パパ活の体験談をパターン別で紹介。体験談からわかる注意点も解説

boy-menber-03

パパ活とは、パパと呼ばれるパトロンを得て女性が自分の学生生活や、将来の夢のための資金などをサポートしてもらう活動。

女性側は金銭的な援助を得ることで、自分の夢や憧れのセレブ生活を手に入れることができます。

一方で男性側は、好みの女性や、綺麗で若い女性と過ごす時間を得ることができます。

恋愛関係とは違い、ビジネスな契約関係のため、愛人関係で発生する多くのトラブルを回避できるメリットがあります。

今日はそんなパパ活の、男性側、女性側の体験談をご紹介いたします。

パパ活の種類は様々

パパ活と一口で言っても種類は多くあり、自分の目的や生活スタイルに応じて好きな活動をすることができます。

お食事パパ活

お食事だけのパパ活、パパと女の子が一緒にランチやディナーを楽しむだけの関係です。

出張パパ活

出張で地方にくるパパと地方のパパ活女子が、その都度一緒に過ごす単発のパパ活。

大人の関係のパパ活

恋人のように大人の関係まで込みのパパ活。

月極パパ活

特定のパパと女の子が毎月契約を交わし、固定でデートをする関係に。

より関係性が深くなり、愛人のようなかかわり合いをします。

パパ活の体験談も人それぞれ

パパ活は上で説明したように、様々なスタイルがあります。

年齢や、学生、その時の状況などによって自分でどのようなパパ活をするかは自由。

それぞれのスタイルのパパ活体験談を参考にして、貴方にとって一番楽しめるスタイルでパパ活を始めてください。

パターン別の体験談を紹介(女性編)

女性側のパパ活体験談をご紹介。

貴女が目指すパパ活スタイルを参考にしてみましょう!

出会い系アプリを使った30代OLのパパ活体験談

パパ活種類 単発パパ活
パパの年齢 40代
お手当

お食事 5000円

大人の関係 15000円

パパの職業 サラリーマン
パパ活スタイル

お食事デート中心

私のパパ活は、出会い系サイトのアプリを使っての単発パパ活。

毎月2人から3人くらいのパパと会って“月の稼ぎは5万程度ですね”。

日中は普通にOLしてるので、お給料プラスアルファ5万円はかなり生活に余裕を持たせてくれます。

大阪で活動しているので、東京からの出張パパや、地元のパパなど手広くやってます。

出会うのは普通のサラリーマンが多いけど、40代50代のおじさまが中心。

仕事終わりの夜のデートと、休日の土日を使ってます。

出会い系サイトの場合は、パパ活というものがわかってない人もいるので、結構大変。

最初からパパ活について説明が必要な場合もあるからちょっと面倒かも。

実際“パパと出会うまでかなり根気がいると思う”。

だから最初から、パパ活を理解してるメッセージ以外、なるべく相手にしないようにしてます。

デートの前に事前にお手当についての交渉をして、納得してくれた人とだけデートで実際にあうように徹底するのがコツかな。

お手当交渉をメールでしてる段階で、高すぎると値切って来る相手はバッサリ切ります。

しっかり交渉するので、お手当を支払わずに逃げるような人とは今まで出会ったことはないかも。

踏み倒しをしそうなタイプは、メールの段階で大金を提示してきたりビックマウスのタイプ。

その手の人はメールのやり取りの段階から“話がうますぎる”ので私は避けています。

身体の関係ありの20代大学生のパパ活体験談

パパ活種類 単発パパ活&月極パパ
パパの年齢 30代後半~40代
お手当

お食事 5000円

大人の関係 20000円

月極 15万円

パパの職業 経営者・医療関係者
パパ活スタイル

大人の関係の月極

私は大学生というブランドがあるうちに自分を高く売って稼ぎまくりたいと思ってます。

パパ活は割り切りが必要だから、私は大人の関係もOKで活動してます。

ぶっちゃけ“大人の関係なしだと、たいして稼げないと思う”。

私は奨学金を早く返したいので、目標金額を決めて、期限をさだめて大学生の間だけパパ活すると決めてます。

最初からパパ活専門サイトと、交際クラブに入会して太パパだけを相手にして活動してます。

はじめは、単発パパとのデートが多かったけど、女子大ブランドと、若さと、外見を磨いてそれを武器にして月極パパをゲット。

毎月のデートは3回くらい。

毎回ディナー&ホテルのコースだけど、変な性癖もないパパだから、エッチもそんなに負担じゃない。

それに単発パパみたいに毎回毎回別の人とエッチするわけじゃないからリスクも少ないと思う。

“パパ活するなら月極で固定パパを持ったほうが低リスクだと思う。”

