【今さら聞けない!】厳選ダッドシューズ

豪太

“ダッドシューズ”どんなのがあった?

今年上半期一大ムーブメントを巻き起こしたダッドシューズ。おじさん臭いポテッとしたフォルムが一周回ってカッコいいと評判になり、ストリートで見ない日はないくらいに盛り上がりを見せました。

BALENCIAGAのTriple Sを筆頭に、GUCCI、PRADAなどのメゾンからもボリューミーなスニーカーがこぞって発売されたのも記憶に新しいです。

ということで、復習がてらどんなダッドシューズがブレイクしたか今一度チェックしていきましょう。
思っていたより魅力的なスニーカーが多くて、今からでも買い足したくなるかも?

BALENCIAGA/triple s(トリプルエス)

Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿

Balenciagaさん(@balenciaga)がシェアした投稿

みなさんご存知のとおり、2017-18の冬、春にかけて爆発的な人気を誇った我らがBALENCIAGAのtriple s。
定価約10万円というとても普通では手を出せない価格にもかかわらず、新しいカラーが出るたび高倍率の抽選というちょっと恐ろしい現象が起きていました(笑)。

画像のように全体的にオーバーシルエットでコーデを組むのが実は簡単◎
裾のたまり具合が玄人感を引きだしていますね。

ちなみにTriple Sと酷似したスニーカーが某○ARAからも出ていたので、まずは形からという方、ネットでポチってみてはいかかでしょう。

NIKE/Air Monarch(エアモナーク)

drink more water 🌊さん(@_fijibae)がシェアした投稿

こちらも話題になった一足。最初見たときはどっからどう見てもオジサンが履くやつじゃん!と思いました。
実はその通りで90年代アメリカではオジサンが履くダサいスニーカーとして認知されていたようです。

ファッションは面白いもので、一周回ってオジサン臭いものがカッコいいものに変身する可能性も秘めているようですね。
みなさんも今のうちに周りのオジサンから貰えるもの貰っておきましょう(笑)。

定価8,964円(税込)とコスパも良し。
ちなみに、AirMonarchは画像の二種類に加えてオールブラックの三種類展開です。

FILA/DISRUPTOR 2(ディスラプター2)

出典元 ファッション通販ZOZOTOWN

FILAさん(@filausa)がシェアした投稿

こちらも若者を中心に男女問わず支持を集めた一足。
ギザギザとしたソールが特徴的で、全体としてはかなりボリューム感があります。

クリーンなホワイトカラーと、立体的なディテールが野暮ったさを解消しているので、ダッドシューズに初めて挑戦しようと思っている方におススメ。

ワイドパンツと合わせるのはもちろん、スキニーと合わせてあげれば今風の韓国っぽいスタイルに仕上がるので、韓国ファッションが好きな方は持っておいて損なしです!
定価は1万円程度です。

RAF SIMONS×adidas/OZWEEGO(オズウィーゴ)

Le Labo Storeさん(@lelabostore)がシェアした投稿

ストリート、モードどちらの要素も兼ね備える気鋭ブランドRAF SIMONS(ラフシモンズ)と今やスポーツMIXスタイルには欠かせないadidasとのコラボ。

かなりゴツい見た目ですが、全体的な光沢感と所々にあるシリコン製のバブルがどこか近未来的で、ダッドシューズという括りで語るのには恐れ多いくらいです。

EisMagさん(@eis.mag)がシェアした投稿

こんな感じでadidasのトラックパンツなどと合わせれば、スニーカーともリンクしていますし、カッコよくまとまるかと思います。

定価はシリーズにもよりますが5~6万円程度です。

こんなのもあった!

先ほどの4足よりは人気度、知名度が若干劣りますが、個人的にとてもアツかったスニーカー達です!

Ricky Chanさん(@rickychan627)がシェアした投稿

Pradaさん(@prada)がシェアした投稿

잔느さん(@janne_yoo)がシェアした投稿

上からGUCCI、PRADA、AcneStudious。定価は順に116,640円、1004,40円、59,400円。(全て税込価格)
どれも2018SSの商品ですので気になる方、お財布に余裕のある方は是非チェックを。

GUCCIのレトロな感じは今の気分にもぴったりなのではないでしょうか?

ダッドシューズまだ履ける?

街の様子を見ていると、とりあえずダッドシューズ履いておけばカッコいい!みたいな流れは終わって、本当に好きな人だけが履いている印象を受けます。
いい意味でブームが落ち着いたといえますが、「逆にこのままトレンドから去ってしまうのでは?」
と思ったBoy.読者の方、ご安心を。

実は今、90年代リバイバルの流れがじわじわと来ています。

@thepoloarchiveがシェアした投稿

つまり、全体として皆さんのお父さん世代の服装がトレンドになりつつあるということです。
ですから、その名の通りお父さんスタイルど真ん中のダッドシューズは今後もトレンドの一角を担う存在になり得るでしょう。

今後ブランドから出るスニーカーも要チェックです!