【冬デート】今すぐ行きたい!美術館デートのススメ!【都内】

Boy.公式
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

美術館で知識と感性を磨こう!

寒さが厳しくなってきましたね…

冬のデートには室内で楽しめる美術館がオススメ!

今行きたい美術館をピックアップしてみました♪

 ルーヴル美術館展  日常を描く-風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄-

出典元 rtrp.jp

あのルーヴル美術館から風俗画がやってきた!

都内の美術館の画像

出典元 tlt.co.jp

滅多に見られない貴重な作品を味わおう!

こんな作品が見られる!

出典元 wikipedia.org

併設のカフェでは限定メニューも販売。

特別なドリンクで「今だけ」なひと時を♪

国立新美術館の画像

出典元 kureishi-o.co.jp

この国立新美術館。故黒川紀章、最後の傑作。

美術館そのものも作品であり見どころ◎

<概要>

会場:国立新美術館(東京・六本木)

時間:10時〜18時(金曜日は20時まで)

料金:一般 1,600円/大学生 1,200円

分類:西洋絵画

ガブリエル・オロスコ展−内なる複数のサイクル-

ありふれた「モノ」「コト」に新しい形・意義を与える。

そんな現代美術を学ぼう!

ガブリエル・オロスコ(1962〜、メキシコ)

国内美術館で初となる個展。

こんな作品が見られる!

「La DS」

「私の手は私の心臓」

バラエティに富んだ作品の数々が楽しい!

実際にこの卓球台で遊べちゃう!

何を賭けて勝負する?

<概要>

期間:1月24日(土)〜5月10日(日) 月曜休館

会場:東京都現代美術館(東京都・江東区)

時間:10時〜18時(金曜日は20時まで)

料金:一般 1,100円/大学生 800円

分類:現代

新印象派−光と色のドラマ

「色彩そのものが持つ表現力」を描き出す。

新印象派の作品をチェックしよう!

こんな作品が見られる!

「髪を結う女」 (ポール・シニャック)

「セーヌ川、クールブヴォワ」(ジョルジュ・スーラ)

点描の世界に酔いしれて♪

オリジナルグッズがとってもおしゃれ!

お土産にも◎

いつものデートに美術館をプラスして

いかがでしたか?

学びながら、楽しみながら、

ステキな時間を共有しましょう♪

この記事を書いた人

Boy.の公式アカウント

記事一覧

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