1ヶ月で彼女を作る方法。彼女が出来ない原因は会話が続かないから!?

Boy.公式

現在、20代男性の40%以上は一度も彼女ができたことがないと言われています。
理由は、異性と接する機会があるときでも会話のネタがなく、女性と会話が続かないことにあるようです。
会話を上手く繋げるコツを掴めば、彼女の作り方のコツも掴めるでしょう。
逆に言えば、ステップを踏まなければ彼女ができる可能性は低いということです。
どのようにすれば、異性と会話が上手くできるようになるかについて紹介していきます。

女性とすぐ会話が途切れる?「共通の話題」を見つけよう

彼女の作り方がわからない男性の特徴の一つに、コミュニケーション能力の不足が挙げられます。

会話を始めるコツは共通の話題

初対面の女性と話をするのは緊張して、無理に話題を考えて喋ろうとしてしまうこともあるでしょう。
しかし、会話は無理に作るものではありません。

家族や親しい友人といるとき、話題を考えて喋ることはあまりないでしょう。
初対面の女性でも、無理に話題を考えて話そうとすると不自然になってしまいます。
まずは、共通の話題を見つけるのが会話を始めるコツです。

その場にあるものについて話そう

難しく考えずに、今その場にあるものや見たものをネタにするだけで共通の話題になります。
食べ物や飲み物、その場にいる人は同じ場所で同じものを見ているので相手も聞かれたことに答えやすいでしょう。

食事中は共通の話題が見つけやすい

食事をしているときは「どれが好き?」や「これ美味しいですよね」などは自然に切り出せます。
食べ物の話題から始めると、話しかけられる側も好意的な反応を示してくれます、人は食事中に関わった相手には好意を寄せやすい傾向があるからです。

女性との会話が一方的なのは「話の膨らませ方」が原因

会話のネタが途切れてしまうというのが悩みの男性は、話の膨らませ方に原因があります。

無理に話題を作る必要はない

無理に会話を保とうとして一方的に話題を持ちかけたとしても、相手によっては尋問のように思われてしまいかねません。

あらかじめ話題を用意していた場合も自分の考えを押し付けるような結果になってしまい、かえって印象を悪くしてしまいます。
こうなると、相手の反応ばかりが気になり、次第に会話が途切れてしまうのです。

会話のキャッチボールを大切に

会話で大切なのは、相手がどう感じているかということです。
焦って自分の感情を押し付けるのではなく、相手の反応を見ながら徐々にステップを踏んでいきましょう。

相手についての話は楽で女性ウケも抜群

自分のことを話すより相手の気持ちを代弁してあげたり、相手のイメージがどう見えるかを話したりすると女性は安心します。

さらに、相手の好きなものや趣味についてさりげなく聞いてみるのも、話を膨らませるコツです。
このコツを身につけていくと、彼女の作り方もわかってくるようになるでしょう。

恋愛に発展させるには「褒めて」「いじって」を使い分けて

女性との会話から恋愛に発展させるコツは、まずは相手を褒めるのが効果的です。
女性は最初に褒められると悪い気はせずに好意を抱くようになります。

容姿よりも中身を褒めると外さない

しかし、ただ綺麗な容姿の人に「美人ですね」と見た目を褒めたとしても効果はありません。

この場合、見た目よりも内面的なところを褒めた方が、この人は自分のことをよく見てくれていると思ってくれます。
内面的なことを理解している方が、この先付き合っていく上で良きパートナーになりやすいという印象を与えるでしょう。

いじった後に褒めることができれば成功

さらに、ただ褒めてばかりではなく時には相手をいじってみると、お互いに心を開くキッカケになります。
あまりいじりすぎると怒らせてしまうので、いじった後には褒めるというパターンを上手く使い分けることができれば成功です。
そんな関係が築ければ、いつの間にか彼女になっていたということもあり得ますよ。

コツさえ掴めば会話は盛り上がる

会話のネタが浮かばないとか、彼女の作り方がわからないと悩んでいた人もコツさえ掴めば会話が盛り上がります。
今回紹介した女性にウケる会話のコツを何度も繰り返すと、自然と女性の扱い方が分かってきます。 フィーリングの合う女性と出会った時には1ヶ月で告白まで持っていくこともできますよ。

女性との話題を増やせば、彼女ができる日も近い!?

彼女の作り方がわからない、会話のネタが尽きてしまうという悩みを持つ男性にどうすれば1ヶ月ほどで彼女ができるのかを説明してきました。
彼女が欲しいという気持ちをあまり表に出すのではなく、女性の立場になって会話を持つようにすれば話題が膨らみ、彼女ができるキッカケとなっていくでしょう。
相手の気持ちを大切にするのが女性と上手くいくコツです。

タグ一覧へ