仮想通貨マニアの秘密基地『nem bar』がアツい!

くの氏

仮想通貨という言葉、2017年くらいからよく聞くようになりましたね。25〜30歳のビジネスマンを対象にした調査では、約14%が仮想通貨を保有しているという結果になりました。

参考URL:新R25総研が20代ビジネスマンの仮想通貨保有実態を調査。保有率は14%、うち4分の1は投資初心者であることが判明

もしあなたが仮想通貨を持っている、もしくは興味があるならば、ぜひとも『nem bar』へ行ってみてください。”NEM”とは、今人気の仮想通貨の名称のこと。
nem barは夜な夜な仮想通貨ホルダーの男女が集い、仮想通貨トークで盛り上がっている渋谷の隠れ家的なバーです。

面白そうですが、ノーヒントでnem barに突入するのはハードルが高そうですよね。余すことなくnem barを楽しむ事前準備として、nem barを満喫するためのポイントをいくつか紹介します。

仮想通貨にちなんだ美しいカクテル

nem barで提供されているカクテルはどれも色鮮やか。ブラックが基調の店内に、色とりどりのカクテルがぼんやりと浮かび上がります。

nem barさん(@nembar_tokyo)がシェアした投稿

例えばこれは『nem sky』。仮想通貨NEMのベースカラーである青にちなんだ爽やかなカクテルです。グラスの飲み口には塩があしらわれていて、ちょうどいいアクセントになっています。

会話は仮想通貨一色

nem barで飛び交う会話はまさに仮想通貨一色です。薄暗い大人の雰囲気が漂う店内ですが、程よく賑やかで会話が途切れないカジュアルさがあります。普段バーに行き慣れていない人でも肩肘張らずに落ち着けるはずです。

nem barには仮想通貨好きなお客さんが集まっていますから、お隣さんと仮想通貨の会話が弾むことがあります。『nem sky』を飲んでいたらお隣さんから「NEMがお好きなんですか?」なんて話しかけられるかも?

ワンチャン億り人に出会えるかも

nem barはIT企業がひしめく渋谷に店舗を構えているので、凄腕のトレーダーや仮想通貨事業の成功者が来店している可能性は大いにあります。

仮想通貨トレードで1億円以上稼ぎ出した人を『億り人(おくりびと)』と呼びますが、そんな長者に出会うチャンスもあるかもしれません。

どんな業界でも黎明期や創成期があります。仮想通貨が世の中を変えるほどの産業になるかは未知数ですが、まだまだ始まったばかりの産業だけに、集まる人々もパワフルです。今のうちにnem barに行っておけば、数年後に「あの頃の仮想通貨業界はすごかったな〜」とカッコつける権利がゲットできますよ。

nem barホームページ:https://nembar.tokyo/