童貞の憧れ『オタサーの姫』と付き合う3つの条件

くの氏

女性比率が極端に少ない趣味サークルなどに所属している女性が、めちゃくちゃモテることがあります。これはいわゆる『オタサーの姫』と呼ばれる現象で、オタクサークルでお姫様的な扱いを受ける事案を指します。

もちろん、サークルでいつもチヤホヤされているあの子がだんだん気になって、付き合ってみたいと思う人も少なくないはずです。しかし、悲しいかなオタサーは男性ばかりで、さらに恋に奥手な童貞がひしめき合う群雄割拠の渦の中。

熱量の高いライバルたちに負けずに姫ちゃんを口説き落とすためには、いくつかの条件があります。もし、これがあなたにとって初めての恋でも、条件を揃えてアタックすれば十分にチャンスはあるはずです。

条件①オタサーの姫は『清潔感』が好き

これはオタサーの姫に限らず言えることですが、清潔感を保つことは非常に重要です。「生理的にムリ!」となってしまうともはやノーチャンスですから、マストで気をつかうべきです。

注意したいのは、『清潔』と『清潔感』は違うということです。お風呂で入念に体を洗い、洗濯したてのシャツを着たとしても髪の毛がボサボサでシャツがヨレヨレだったら、それは『清潔』であり、『清潔感』ではありません。

髪の毛、ヒゲ、洋服、靴あたりは清潔感のチェックポイントなので、怠らずにケアしておくことをおすすめします。

条件②オタサーの姫をチヤホヤしすぎない

オタサーの姫がどのような日常を送っているのか想像してみましょう。サークルでは多数の男子から羨望の眼差しを受ける毎日を過ごしていて、自分がスペシャルな存在であることを実感しまくっています。ネット上ではちょっと顔出ししてオタクっぽい投稿をすれば、熱心なリプライや大量のファボが送られてきます。

要するに、チヤホヤされることに慣れてしまっているのです。チヤホヤされることが普通なので、あなたもみんなと一緒になってチヤホヤしてしまったら『その他一同』の仲間入りです。

とはいえ、ツンケンした態度をとったり、荒々しい言葉を使うと引かれてしまいます。加減が難しいところですが、あなたも姫ちゃんと同じ目線で接するように心がけましょう。

条件③オタクスキルでオタサーの姫を惹きつける

出典元 Mirko Kuzmanovic / Shutterstock.com

サークルで目立つ存在になるのは有効な手段です。できれば、オタクスキルでライバルに差をつけて姫ちゃんの目を引くことができればベストです。

オタサーは共通の趣味で集まったメンバーのサークルですから、スキルの高い人は少なからずリスペクトされるはずです。姫ちゃんがあなたのオタクスキルをリスペクトしてくれれば、やがてその気持ちが恋心に変わる可能性は十分にあります。

そもそも「共通の趣味」を持っている人同士は恋愛対象になりがちですから、オタクスキルを磨くことは正攻法と言えます。

『シュタゲ』のオカリンに学ぶオタサーの美学

オタサーを描いたアニメといえば『シュタインズゲート』ですが、この作品はオタサーにおける恋愛の指南書とも言えるほどノウハウが詰まっています。

主人公のオカリンは圧倒的なオタクスキルを持つリーダー的な存在で、たまに無精髭も生やしますが概ね清潔な身なり、そして姫ちゃんに対して決して下手に出ない中二病キャラを貫いています。完璧に3つの条件をクリアしているオタサーの王子です。

案の定、作品に登場する美少女たちからは一通りモテていて羨ましい限りですが、リアルな空間にあの中二病キャラを持ち込むのはリスキーなので、そこだけはおすすめしません。