【コーデの引き立て役】KANGOLのヘッドウェア

豪太

気になるあの子もあの人も“KANGOL”

Kangolさん(@kangol_headwear)がシェアした投稿

話題のファッショニスタや海外アーティストまで、今や老若男女問わず愛される帽子ブランド「カンゴール」。
実はかなりの老舗ブランドで、1938年に英国にて誕生していたという事実に驚きを隠せません。

そんな歴史のあるカンゴールですが、最近ではストリートファッションにカンゴールのアイテムをポイントで落とし込むのがトレンドになっています。

被り物が欲しいけれど、何を買っていいのか分からない人に是非一度は手にとって欲しいのがカンゴールのアイテム。

カンガルーのワンポイントロゴも可愛らしいのでプレゼントにもピッタリです!

迷ったらコレだ - ハンチング

カンゴールといえば最初に思い浮かぶのはやはりハンチング。
まずは定番中の定番であるハンチングの代表的な2タイプをご紹介していきます。

言わずと知れた代表作《504》

こちらは街中で一番よく見かけるタイプのアイテム。
丸みを帯びたシルエットがガチガチのハンチング感を解消しているので、ハンチングに若干抵抗があるけれど挑戦したい方にもおススメです。

デザインはもちろん良いですが、なんといっても被り心地が素晴らしい
スッポリと頭に吸い付くような感覚が病みつきになるでしょう。

504に次ぐ名作《507》

同じくハンチング型の507。
504よりツバが長く深さもあるので、被った時に落ち着いた印象を与えられます。
普段から落ち着いた雰囲気のコーディネートを組む方に特におススメです。
父の日にプレゼントしたら喜ばれること間違いナシ。

価格目安はどちらのタイプも約5000円~。
504の方が若干お買い求めやすい価格です。

504、507どうやって被る?

ところで、カンゴールのハンチングってロゴ側を前にして被るのが流行っていますよね。
「ちょっとまって。それって形状的には絶対逆じゃん」と思った私はカンゴールの店員さんにどちらが正解か聞いてみました。

結論、どちらも正解とのことでした。

Kangolさん(@kangol_headwear)がシェアした投稿

若い人を中心にこの被り方が定着していて、カンゴールのInstagramアカウントを見る限り、むしろこの被り方を推奨しているように見えます。
たしかにベレー帽風に被るのも可愛らしくてアリだなと思いました。

Kangolさん(@kangol_headwear)がシェアした投稿

といいつつ、本来の被り方もまた渋くて良いですよね。
一つ持っているだけで2パターンの楽しみ方があるカンゴールのハンチングはコスパも抜群!
ということで宣伝みたいになってしまいましたが本当におススメです!(笑)

ストリートで映える - ハット

ハンチングに次ぐ人気を誇るのがハット。その中でも特におススメしたい人気急上昇中のタイプのハットをご紹介します。

CASUAL(カジュアル)

こちらのラインはてっぺんがドーム状に丸みを帯びたタイプです。
最近では海外のストリートスナップでよく見かけるほど今が旬のアイテム。

Leo Mandellaさん(@gullyguyleo)がシェアした投稿

丸みを帯びたシルエットが可愛らしいので、ストリート感強めなコーディネートに合わせてあげると、程よくポップにまとまります。
もちろんスタイル問わず使いやすいのが人気の理由です。

価格目安は約6000円~。

素材の変化で秋冬に備えよう

カンゴールでは、実はアイテムの種類だけでなく素材の種類も豊富にあるのをご存知でしたか?

春夏仕様、秋冬仕様と季節によって素材が使い分けられているのですが、今回はこれからの冷える季節にピッタリな定番秋冬素材をご紹介したいと思います。

WOOL(ウール)

まずはウール。羊毛。
これは皆さん毎年お世話になっているであろう、あったか素材日本代表ですね。

ちなみにウールの中でも絶大な人気を誇るアイテムが先ほどご紹介した504のハンチング。

ウール504の2019秋冬カラーラインナップが発表されたものがこちらです。お気に入りのカラーをチェックしてみてください。

他にもウールを使ったアイテムにUshanka(ウシャンカ)といういわゆるロシア帽があります。

元が極寒地用に作られたものということもあって、とにかく暖かいのですが、ボリューミーで愛嬌の湧くシルエットがファッション的でもあるがゆえに昨年の冬から街でよく見るようになりました。

機能+ファッションで真冬には必ず重宝するアイテムです!
価格目安は約1万円。

FURGORA(ファーゴラ)

こちらはカンゴールオリジナルの素材。
毛足の長いファー素材なんですが、アンゴラウサギの毛が使用されています。

ファー×アンゴラ=ファーゴラということでネーミングセンスもよし。
というのはさておき、肝心の画像がこちら。

画像はカジュアル型のファーゴラ版。見るからに暖かい!
ウールとはまた違った、毛足の長いファーゴラならではのふわふわ感がとてもキュートで心をくすぐられます。

同じアイテムでも素材一つ変えるだけでだいぶ印象も変わるので、シーズンによって素材だけ変えてみるのも面白いかもしれません。

お気に入りは見つかった?

いかがでしたでしょうか。
とにかくアイテムと素材の種類が豊富なので何個持っていても飽きないのがカンゴールの良いところです。

帽子を専門に扱っている老舗ブランドだけあって、ディテールへの妥協も一切感じませんし、こういう良い帽子が結局一番使えるのだと思います。

ぜひ店頭で実際に被って、触れて、お気に入りを見つけてみてくださいね。