20代が絶対盛り上がる、プレイステーションの懐ゲー5選!

やまっち

出典元 ATLUS

あのファミコンが誕生して30年以上の月日がたち、ゲームも世間に浸透しつつある今、「懐かしいゲーム」の定義も世代によってかわってきています!

20代の若者が遊んだ懐かしいゲームや知らないかもしれない名作の一部を今回はプレイステーションシリーズのソフトに絞って紹介していきたいと思います!懐かしい思い出や新しい出会いで友達や気になる人と盛り上がれるかも!?

20代にとってはプレステが懐かしい

出典元 Air Elegant / Shutterstock.com

最近プレイステーションクラシックも発売されたプレステことプレイステーション。発売日はなんと1994年12月3日!今の20代の若者たちのなかには生れていない、もしくは同い年、という方達も多いかもしれません。もはや懐かしいという感想すら出てこないレトロな領域かも知れませんね。

当時としては革新的すぎる3DCGの描画を実現し、ソフトの媒体にCD-ROMを使用するなど90年代のゲーム史にまさに革命を起こし、今の最新ゲームの礎となった名機と呼べるゲーム機なのです!

1人でプレイできる懐ゲー5選

出典元 v74 / Shutterstock.com

ここからは筆者が個人的にオススメしたい今でもプレイステーションポータブルやVITAで遊べるゲームソフトを紹介したいと思います。

【やるドラ ポータブル ダブルキャスト】

出典元 PlayStationStore

ゲームのキャッチコピーは「みるドラマからやるドラマへ」
やるドラシリーズとして展開されたゲームの第一弾。1998年6月25日にプレイステーション版が発売され,後に2005年7月28日にプレイステーションポータブルに移植されています。現在はPiayStationStoreのゲームアーカイブスでもダウンロード可能です。

ゲームシステムは今でも中々見当たらない全編フルアニメーションで展開されるマルチエンディングのアドベンチャーゲーム。
ゲーム中に出てくる様々な選択肢を選んだ結果に応じて最悪のバッドエンドから幸せなハッピーエンドまで分岐していきます。

物語は主人公=プレイヤーが記憶喪失の美少女『赤坂美月』と出会い成り行きで同居生活をスタートする所から始まります。彼女の隠された記憶が明らかになる時、きっとプレイヤーの皆さんは衝撃を受けるはずです!

本作の特徴は可愛い美少女に、甘々な同居生活、さり気ないお色気シーン。
そして待ち受ける猟奇、猟奇、また猟奇なバッドエンドの数々でしょう。筆者も当時プレイして言葉に出来ないほどの衝撃を受けました。
もちろんヒロインと幸せになるハッピーエンドもありますのでバレンタインも近い今、甘そうで甘くない本作をプレイしてみるのはどうでしょうか?

【ペルソナ3 ポータブル】

出典元 ATLUS

大人気ジュブナイルRPG『ペルソナシリーズ』の三作目にして最新作の5まで続くゲームシステムの基礎ともなった本作。
無印版にあたるプレイステーション2版の発売日が2006年7月13日。その後2011年8月25日にプレイステーションポータブルに移植されています。現在もPiayStationStoreのゲームアーカイブスなどでダウンロード可能です。

物語は主人公が新たな学園に転入するために学園の寮に向かう所から始まります。
到着が遅れ時刻は深夜0時を指す街並みには人気は無く不気味なオブジェが立ち並ぶ。そんな奇妙で不気味な雰囲気から本作のストーリーは幕を開けます。

ゲームシステムはリアルな学園生活とペルソナという特殊な能力を駆使したファンタジーな冒険の融合にあります。
日中は高校生として友情を育んだり、バイトに精を出したり、時には魅力的なヒロインたちとデートをして恋仲になったりとプレイヤー好みの学園生活が送れます。しかし深夜0時になると現れる隠された時間、『影時間』が訪れると主人公たちはペルソナ使いとして人々を守るため戦いに赴くのです!

本作の特徴は疑似学園生活の堪能とダンジョン探索にあります!
可愛いヒロイン達とは恋人関係になれるうえ二股、三股をかけることも可能です!お気に入りの彼女一筋もよし、ヒロイン全員に手を出すもよし、まさにプレイヤーの自由です!
一方で敵の弱点を突けば再行動が可能なシステムなど戦略性に富んだバトルシステムでRPG好きな人にもオススメ出来る本作。シリーズ作品でも直接の話の繋がりはないので未プレイの方もプレイ済みの方も是非、遊んでみてはいかがでしょうか?

