを送りましょう。

何度かやりとりをする中で条件の話を切り出しましょう。

パパ活の条件を初回の顔合わせで会ってから決める

プロフィール欄やメッセージで事前にやりとりが出来ればもちろんいいのですが、何らかの事情で出来ない場合もあるでしょう。

そのような場合は初回の顔合わせで会ってから決めるということになります。

この場合はきちんと条件を決めておかないと相手に言いくるめられる可能性があるので注意が必要です。

そのため初回顔合わせで条件交渉をする場合は、パパになんと言われようとしっかりと回答が出来るように条件を決めておくことが大切です。

パパ活の条件は自分から?パパから条件を聞かれたときの答え方

パパ活の条件は自分から伝える時とパパから聞かれる時があります。

パパから条件を聞かれる場合、条件によりYES、NOが分かれますよね。

YESでもNOでもきちんと自分の条件をパパに伝えることが大切です。

ですが上手く伝えるということはなかなか難しいものです。

次はそんな時に役立つ、パパから条件を聞かれたときの上手な答え方について紹介していこうと思います。

「条件はありますか?」と聞かれたときの答え方

パパから「条件はありますか?」と聞かれた場合。

この言葉は「希望のお手当の額を聞かれている」と思ってください。

このように聞いてくるパパは「お金を払う気がある」という表れです。

そのためあなたもストレートに希望のお手当の額をお伝えして大丈夫です。

ですがここで注意。

いきなりあまりにも高い金額で提示することはやめましょう。

顔合わせのはじめましての時の交渉は、食事の1回分のお手当の1万円くらいの金額を提示することをおすすめします。

初回の顔合わせと交通費含めて1万円いただけたら嬉しいですなどと答えましょう。

パパ活をする上でもちろん高額なお手当が欲しいですよね。

ですがいきなり5万円で!などと提示しては断られてしまいます。

「条件はありますか?」と聞かれた場合、ストレートに希望のお手当の額をお伝えしていいのですが、最初は高すぎない額を提示することが大切です。

お手当のことはもちろんですがその他の条件は、実際会った時にフィーリングが合うかどうかで決めたいので一度顔合わせだけでもいかがでしょうか?その日は交通費だけいただけたら嬉しいです。と濁すようにしましょう。

その他の条件は自分が決めたのをもとに、実際に会ってみてフィーリングが合うかどうかで決めても大丈夫です。

「どんな人を探してますか?」と聞かれたときの答え方

「どんな人を探していますか?」と聞かれた場合。

このような曖昧な質問はとっても困ってしまいますよね。

ですがこの質問は「希望のお手当の額・希望の関係性」を聞かれているのです。

この質問をしてくるパパは「希望のお手当の額」が知りたいのですが、いきなりお手当の話をするのはよくありません。

そのためこの質問には「希望の関係性」を答えるようにしましょう。

デートや会話を楽しめる人を探していますなどと答え、お手当の話になるようにすすめていきましょう。

「大人(体の関係)はありですか?」と聞かれたときの答え方

大人の関係はありですかと聞かれた場合。

あなたが体の関係がありな場合はもちろんOKですが、いきなり体の関係を許してしまうと軽い女として見られたりやり逃げされる可能性があります。

そのためOKでもまずは食事からいかがですかと切り出しましょう。

NOの場合はパパを怒らせないように丁寧に断ることが大切です。

パパを怒らせた場合、トラブルにもなるかねませんのできちんと丁寧に断るようにしましょう。

よい例として「私、〇〇さんとは長く自然に付き合っていきたいです」ということを迫真の演技で伝えると効果があります。

【例文あり】パパ活の条件の伝え方!ペイターズでのやりとりを公開

パパから条件を聞かれた場合の答え方をお伝えしました。

でも実際どんな感じでやりとりが行われているのだろうと気になりますよね。

次はパパ活アプリとしても有名なペイターズでのパパ活の条件の伝え方のやりとりを公開したいと思います。

リアルなやりとりがあればパパ活の条件交渉もイメージしやすくなると思いますのでお読みいただければと思います。

 

