【表参道】ファッションスナップ Part.20【古着=難易度高い?】

うちのたいよう

“古着コーデ”は挑戦しにくい?

「これからオシャレになって行きたい!」と言ってくださるBoy.読者のみなさんからよく聞くのが、古着コーデは“ハードルが高い”というご意見。

・独特の質感が不潔に見えないか心配
・女子ウケしない
・サイズ感が難しい

など、たしかに既製品より難易度は高いかも…?

古着独特のビンテージ感は無骨な男らしさを表現してくれますが、一歩間違えれば“不潔”に見えてしまう可能性はありますよね。
一点物のアイテムが多いので、自分に合ったサイズなのか見極めるのも経験が必要。

そんなみなさんのために、今回は古着コーデの参考にしてほしい2つのスタイルをご紹介。
サイズ感やアイテムの合わせ方まで、是非自身のコーディネートやショッピングに生かしてみてください!

美容師 yasuさん 23歳

蓄えた立派な髭のせいか年齢よりもずっと大人っぽい雰囲気のする、美容師のyasuさん。

原宿にある《Lim》というお店で働いているそうです。

秋らしい落ち着いた色合いのコーディネートが印象的。
私は勝手にアパレル店員さんかと思ってしまうほど、洗練されたオシャレさんでした!

—「今日のこだわりアイテムは?」

一番のお気に入りアイテムは、薄手コートの中に着込んでいたデニムジャケット。
秋以降よく見かける、人気の着こなしのひとつですよね!

ちなみに、本日のyasuさんのコーディネートは全身古着コーデ。買い物も基本、古着しか購入しないそう。

高円寺のフランス古着のお店によく行くらしく、ワークウェア系の古着が好み。

yasuさんのインスタを覗いてみると分かる通り、いつもはスーツもよく着ていて、髭も綺麗に整えていることが多いそうです。
オシャレや…。

服の系統や髭をツンと跳ね上げた雰囲気から、バーバーショップにお勤めかと思いきや、《Lim》さんは原宿らしいトレンディーな美容室。
ことごとく予想が外れますね…笑

yasuさんの作るヘアスタイルが気になる方は、是非インスタのアカウントをチェックしてみてください!

yasuさんご協力ありがとうございました!

yasuさん着用アイテム

全アイテム(used)
Instagramアカウントはこちらから

美容師 サダモトツヨシさん 27歳

シンプルでありながらサイズ感のせいかこなれた雰囲気のある、サダモトさんの着こなし。

全体的にゆったりとしたシルエットではありますが、深い緑のオーバーサイズシャツや細めのウォッシュドジーンズなど、アイテムが爽やか。
ちなみにどちらも古着アイテム!

女性ウケも期待できる“きれいめコーデ”に仕上がっています。

—「今日のこだわりアイテムは?」

シンプルなアイテムの中でも、唯一の柄物であるカモフラージュ柄の〈converse〉スニーカーがお気に入り。

コーデのアクセントになっていて、全体にメリハリをプラスしてくれていますね◎

サダモトさんは、オシャレの参考として女性誌を読むことが多いそう。
たしかにこの日のコーディネートも、どことなく女性がメンズ服を着ているように“ボーイッシュ”な柔らかい雰囲気を感じます。

やはり古着特有の肌馴染み感と大きめサイズが、ボーイッシュなイメージを演出してくれているのでしょうか。

—「今気になっているブランドは?」

北海道発のブランド〈SOUTH2 WEST8〉です。フィッシングに特化したアウトドアブランドで、今気になっているんですよね。」

みなさんご存知の通り、今年はフィッシングベストがただならぬ人気ですよね。
こちらのブランドはアウトドアブランドとして、ベスト以外にも多くのフィッシングウェアを販売しています。

サイトを見てみると、街着を見越したデザイン性の高いものばかり。
それもそのはず、人気ブランド〈NEEDLES〉と同じ系列なので今後大注目のブランドになりそうです!

サダモトさん、ご協力ありがとうございました!

サダモトツヨシさん着用アイテム

シャツ(used)/ デニムパンツ(used)/ ボディバッグ(NIKE)/ スニーカー(CONVERSE)/ キャップ(H&M)
Instagramアカウントはこちらから

【編集後記】参考にしたい女性誌って?

今回の編集後記は、女性誌について。
ジェンダーレスファッションがメジャーになり、女性がメンズ服を着る場面も増えてきました。

でも、やっぱり“着こなし”に限って言うと、「男性が着るメンズ服」と「女性が着るメンズ服」には微妙な違いがあるように思います。

やっぱりトレンドは、男性が「女性が着るメンズ服」の着こなしを習得すること!
そこで、そんな着こなしを参考にできる女性誌のインスタアカウントをピックアップしてみましょう。

GINZA

Boy.のスナップ撮影でも多くの男性から名前の出る《GINZA》。

女性らしいファッションの中にも、色合いや柄物の合わせ方など参考にしやすいルックが随所に見られます。
そんな私も猛烈な“GINZA信者”です!笑

ONKUL

メンズ版も刊行している《FUDGE》から生まれた、《ONKUL(オンクル)》。
年に二回しか発売されないので、首を長くして待つファンも多いです。

とにかく“ベーシック”を追求しており、着こなしも至ってシンプル。
それでいながら、品質やシルエットに徹底的にこだわっています。

『おじさん特集』を行なったことでも話題になっており、若い女性におじさんのような着こなしを提案していました。

メンズが参考にできる着こなしが多く、ナチュラルな清潔感も印象付けられるはずです。

こんな感じで女性誌も実は、カワイイ系ばかりではないんですよ!
本屋さんに立ち寄った際には、ぜひ女性誌エリアにも立ち寄ってみてくださいね。

次回のPart.21もお楽しみに!

過去のスナップはこちら

インスタでも投稿中!

自分に似合うコーデが見つかるかも?さっそくフォローしてみよう♪