女子との会話が弾まない?!原因は嫌われる話し方にあった!

Boy.公式

話せば話すほど嫌われる男性は、会話の仕方に問題があるケースが多いものです。

何気ない話し方が女子をイラッとさせ、会話が途中で途切れてしまったり、女子が自分から離れてしまうのは嫌われる話し方に原因があると言えるでしょう。
それでは女子との会話が弾まない男性の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。
女子ウケ最悪な話し方と改善方法について見ていきます。

話すほど心の距離空いてませんか?

楽しく話しているつもりなのに、話すほど相手との距離を感じてしまうことはありませんか。

相手が興味のない話題に気付けますか?

それは話している内容に問題があることが多いです。

会話をすることはひとつのコミュニケーションであり、お互いが楽しめてこそ笑いも起こり、もっと話したくなるものです。
しかし、コミュニケーションを取るのが苦手な男性の場合、相手が興味がないことでも話し続けてしまう傾向にあります。

お互いが楽しめる話題選びを

例えば、自分は将棋が好きで女子は将棋など関心がない場合でも、空気を読むことができずに将棋の話をひたすらしてしまうのです。
それでは女子もつまらず、距離が開いてしまうのは当然ですよね。

相手が興味なさそうな内容はほどほどにして、お互いが楽しめる内容に切り替えることが必要と言えます。

しつこく話題を続けると嫌われる

また、女子のことが知りたいがゆえに、答えにくいことまでしつこく聞いてしまうのも避けたいものです。
嫌われる男の特徴として、しつこいことも挙げられます。

相手があまり話したくなさそうなら、それ以上はしつこく干渉しないようにしましょう。
何度もしつこい話し方は女子にとって鬱陶しく感じるばかりです。

女子が嫌いな話し方はコレ!

女子が嫌いな話し方の特徴について、いくつかピックアップして見ていきましょう。

自慢話は気を付けて

まず最初に、自分のことばかり話す男性は嫌われてしまいます。
気が付けば、自慢話ばかりになっていませんか。
男性からしてみれば、自分のことをアピールして女子に気に入られたいのかもしれません。

しかし、それは女子にとってただの自慢話でしかないのです。

自己中心的だと嫌われる

また、自分の話ばかりする男性は自己中心的に見られてしまいます。

女子の話も聞くことで、きちんと相手のことも考える余裕がある人だと思ってもらえるでしょう。
嫌われる男にならないためには喋り過ぎないこと、相手と会話のキャッチボールをすることが大切と言えます。

謙虚で対等な話し方を意識すればOK

もうひとつ、嫌われる話し方として、説教臭いのも問題アリです。

特に女子が年下の場合、まるで嫌な上司のように女子に対して色々と説教をする人がいます。
本心は好意から心配してそういった態度が出てしまうのかもしれませんが、そうした態度はどこか偉そうで上から目線に見られてしまいます。

年齢に関わらず、謙虚で対等な話し方をしたいものですね。

嫌われないための話し方は?

女子に嫌われるのを恐れて、うまく会話ができなくなってしまっても困ります。
女子との関係をスムーズに進めるためにも、嫌われない話し方をマスターしたいものですね。

笑顔と相槌を意識すれば自然と好印象に

ポイントとしては、笑顔で頷きながら聞く姿勢をまずは覚えましょう。
自分ばかりが話すのではなく、相槌を打つことで自然と会話のキャッチボールができます。

下ネタ、しつこさ、下品は嫌われる

そして、やたら下ネタを言ったり、しつこい誘い文句を言ったり、下品に笑ったりするのも避けましょう。
嫌われる男は会話が下品であるという特徴もあります。
気に入った相手なら尚更、さわやかに話せる話題を考えたいものですね。

悪口やネガティブな話も仲良くなってから

また、暗い喋り方も嫌われてしまいます。
人の悪口やネガティブな話題も控えましょう。
嫌われないためには相手の目を見て、最初のうちは無難な話題を出すのがおすすめです。

趣味や好きな食べ物、休日の過ごし方などが良いのではないでしょうか。
話すときに唾を飛ばすなどの粗相がないように気を付けることも忘れないようにしましょう。

会話で女子のハート掴みましょう!

話し上手な男性は、会話をすることで女子の心を掴むことが可能です。

女子のハートを掴める男性は、場の空気を読んで話すという特徴が挙げられます。
女子側の気持ちを汲み取って、今どんな話をすべきなのか、ワイワイ話すべきなのか、落ち着いて静かに話すべきなのかなどを察することができるのです。

嫌われる男からモテる男へと変われるように、普段から場の空気を読む話し方を習慣付けていきましょう。

タグ一覧へ