私:はじめまして。〇〇と申します。よろしくお願いします。食べ歩き、私も趣味なので仲良くなったらぜひご一緒させてください。どのような出会いをお探しですか?いろいろとお話出来たら嬉しいです。

パパ:メッセージありがとう。よろしくお願いしますね。銀座のおすすめの寿司屋を紹介しますよ。私は長期で出会える女性を探しています。月に2回定期的に食事に行く関係で2万円を希望しています。〇〇さんの条件に合いますか?

私:はい。私も長期で定期的にお食事に行ける関係の方との出会いを探しておりました。月に2回定期的にお食事に行く関係で3万円いただけたら嬉しいのですがいかがでしょうか。

パパ:月3万円かぁ~

私:私の希望は月3万円もらえたら嬉しいのですが、一度顔合わせでお会いさせていただければとも思うのですがいかがでしょうか。顔合わせの時は交通費込みで5000円をいただければ嬉しいです。

パパ:そうだね、それから決めてもいいね。

私:ありがとうございます。ぜひよろしくお願いします。

 

ペイターズでのやりとりです。

パパ活をする人は年齢も年が上の人です。

なのでお金のことはある程度きちんとしておきたい人が多いでしょう。

パパが条件を聞いてきた場合は自分の条件をきちんと伝える必要があります。

条件提示をする際には、お話出来たら嬉しいですという流れで話をすすめていきましょう。

パパ活で条件交渉がうまくいくための2つのコツ

パパ活の条件交渉にはうまくいくコツがあります。

そのコツとはパパになぜお金が必要なのかを話すというもの。

なぜお金が必要なのかをきちんと話すことであなたがパパ活をしている理由をパパに分かってもらうのです。

あなたがパパ活をしている理由が分かれば、パパもパパ活をしているあなたを応援したくなるでしょう。

そうすることで条件交渉がうまくいくのです。

お金が必要な理由をパパに話す

条件交渉をうまく行うためにはお金が必要な理由をパパに話すこと。

その理由はなんでもいいわけではありません。

お金が欲しいからというだけの理由ではパパを幻滅させてしまうことになります。

お金が必要な理由をうまくパパに伝える事が出来れば、お手当の金額がアップ出来るチャンスにもつながるのです。

次にお金が必要な理由を聞かれた場合にパパに好印象を与える回答のご紹介をします。

〇理由①「夢のためにお金が必要」

パパになぜお金が必要かを聞かれた場合、この返答が一番好印象を与えることが出来ます。

夢のために頑張ってお金を貯めていることをアピールしましょう。

ひたむきに頑張っている印象を与えられればパパも納得してくれます。

しかしここで注意点。

ただ「夢がある」だけではあまり良い感じはしませんよね?

そのため「夢」を具体的に説明出来るようにしておきましょう。

どんなプランがありこれからどうなっていきたいのかをパパに説明出来るようにしておくことが大切です。

〇理由②「自分磨きのため」

自分磨きのためにパパ活をしているという回答も好印象を与えられます。

「自分磨きをしたいけれど、今の仕事では生活が大変」

「今のバイト代だけでは学費を払うだけで終わってしまうので自分磨きのお金が欲しい」などと伝えましょう。

自分磨きを頑張っている女性は魅力的です。

ファッション・コスメ・美容室・女性のオシャレは永遠のテーマといえるでしょう。

そのため自分磨きを頑張っていることを伝えることでパパに好印象を与えることが出来ます。

自分磨きを理由とする場合は「あなたのために綺麗になりたい」と伝えるのも良い方法です。

パパ活の条件が合わないときの断り方【例文あり】

パパと条件交渉をしたけれど条件が合わなかった場合。

その場合はきちんと丁寧にはっきり断るようにしましょう。

下手に相手を攻撃して波風立てないように断ることが大切です。

話を聞いてくれたお礼はきちんとして、申し訳ないのですが…という前提で断りをいれましょう。

そうすることでパパも穏やかに諦めてくれるでしょう。

パパ活の条件が合わなかった時の断り方の例文を紹介したいと思います。

はじめてのメッセージで初回顔合わせの条件交渉をした時のものです。

 

私:はじめまして、メッセージ送らせていただきました。よろしくお願いします。

パパ:はじめまして。メッセージありがとう。こちらこそよろしくね。

私:ありがとうございます。

パパ:条件はありますか?

