【マンネリ化してない?】高円寺を満喫する1日デートプラン

Ivy

デートスポット、マンネリ化してない?

デートスポット、マンネリ化してない?

表参道、自由が丘、吉祥寺、下北沢…デートにぴったりな、おしゃれでかわいいお店が揃う街は沢山あるけれど、休日ともなればどこも混んでてお店は行列だらけ。穴場のお店ももう穴場じゃない!

それに、定番のデートスポットには一通り行って、すこし飽きちゃったり。そんなあなたに、ファッションも食もカルチャーも思いきり楽しめて、土日でも混まない東京の穴場エリア、高円寺でのデートはいかがでしょう?

今回のデートプラン

12:00 高円寺駅南口集合
12:15 おしゃれなランチを食べてスタート
13:00 腹ごなしがてら古着屋巡り @ルック商店街
ユニセックス
メンズ
レディース
オマケ 高円寺らしい!? 個性的すぎる専門店&雑貨屋さん
15:00 そろそろおやつ? ホッと一息
16:00 見足りな!? 古着屋巡り後編 @公園エリア
18:30 晩ご飯
19:00 サブカルシティ、高円寺でナマで聴く音
21:00 まだ帰りたくない!楽しく一杯

12:00 高円寺駅南口集合

JR高円寺駅は中央線で新宿から6分!
都心からのアクセスは抜群。また、人気のエリア吉祥寺からも9分なので、吉祥寺のお出かけのついでにもおすすめ。
高円寺駅で古着屋やライブハウスが集まるのは南口。まずは南口に集合してデートスタート。

12:15 おしゃれなランチを食べてスタート!

『バーン・イサーン』

本格的なエスニック料理をお腹いっぱい、それもワンコイン前後で食べれちゃう? そんなお得なランチは、商店街の入口にあるタイ料理店、『バーン・イサーン』で。

ランチメニューの種類も多く、カレーからフォー、定番のガパオライスやカオマンガイ、日替わりのワンコインメニューまで種類も豊富! 本場タイのシェフが作る料理の味はもちろん、どこかタイの屋台で食べているような独特な雰囲気も非日常的で楽しい。

駅前から徒歩3分の好アクセスともあっておすすめです。

『cafe gallery mo mo mo』

古着屋が並ぶエリアにある、おしゃれなカフェ、『mo mo mo』。目印は入口にあるかわいらしい自転車と木の看板。狭い階段を上がると、まるで友だちの部屋に遊びに来たようなまったりとした雰囲気の隠れ家カフェがあります。

おすすめは窓辺の座敷席。明るいひなたの窓辺に座ってのんびりしているだけで、なんだか居心地がいいんです。

定期的に展示が入れかわるギャラリー併設ともあって、作品を見ながらおしゃべりのネタにもなる。アート&カルチャー好きな彼女さんにもおすすめです。

『ラザニ屋』

珍しいラザニアの専門店。「並ばない街」高円寺でも並ぶ、地元の方にも愛される超人気店です!
1日の数量が決まっていて、売り切れ次第営業終了という営業スタイル。高円寺屈指の人気店ともあって、毎日あっという間に売り切れてしまいます。

確実に食べるなら、早めの時間でのランチがおすすめ!入口のガラスケースの中には、さまざまな具材や味つけで趣向が凝らされた「本日のラザニア」が数種類並び、どのラザニアにしようか迷ってしまいます。

少しノスタルジーな喫茶店のような店内で、見目にも可愛らしいラザニア。ナイフを入れたら香ばしい香りととろけ出すこだわりのチーズ。ぜひご賞味いただきたい絶品ラザニアです。彼女さんもきっと笑顔になるお店。ぜひ行ってみてくださいね。

13:00〜 腹ごなしがてら古着屋巡り @ルック商店街

駅前を出てすぐある一見なんの変哲もないルック商店街は、実は都内屈指の古着屋密集地帯! ランチでお腹も満たされたら探索してみよう!