性病とかの心配もないし、パパの人となりも分かるから深い付き合いができるよ。

太パパを捕まえる方法は、やっぱりインターネットよりも交際クラブとかかな。

最初から“お金を支払って女の子と遊ぶ男性が集まる場所”に行く方法が手っ取り早いと思う。

月極パパを二人掛け持ちしてるので“毎月の稼ぎは、30万ほど”

月極パパさえゲットできればアルバイトするのがバカらしくなります。

30代子持ち主婦のパパ活体験談

パパ活種類 単発パパ活
パパの年齢 40代~50代
お手当

お食事 5000円

パパの職業 サラリーマン・飲食経営
パパ活スタイル

単発パパ、お食事のみ

結婚して子供がいるので、昼のランチタイムなどに単発のパパ活をしてます。

お昼ご飯を一緒に食べるお食事のみのパパ活なので、”月に1万~2万くらいのお小遣い稼ぎ程度”

“それでも毎月美味しいご飯をいただいてお手当頂けるので普通のバイトよりも楽しいですね。”

出会い系サイトやパパ活専門のサイトに登録して活動をしてるので、暇な時間やスキマ時間でパパ探しをしてます。

あんまりガツガツ稼ぎたいわけじゃなければ、ゆるく活動できるので良い息抜きになってます。

たまに夜のお誘いがありますが、子供がいる主婦ということをパパに伝えているので、そこを理解してくれる人とだけデートしてます。

お手当もさほど高額の設定にはしてないので、パパ側も“一人だとさみしい”という人や“誰かとご飯を共にしたい”という方が多いかな。

パパのニーズに合うよう気を使うのがコツですね。

女性のパパ活での注意点

パパ活を始めるまえに、女性ならではの危険を回避するための注意についてご紹介いたします。

やはりパパ活も100%安全とは言えません。

必ず自衛のための手段については知識を得ておきましょう!

あまり自分のことを明かさない

パパ活ではあまりプライベートのことをパパにあれこれ教えないことをオススメしています。

その理由は、万が一トラブルになった場合、“パパがストーカーになるというような危険性があるから。”

お金が絡む関係性のため女性側はビジネスのつもりでも、パパ側が恋愛感情を持ってしまうというケースが実は多いのです。

パパ活ではパパに付け回される、ストーカーされるというような被害もあるので、万が一を想定して行動してください。

自分の住んでいる場所、通っている大学、実家の話、一人暮らしをしているかどうかというような個人情報は取扱に気をつけて。

自分のことをペラペラ喋らないように注意しましょう。

用心深い女の子は、パパに本名ではなく、パパ活用に使っている源氏名で活動しています。

主婦の場合は不倫であることに注意する

既婚者の女性がパパ活をする場合、それはどんなにパパ活という表現でくるんでも“実際の行動は不倫”になってしまいます。

これはパパ活だから不倫じゃないというような言い訳は法律的には効きません。

旦那様が不倫を疑い、トラブルになるというケースももちろん考えられます。

パパ活という表現ではありますが、不倫であるという自覚をもって慎重に行動をしてください。

パターン別の体験談を紹介(男性編)

パパ活をしたいと考えている男性のために、すでにパパ活で楽しんでいる男性側の体験談をご紹介。

年収1000万円超50代男性のパパ活体験談

僕の場合、仕事で忙しくてなかなか女性とお付き合いすることもなく、この年になっちゃいました。

婚活をしても30代とか40代の女性を紹介されちゃうんだよね。

それに、お金目当ての女性が多く、どうせお金を使うならもうちょっと気楽に遊べる若くて綺麗な子がいいなと思ってパパ活を始めた。

パパ活用の出会い系サイトに登録して、気になる若い子をちょくちょくつまみ食いするくらいが気楽でいいね。

“普通の恋愛だと、50過ぎたオジサンと20代の女子大生なんてデートもできないけど、パパ活ならそれも可能。”

