【インスタグラマーと、服。】No.35:Issey

amemiya

日々の生活に自分なりのこだわりもプラスして楽しむヒントを与えてくれる。 そんな彼らに焦点をあて、インタビューするこの企画。 今回はカフェ店員、ファッションモデルとして働くIsseyさん(23)が登場。 洋服に興味を持ったきっかけや今のスタイルを確立したきっかけなどお伺いしました。

お仕事について聞いてみました

—現在のご職業をお伺いしたいです

カフェの店員と下北沢にある「NOILL(ノイル)」という古着屋でオンライン用の着画モデルとスタッフとして店頭に立っています。

ファッションに対する価値観

—過去に何がきっかけでファッションに興味を持ちましたか

20歳の時に、ファッション業界で働いている地元の友達に連れられ、神南にある「kodona(コドナ)」という古着屋に行ったのがきっかけです。 その時に、友達に洋服を紹介してもらい、「PHINGERIN(フィンガリン)」のショーツをプレゼントしてもらいました。笑 店員さんはもの凄く話しやすくて、そこで初めて洋服の世界を知りました。

—今のスタイルを確立するのにどのような経緯がありましたか

インスタグラムの友達から教えてもらった高円寺にある「OTSU(オツ)」というお店に行きだし、今のスタイルを確立したかなと思います。ビッグシルエット、キングサイズなどの古着が沢山置いてあるお店です。 店員さんが凄く良い人で、色々教えてもらいました。

—今のファッションは何からインスピレーションを受けていますか

それぞれ体型、スタイルなど違うので、誰かを参考にしているとかは特にないです。1点1点良いと思った洋服を買い、自分のクローゼットに中にある洋服と合わせています。

—ファッションで気にかけていること、大事にしていることは何ですか

ビッグシルエットが好きなので、そのバランスと全体の色味、トーンバランスを気にしています。 ビビットカラーをあまり着ることがなく、ベージュ、カーキなどのアースカラーで統一する事が多いです。また、ベルトと靴、Tシャツと靴の色を合わせてどこかで統一感を出すことは意識しています。

—今年の秋に欲しいアイテム、気になっているブランドはありますか

主に古着だけしか着てなかったのですが、ファッションに詳しい友人の影響で、最近ブランドも見るようになりました。 「DAIRIKU(ダイリク)」と「SYU.(シュウ)」というブランドの展示会に行き、ダイリクではレイヤードのロンTとストレートのデニム、シュウではビックシルエットのリボンがついているシャツをオーダーしました。 あとは「JEUDI SAINT(ジュディサント)」というブランドも気になっています。

—髪型に対するこだわりはありますか

洋服にあう髪型をするように心掛けています。

インスタグラムに対する価値観

—インスタグラムでの写真のこだわりを教えてください

自分のページを開いたら雑誌を開いた感じの見た目にしたいと思っています。ファッション誌を将来やりたいと思っているので、意識してやっています。

—どのような人から「いいね」が来ますか

同年代の人からが多いです。男女の比率は綺麗に半々です。笑

Isseyさんのプライベートにせまる

—よく行くお店を教えてください

先ほど言った以外の洋服屋さんだと「CONTENA STORE TOKYO(コンテナストアトウキョウ)」、「TUNAGI JAPAN(ツナギジャパン)」、「Baby’s all right(ベイビーズオールライト)」に行きます。 あとは、神南にある「Roasted coffee laboratory(ローステッドコーヒーラボラトリー)やラーメンが好きなで、上野にある麺屋武蔵 武骨相傳に行きます。つけ麺の黒がおすすめです。笑

—尊敬している人はいますか

アパレル店員さんで知り合いがいるのですが、仕事に対する考えが凄くストイックで、洋服に関する熱量、知識も凄いので、同い年なのですが尊敬しています。

—休日の過ごし方を教えてください

休日に撮影する事が多く、撮影が終わったら、たこ焼きを食べたり、古着屋さんを何件か見たりして三軒茶屋を散策しています。

—最後にIsseyさんにとってのカッコいいとは何か教えてください

何事もポジティブに捉えるようにして、根拠がなくても自信を持つようにしています。内面からにじみ出るそのようなところがかっこよさに繋がると思っているので。

—IsseyさんのInstagramはこちら

@issey_nkmr