『Albatross』

流行りのスポーツミックススタイルが楽しめるお店。『NIKE』や『adidas』、『Champion』などの定番スポーツブランドに、ワーク系やスケーター系アイテムも豊富で、ストリートライクなスポーツミックスが揃います。

メンズでもレディースでも着られるアイテムが多いので、カップルで楽しむのにぴったり。そしてなにより驚くべきはその価格。Tシャツは1枚¥1,000〜、シャツは¥2,000〜、アウターも¥3,000代からとかなりリーズナブル。お財布にも優しい良店です。

『Slut』

ルック商店街の外れにある、大きなアメリカ国旗が目印のお店。実は先ほど紹介したアルバトロスの姉妹店。スポーツミックス、ストリートなアルバトロスとはすこし系統が変わり、こちらはワークテイスト強めな古き良きアメカジがメインの品揃え。

カバーオールやミリタリーアイテム、カレッジスウェットなど、定番中の定番が揃う、古着の初心者にもおすすめなお店です。メンズ、レディース、キッズまで扱いがあり、広々として整然とした店内は入りやすく、気軽にふらっと立ち寄れる雰囲気も魅力。

値段も姉妹店のアルバトロスに負けず劣らずリーズナブルです。

『Rugged』

ポップな壁面イラストが目印の古着屋兼セレクトショップ。商店街の一本裏にあります。90年代ヒップホップをベースにした、オールドスクールなストリートスタイルを中心にした品揃え。

服はもちろんスニーカーやキャップも豊富で、ストリートスタイルが好きな方は必見です。また、『ラルフローレン』のデッドストックや独自輸入品もあるのでラルフファンにも是非。

『Cord』

商店街の路地裏。かなり年季の入った雑居ビルの2階の一室。高円寺でも屈指の入りづらさを誇る古着屋です(笑)。でも勇気を出して入ってみると、服好きにはたまらない空間が広がります。

オーナーさんの審美眼で選び抜かれたこだわりのセレクトは、シンプルながらも雰囲気のある、他ではなかなか見ない服ばかり。ワイドパンツや開襟シャツ、柄シャツなど、ゆるめなのにシルエットが美しく、上品にまとまる服が多いのが特徴です。

メンズレディースを気にせずに楽しめる服が多く、おしゃれなカップルが古着屋デートで訪れているのもよく目にします。フレンドリーな店員さんも、質や状態の割にリーズナブルな価格設定も含め、実は古着初心者にもおすすめなお店です。

一度訪れればあなたも通いたくなるはず!

『光』

メルヘンチックな世界観が乙女心をくすぐる、かわいいお店。服だけでなく、かわいい雑貨類(アクセサリーやぬいぐるみ)も豊富です。甘めな世界観が好きな彼女さんにぜひ。

『Kiki』

ルック商店街を歩いて行くとある、2店舗展開のお店。どちらもルック商店街にあります。まるで海外ドラマの女の子の部屋のような、カラフルでポップな色彩が目を惹く外観が目印。外観そのままに、扱う服もカラフルでかわいらしいアメリカンスタイル。

原宿系のファッションとも好相性で、カジュアル派の彼女さんにぜひ!

『NOTE』

ルック商店街を曲がりエトワール通りを進んだ途中、建物の隙間にある狭いスペースを入るとある扉から入る、3人もお客さんが入れば超満員の小さな古着屋さん。

ストリートやアメカジ、ロックテイストが強い高円寺では珍しい、モードやデザイナー古着をメインに扱うお店です。狭い室内にもメンズレディース共に扱っており、『KENZO』や『comme des garcons』、『Y-3』などもたびたび置かれていて値段もリーズナブル。

品数は少ない服好きなら必ず欲しいものが見つかるセレクトセンスには脱帽です。

高円寺らしい!? 個性的すぎる雑貨屋さん&専門店

『えほんやるすばんするかいしゃ』

絵本専門の古本屋さん。日本語の絵本のみならず、アメリカ、ヨーロッパ、ロシアまで、世界の厳選された絵本が並びます。洋書ってなかなかハードル高いけど、絵本なら誰でも気軽に海外の作品に手が出せるのが面白いところ。

秘密基地のような空間で、童心に帰って絵本をめくってみては?

『Dealer Ship』

ルック商店街にある、アメリカン雑貨専門店。なかでもメインに取り扱っているのはビンテージのマグカップ。Fire Kingのレアなコラボものやアメリカのお土産マグカップ(フロリダディズニーワールド限定品など)のマニアにはたまらないレアものも多数。

可愛いマグカップを彼女さんへのプレゼントにいかが?

『2000 Collectable Toys』

もう前を通りがかっただけで目がチカチカする、そんなお店です(笑)。60〜90年代のビンテージのアメリカントイをメインにした雑貨屋さん。アメコミグッズもいっぱいあって、かわいいキーホルダーをお揃いで買ってみるのもあり!

『Cotobuki』

さまざまな個性的でおしゃれな専門店があふれる街、東京。そんなカオスな街でもこんな店、高円寺にしかありません(笑)。古着やバッグ、オリジナルの服も置いてますが、このお店のメインは輸入洗剤、デオントラント!