私:初回顔合わせで1万円を希望しております。

パパ:ちょっと厳しいです。

私:承知いたしました。条件が少し合わないようなので、申し訳ないのですが今回は辞退させていただきます。お時間いただきありがとうございました。

パパ:分かりました。

 

このように条件が合わない場合は、パパに穏やかに諦めてもらうよう丁寧に伝える必要があります。

初心者は必見!パパ活の条件を決めるときの注意点

パパ活は金銭も絡むため初心者は安い金額で条件を飲んでしまったり、下手をしたら騙されてしまう場合もあります。

そうならないためにパパ活の条件を決める時の注意点を紹介します。

条件をゆるく設定しすぎない

パパ活で条件を決める際はゆるく設定しすぎないこと。

条件をゆるく設定をすると、「この子ならもっと安くいけるのかも」と思われたり騙されてしまう対象になります。

そのためパパ活の平均相場くらいの条件を提示するようにしましょう。

自分の条件をゆるく設定しすぎないことは自分を守るためでもあるのです。

最初は現金手渡しにしておく

パパ活の条件交渉ではお手当をどのようにもらうのか聞かれる時もあります。

現金か銀行振り込みか。

このような質問があった場合、最初は現金手渡しにしておくことをおすすめします。

銀行振り込みの場合はまだあまり知らない人に銀行口座を教えることや、きちんと振り込まれるかなどの不安もあります。

ずるいパパの場合は振り込みをしないで逃げられてしまうこともあります。

そのため銀行振り込みにしたい場合はきちんとパパと信頼関係を築いてからにしましょう。

まだ信頼関係がきちんと築けていないパパの場合は最初は現金手渡しにしておくことです。

パパに逃げられないためにも大切なことです。

大人(体の関係)ありならパパが既婚者か把握しておく

大人の関係ありの場合のパパは既婚者なのかを把握しておく必要があります。

既婚者の場合、相手の奥様にバレた場合に慰謝料を請求される可能性があることを覚えておきましょう。

安全にパパ活をするためには既婚者のパパはなるべく避けた方が良いです。

相手が既婚者で大人の関係を求められた場合はそれなりの覚悟が必要になります。

もしどうしても既婚者のパパと体の関係のパパ活をしたいのならば、パパとなる男性側に奥様にバレないように注意してもらうようにしましょう。

もし体の関係が奥様にバレた場合など、どうするのかもパパと相談をしておく必要があります。

パパ活の条件をうまく交渉して効率的に稼ごう

パパ活はうまく条件交渉を行えば高価なお手当をもらうことも可能です。

高価なお手当をもらうには、パパ活の「必要事項」ともいえる条件をきちんと決めること。

この条件をきちんと決めパパと条件交渉を行うことが大切です。

条件交渉もパパにうまく伝わらず大変な時もあるかもしれませんが、コツさえ理解すれば上手に交渉を行うことが出来ます。

パパ活を成功させている女性は条件の決め方や交渉がとても上手いのです。

私もはじめは条件交渉がうまくいかずに悩んでいた時期がありました。

ですがコツを掴んだら上手に条件交渉が出来るようになりました。

今回執筆した内容は私が悩んだ挙句に導きだした方法です。

ここで紹介したパパ活の条件交渉の方法をうまく参考にして、自分が希望している条件でのパパ活ライフを過ごしてくださいね。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