【ToHeart2 PORTABLE AQUAPRICE2800】

出典元 PlayStationStore

学園ビジュアルノベルのToHeart。東鳩などの愛称で呼ばれたりする本作ですが、何を隠そう筆者も本作の前作にあたる一作目の『マルチ』というキャラのシナリオで号泣してしまった思い出があります笑
本作は2004年12月28日に発売されたプレイステーション2版のプレイステーションポータブルへの移植作。発売日は2009年7月30日。
現在もPlayStationStoreのゲームアーカイブスやプレイステーション3版では完全版で移植されています。

物語は3月、寒い冬を超え新たな季節を迎える所から始まります。悪友であり幼馴染である男友達と変わらない日々を過ごしながらも魅力的なヒロイン達との出会いで少しづつ変わっていく学園生活と青春を甘酸っぱく堪能出来ます!

ゲームシステムはオーソドックスなビジュアルノベルでプレイヤーが選んだ選択肢でヒロイン達の好感度が上下しストーリーが分岐していきます。
年下の幼馴染に年上の幼馴染に奥手なクラスメイトに不思議ちゃんまで多彩美少女たちが物語とプレイヤーの心を盛り上げます!

本作の特徴は本当に多彩なヒロイン達です!年下で守りたくなる幼馴染に年上の頼りになる、でもふとしたきっかけに可愛い一面を見せる年上の幼馴染。
さらには宇宙人っ娘まで、本当に色々な美少女たちが最後まで飽きさせずにプレイヤーと学園生活を過ごしてくれます!そろそろ学園生活が懐かしくなってきた人達は本作で高校の青春を取り戻してみてはいかがでしょうか。

【機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS】

出典元 GUNDAM.INFO

プレイステーションポータブルで発売されたガンダムVSシリーズ。発売日は2009年12月3日。ハイスピードな2on2のアクションバトルが堪能できる、今遊んでも色あせないハイクオリティな一作です!現在もPlayStationStoreのゲームアーカイブスなどでダウンロード可能です。

機動戦士ガンダムからガンダムユニコーンまでのモビルスーツと呼ばれるメカを操作しスピーディーでド派手なアクションを簡単操作で楽しめるアクションゲーム!ガンダムに興味は無くてもメカが好き、または爽快なアクションゲームが好きな方なら熱中できるオススメソフトです!

ゲームシステムの基本は2対2のチーム戦。チームの総コストが0になったほうの敗北です。とにかくボリュームが満点の本作。一人用では時間も忘れてプレイ出来る充実のやり込みモードで熱中でき、友達が集まれば熱い対人戦を堪能出来ます!

ガンダム、またロボットアクションとして本当に完成度の高い本作。たまには童心に戻り男の子の憧れのロボットゲームで遊んでみるのもいいかもしれませんよ。

【AKIBA’S TRIP PLUS】

出典元 PlayStationStore

2011年5月19日に発売されたゲームに追加要素を加えた完全版として2012年6月14日に発売されたのが本作。2012年当時のリアルな秋葉原を舞台に吸血鬼たちとの燃えて萌えるバトルが堪能出来ます!現在もPlayStationStoreのゲームアーカイブスなどでダウンロード可能です。

物語は行方不明になった友達を秋葉原で探していた主人公が『カゲヤシ』と呼ばれる吸血鬼に襲われる所から幕を開けます。同じくカゲヤシであるヒロインに助けられ一時的に吸血鬼となってしまった主人公=プレイヤーの秋葉原を舞台に繰り広げられる熱いストーリーは必見です。

ゲームシステムはアクション・アドベンチャー。バトルシステムは本作独自の『ストリップ・アクション!』吸血鬼であるカゲヤシは直射日光に晒す事でしか倒せないため、素手や武器を使って衣服にダメージを与えて衣服を剝ぎ取る…これがストリップ・アクションなのです!

本作の特徴はリアルな秋葉原を舞台としつつも都市伝説や吸血鬼といった非現実的な要素を上手く盛り込んだ所や独自のバトルシステムにあります。
また戦うだけでなく秋葉原の散策に仲間との友情、本来は敵のはずの吸血鬼であるヒロイン達との恋愛といったプレイヤーの選択によって様々なストーリーを堪能出来る本作。秋葉原に行ったことがある人も無い人も本作でチョット変わったアキバを堪能してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】20代だって「懐かしい」と言いたい

いかがでしたか?今回はなるべく懐かしさを感じながらも今でも入手しやすいゲームソフトを紹介してみました。
どれも実際に筆者がプレイして思い出に残っている一癖も二癖もあるゲーム達です。初代プレイステーションの発売から25年、プレイステーションポータブルでさえ15年前のゲーム機になります。

20代では遊んだこともないゲームも多いと思います。最新のゲームで遊ぶのも楽しいですがたまには子供時代に熱中したゲーム機のソフトを振り返り「あの頃が懐かしい」と思い出に浸ったり友達と思い出話をしてみるのもいいかもしれませんね。

タグ一覧へ