服や雑貨も置いてある、洗剤のセレクトショップです。その珍し過ぎるお店には、散歩がてら立ち寄る人も。ファッションが好きなら洗濯にも気を使わないと! ぜひ立ち寄ってみてください。

15:00 そろそろおやつ? ホッと一息

『steka & mjol』

おもわずかわいい!と言ってしまいそうなくらいかわいらしい看板のお菓子屋さん。
こちらでメインに扱うのは、まるで絵本の中から飛び出してきたようなカラフルで愛らしいクッキーたち。

非常においしいクッキーですが、食べるのがもったいなくなってしまいますね(笑)。たまにはこんなメルヘンなお菓子を手にとって、お茶してみては? クッキーだからお土産や彼女さんへのささやかなプレゼントにも最適。

『Coffee Cone Tokyo』

アメリカで話題沸騰中の新感覚インスタフードが日本上陸!
その名も「コーヒーコーン」。アイスクリームを入れるワッフルコーンにコーヒーを注いだスイーツともコーヒーともつかないまったく新しい食べ物(?)です。

かわいらしいラテアートにはオーナーさんのメッセージがこめられているとか!
サクサクのワッフルコーンがコーヒーを吸って少しずつしっとりした食感になるのも楽しめる逸品。甘いのが苦手な方のおやつにも。

16:00〜 見足りない? 古着屋巡り @公園エリア

南口に戻って、商店街とは逆のエリア、高円寺中央公園側で古着屋巡り。商店街と同じくらい色々なお店がありますよ!

『古着商大虎』

恐らく駅から最も近い古着屋さん。このお店の魅力は、とにかく安い!
高円寺は原宿や吉祥寺、下北などの他のエリアに比べ値段が全体として安めなのが特徴ですが、そのなかでも安さだけなら他の追随を許しません。

値段が3桁の服も多数あり、『Calvin Klein』や『A.P.C.』、『Paul Smith』などのブランド品もたびたび掘りだされます。また、ストリートブランド、スポーツブランドは常時扱っており、なんでもありのゴチャゴチャ感が宝探しみたいで楽しい!

女の子のお客さんばかりですが、メンズも着れる服を置いていますからご安心を。

『Greenlight』

ストリート好きよ集まれ!
古着屋でも珍しい、スニーカー特化型のお店。『VANS』や『Converse』、『NIKE』、『adidas』まで、壁にはスニーカーがズラり。スニーカーファンならサイズを我慢しても買いたいようなレアものがあることも!

ハンガーラックには、スニーカーに合わせたいスポーツブランドやスケーターブランドのTシャツが多数。欲しいモノがいつ入荷するか、いつ欲しいモノが見つかるかわからない、ドキドキ感が堪らない。

『Whisler』

入口に並ぶ圧巻のビンテージレザーシューズ。これだけ革靴を扱うお店もなかなか見ないというほどの品揃え。服のラインナップも豊富で、ネルシャツやバンダナ、ネクタイ、スウェットなど、質の良い定番ビンテージ。

アメリカントラッドなスタイルにチャレンジしてみたい方にはまず訪れてほしいお店。

『Re’all』

店の外に大々的に広げて行われているセールはまるでバザーのよう。アイテム数がとにかくはんぱではないです。スポーツアイテムやバンドT、『ラルフローレン』のデッドストックまで、守備範囲も広い。

なかでもラルフローレンは既に終了したブランド『Rugby』や、なかなか手に入らないラルフローレンのテディベアも扱っています。商品も多いので、値段もピンキリです。ぜひ手に取って、お気に入りの一着、見つけてください。

18:30 遊んで歩いてお腹すいた? 高円寺の晩ごはん!

高円寺駅に戻り、北口に出てみましょう。広がる商店街には、個性的な飲食店がいっぱいです。

『孫ちゃん』

本場で食べるような、本格派の焼き小籠包&刀削麺をリーズナブルに。本場上海の方が経営するお店で、味は保証付き!
外はカリッと中からジュワッと肉汁があふれる焼小籠包はとにかく絶品。

すべてのメニューに小籠包がセットでつけられ、小籠包食べ飲み放題プランもあるので、お金をかけずに満足感を味わいたいならぜひ。

『Curry Bal くじら』

北口を出た市場のような独特な雰囲気の飲食店街にあるバー。こちらはマスターこだわりのカレーを食べながら、お酒を楽しむことをコンセプトにしたお店なんです。つけ合わせや前菜もお酒に合うように工夫が凝らされています。

カレーのボリュームは少なめなので、お腹はそれほどすいてないけど、せっかくだからなにかおいしいモノでも食べたいな、ってときにおすすめです。

『Baby King Kitchen』

意外にメルヘンでかわいいお店が多い街、高円寺。晩御飯もそんなかわいいお店でシメてみては?
こちらは大人も子どももお子様ランチが食べられるお店。

お子様ランチって色んな料理が一皿に乗っていて、見ているだけでなんだか夢が膨らみますよね?
料理も本格的で、夜はお酒も出しているので、しっかりと大人が楽しめるお店です。

19:00 サブカルシティ高円寺でナマで聴く音

高円寺で忘れてはいけないのが、ライブハウス。数々の有名バンドを送り出してきた街とあって、レベルも高く、店も多い!
夜の高円寺で、音楽を聴かずに帰るなんて、もったいない!