月、数万程度の投資で、若い女の子とご飯たべたり、デートしたり、エッチしたり、青春を取り戻したような遊び方ができる。

“玄人とか風俗嬢とエッチするんじゃない、若い素人の女子大生と遊べるんだから虚しさもないね。”

今の若い子は本当にお金がない子が多いから、ちょっとしたプレゼントでも喜んでくれる。

バブルを体験してる自分からすると、かなりリーズナブルに女の子と遊べるのがパパ活だと思う。

キャバクラ等に飽きた40代男性のパパ活体験談

キャバクラって結局お金を使っても女の子と付き合えるわけじゃないし、やっぱり玄人の水商売の人って独特だよね。

営業だと思うと気分も萎えちゃうから、もっと素人の素朴な若くて綺麗な子と遊びたいんだよね。

そういうキャバクラに飽きえたオジサン的には、パパ活はかなり楽しい。

若い子なんてちょっと良いお店連れて行って、プレゼントあげるだけで喜んでくれる。

“キャバ嬢に使ってたお金より少ない金額でも遊べるからコスパもいいよね。”

月極で気に入った女子大生の女の子と10万で契約してるけど、エッチし放題、デートし放題で優越感もすごい。

モデルみたいな若くて綺麗な子とデートできるし、パパ活はある程度余裕のある40代からの遊び方としておすすめ。

“キャバ嬢みたいにスレてない女子大生だから、いちいち反応が可愛いし”一緒に居て楽しい。

もちろん玄人並みのサービスはないけど、逆にそれがいいわけよオジサンには。

それに月極だと、女の子との関係もかなり深くなるので、”普通の恋愛関係みたいな気心のしれた遊び方ができる”よ。

自分が若返った気分で女の子とデートできる。

単発だと、毎回女の子に慣れてもらうまで面倒だから、月極でパパ活するほうが楽しいかな。

もちろん毎回違う女の子とセックスしたいというタイプは単発パパ活のほうが向いてるかも。

俺の場合は、じっくり関係性を深めたいし、いちいち初対面相手の女の子に気を使いたくないから気に入った子と月極契約してる。

まぁ、愛人とパパ活何が違うのって言われるとちょっと微妙なとこあるけど。

パパ活は最初からサポート費用の交渉をしてから付き合うから、ビジネスライクで気楽だよね。

男性のパパ活での注意点

パパ活を始める前に、パパ側が知っておきたい注意についてレクチャーします。

楽しくパパ活をするなら、トラブルに巻き込まれないような知識が必要です。

女性の言うことを全ては聞かない

こちらはテクニックの一つですが、パパ活をする上で重要なのは“パパである貴方はサービスを受けるお客さんである”ということ。

女の子に奉仕する立場ではありません。

そのため、女の子のわがままやオネダリをすべて聞く必要はありません。

たまに、“若すぎる女の子とデートすることで女の子に気後れしてしまい、女の子の言うことを全部聞いてしまうパパがいます。”

オネダリを聞きすぎてなんでも言うことをしてくれるパパは女の子から舐められ、ぞんざいな扱いになることも。

お金を支払っているのはパパ側なのに、女の子に奉仕するような立場に陥らないためにも女の子の言うことは全て聞く必要はありません。

サクラの存在に注意する

残念なことに、出会い系サイトを利用したパパ活の場合サクラの存在を忘れてはいけません。

特にセックスなどの大人の関係について匂わせて来るパパ活女子はサクラの可能性が非常に高いです。

簡単にデートの誘いに応じたり、女の子のほうからエッチな誘いをしてきても飛びつかないようにご注意を。

サクラに引っかかってしまうと、デートもできず、女の子に実際に会うこともできないのにお金を巻き上げられるトラブルも。

出会い系サイトを活用してパパ活をする場合はサクラに注意してください。

まとめ

パパ活はお金を稼ぎたい女性と、女性をサポートすることでデートを楽しみたい男性にとって理想的な出会い。

パパ活でお小遣いを稼ぎたい若い女性。

パパ活で若い女の子と遊びたいオジサン。

双方がうまくマッチングすることで、お互いにWin-Winな関係を築けます。

これから皆さんも素敵なパパ活ライフを過ごしてください。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