【表参道・神南】ファッションスナップ Part.9【ハイストリート?】

うちのたいよう

ストリートはハイブランド至上主義?

今回のストリートスナップは「表参道・神南エリア」で張り込み。
神南エリアは今回初めてスナップ撮影を行いましたが、ハイブランド着用率がとても高い!

〈VETEMENTS〉や〈Gosha Rubchinskiy〉など、ストリートの中でもカジュアルブランドではなく、コレクションを行っている“ハイストリートブランド”に人気があります。

以前紹介した上の記事だとプリントや柄物が鉄板でしたが、最近のハイストリートはモード感のあるシンプルで洗練されたデザインが多い印象です。
第9回の今回は、そんなハイブランドコーデを見せてくれたみなさんを中心にご紹介していきます!

会社員 岩堀雅也さん 21歳

〈BAO BAO〉のクラッチと“あのブランド”の超有名スニーカーを履かれているところに、迷わず声をかけさせていただきました!
(ご本人のご希望で首から下の撮影となっております)

—「今日のこだわりアイテムは?」

「やっぱりこの〈Balenciaga〉のトリプルSトレーナーですかね。」

ですよね!!!笑
ダサかわスニーカー、通称“ダッドスニーカー”のパイオニア的存在となったこのアイテムは、ストリートファッション愛好家の中でも空前の大ブームを巻き起こしています。

実は、こちらの記事でもダッドスニーカーについて書かせていただきました!

しかも、岩堀さんはホワイトカラーの他にブラックのトリプルSも持っているそう。
やはり本物のファッショニスタは、値段を度外視した覚悟があるような気がします…。リスペクト!

岩堀さん、暑い中撮影へのご協力ありがとうございました!

岩堀雅也さん着用アイテム

シャツ(HARE)/ ワイドスラックス(LEMAIRE)/ ショルダーバッグ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)/ スニーカー(Balenciaga)
Instagramアカウントはこちらから

大学生 大橋徹也さん 20歳

スケーターファッションがよく似合う、大橋徹也さん(写真左)。
お友達といたところをキャッチしてお話伺いました!

—「毎月いくらファッションに使っていますか?」

「7万から8万くらいですかね。バイト代ほとんど使ってます笑」

…!?
必要なアイテムには出費を惜しまないオシャレさんが多い…。神南エリア恐るべし。

聞くところ、ナップサックとアクセサリーがロシアのハイストリートブランド〈Gosha Rubchinskiy〉のものだということ。私のミスで寄りの画像がないのですが…。

出典元 Farfetch

恐らくこちらのアイテム。
〈adidas〉とのコラボアイテムで〈Gosha Rubchinskiy〉のものとは思えないくらいお買い得な商品でした!
新シーズンのアイテムなのでこれから街中でも見る機会が増えそうですね。要注目です。

お忙しいところ、撮影へのご協力ありがとうございました!

大橋雅也さん着用アイテム

Tシャツ(Hanes)/ ショーツ(Ralph Lauren)/ ナップサック(Gosha Rubchinskiy×adidas)/ スニーカー(CONVERSE)/ アクセサリー(GUCCI, Gosha Rubchinskiy)

渋谷で働く美容師 トオルさんと平野優花さん

表参道でモデルハンティングをしているところ声をかけさせいただいた美容師のお二人。(お忙しいところ失礼しました!)
渋谷の美容室〈macaroni coast〉でアシスタントとして活躍されているそうです!

優花さんは、青と白のボーダー柄が映えるマリンルック。
トオルさんは、暗めの色を合わせたコーデですが、くすみピンクのヘアカラーでバランスをとっています。
美容師さんは、ヘアスタイルを含めたトータルコーディネートができるからやっぱりオシャレレベルが本当に高い…!

お二人揃って爽やかなコーディネート、素敵でした!
ご協力ありがとうございました!

トオルさん着用アイテム

ポロシャツ(古着)/ デニム(古着)
Instagramアカウントはこちらから

平野優花さん着用アイテム

Tシャツ(UNIQLO)/ ニットパンツ(LUCA)/ ショルダーバッグ(vintage)/ スニーカー(CONVERSE)
Instagramアカウントはこちらから

【編集後記】色の組み合わせには“色相環”を使おう!

最後に紹介したお二人を見て、少し思い出したことがあったので少し紹介させてください!

今回のコーデで偶然なのか、どちらとも赤系のヘアカラーに青系のトップスを合わせています。
実は、“色相環”を参考にした色の組み合わせ指標があって、お二人の色合わせはとても理にかなっているんです!

● 優花さんの場合

ヘアカラーはオレンジ系。トップスは鮮やかなブルーです。
色相環を見るとこの色同士は対局の位置にあり、この色同士を“補色”と呼びます。
補色同士は、組み合わせると「お互いを引き立て合う色」と呼ばれており、インパクトの強い印象を残すことができます。

しかし、インパクトが強いと悪目立ちしてしまうことも…。
それでも優花さんの色の組み合わせがよく見えるのには、オレンジの“彩度”が下がっていてくすんで見えることが理由。
補色同士で目が痛い組み合わせになってしまった時は、彩度のトーンを調節した色合わせがオススメです!

● トオルさんの場合

ヘアカラーはピンク系。トップスは深めのネイビーです。
色相環を見るとピンクとネイビーは比較的近い位置にあり、馴染みやすい色の組み合わせと言われています。

しかし、難しいのは“馴染みやすい”を言い換えれば“面白みがない”とも言えるということ…。
そこでトオルさんが無意識にしている(?)のが、ピンクの“明度”を上げてネイビーとの絶妙な差を出していることにあります。
薄い上に、先ほども言った彩度も下がってくすんだピンクになっているので、ネイビー(濃い青)との組み合わせもより良くなっているというわけなんですね◎

★ 補色・彩度・明度が大切!

というわけで、だいぶ長くなってしまいましたがお二人のスナップを参考に色相環の解説をさせていただきました。
重要な「補色」「彩度」「明度」という3つのキーワード。
ぜひ、コーディネートを組む時に意識してみてくださいね!

そして、今回で「表参道・神南エリア」のストリートスナップは以上となります。
次からは、「高円寺エリア」を特集予定ですよー!

Part.10はこちら!