『HIGH』

人気バンド『Keytalk』の小野さんが店員としてバイトをしていたライブハウス。Keytalkのみならず、国内外の人気バンドがステージに立っている有名店です。過去にはアメリカの超人気バンド、『All Time Low』がスペシャルライブを行ったことも。

バンドのみならずアイドルのライブも行われていたり、オールジャンル対応でラインナップを見るだけで楽しい。月に一度、シューゲイザー系のバンドを集めて行う”Total Feedback”なるイベントでは、フードの屋台も出てまるでフェスのような雰囲気を味わえます。

『ペンギンハウス」』

30年以上の歴史を誇る、老舗ライブハウス。フード&ドリンク持ち込みOKのゆるーい雰囲気がたまりません。チャージも¥1,800とお手頃。

『HIGH』は好きなアーティストがでるときにチケットを買って行くっていう感じだけれど、街歩きの途中にふらりと立ち寄って音楽を味わう、そんな楽しみ方もありだなって思えるお店です。

『UFO』

個性あふれる出演陣と濃厚な雰囲気。まさにサブカルの街、高円寺にふさわしいライブハウスです。高円寺らしさ。その定義は人によって曖昧ですが、この店ほどそれをわかりやすく体現している場所も珍しいかと。

今はなき伝説のライブハウス、『20000V』の空気を残す、高円寺を代表する名店です。

21:00 まだ帰りたくない! 楽しく一杯

買い物、カフェ巡り、ごはん、ライブ…高円寺を1日満喫したけど、まだまだ帰りたくない!
そんなときはお酒でも飲みながら、今日1日のことや次のデートの話に花を咲かせてみては?

『acca』

カップルでの夜のお酒といえば、やっぱり鉄板はおしゃれなバーですよね。でもバーって、座るだけでお金を取られたり、学生にはなかなかハードルが高いもの。そんなときにはこちらのお店。

グラスワインが豊富なことで人気のおしゃれなワインバル。¥3,000〜¥4,000程度のリーズナブルなお値段で充分に楽しめます。野菜料理の評判も良く、ライブではしゃぎすぎて小腹が空いたらヘルシーにおしゃれに夜食はいかが?

『rainbow』

高円寺らしい柔軟なメニューが楽しいお店。値段も飲み放題¥1,000とお手頃です。夏に嬉しいフローズンカクテルも用意していて、女の子が喜びそうなかわいい料理やチーズ鍋、パスタ、肉料理、ご飯物に定食、スイーツまで!

本当になんでもあります(笑)。デートに限らず、高円寺で楽しく飲みたいとき、間違いないのが『Rainbow』ですね。

『四丁目カフェ』

高円寺南口の駅前すぐにあるカフェ&バー。ノスタルジーな喫茶店を思わせる木目の美しい雰囲気のお店で、夜は特に良い。デートのシメにぴったりです。ランチには、パスタやバーガーのセットを提供しているのでそちらもぜひ。

窓から電車が見えるから、遅い時間になってもなんだか安心感がありますね(笑)。ただ店の出口は階段なので、くれぐれも飲みすぎにだけはご注意を!

『JIROKICHI』

最後は大人の社交場、ジャズバーをご紹介。ライブハウスで紹介してもよかったのですが、1日の最後にジャズバーで一杯、なんてのも乙でしょう。ライブは19:30開演。終演後はチャージなしのバータイムで1:00まで営業(終電にご注意を!)。

音楽やカルチャーがあふれる街の雰囲気が凝縮された、すてきなお店です。他のお客さんと会話に花が咲くこともあるとか…。

まとめ

通称「東京のインド」(笑)といわれるだけあって、多種多様なカルチャーが共存し、独特な「らしさ」を作り出している街、高円寺。

1日かけてもそのすべての魅力を味わいつくすことはできないかもしれません。今回挙げたのは高円寺の全体のほんの一部。まだまだ面白いスポットや可愛いお店がいっぱいの高円寺へ、あなたも出かけてみませんか?

タグ一覧へ