1ヶ月で彼女を作る方法。彼女が出来ない原因はLINEのタイミング!?

Boy.公式

20代男性の40%以上は、彼女が一度もいたことがないというデータがあります。しかし、それは彼女がいらないからではなく、彼女の作り方が分からなくて悩んでいる人が多いからでしょう。
彼女を作るには、ある程度のステップを踏む必要があります。その最初のステップがLINEです。

しかし、送る内容や送るタイミングなどを意識しないと会話が続きません。彼女を作るためのステップを意識して、理想の彼女を作りましょう。

女子にLINEを送れないなら「お礼」のタイミングで

女子にLINEを送れないなら「お礼」のタイミングで

女子にLINEを送るきっかけを見つけるのは意外と難しいものです。一番良いタイミングなのは「お礼」をするときでしょう。

お礼ができることを常に探しておく

お礼の内容はどんな小さいものでも構いません。お礼のLINEがきっかけに良い理由は、大きく二つあります。一つ目の理由は、LINEのきっかけとして違和感がないからです。

例えば、もしグループの飲み会や遊びなどに誘ってくれたのが気になる女子なら、遊びに誘ってくれたことや楽しい時間を過ごせたなどの内容でLINEを送れます。

相手に関係のあることならなんでもOK

また、そういったイベントでなく、小さなことでもお礼をきっかけなら違和感なく送れます。例えば、忘れたものを貸してもらったときや学生であれば休んだ授業の内容を教えてもらったときなどです。

相手を尊重してお礼ができること自体が好印象

二つ目の理由は、小さなことでも感謝することを忘れない、優しい人だと思わせることができるからです。
わざわざしなくてもいいようなお礼でも忘れないことで、仮にLINEを送るきっかけにお礼をしたのであっても、優しい人や義理を忘れない人というプラスの印象を与えることができます。

彼女を作りたいけれど作り方がわからない、そんな人でも、きっかけとしてお礼のLINEをすることでその後のやり取りがスムーズに進むでしょう。

LINEが続かない?大事なのは「デート」に誘う事

LINEが続かない?大事なのは「デート」に誘う事

LINEを送ったはいいけれど、話が続かなくてLINEが立ち消えになってしまうこともあるでしょう。そうなってしまうのは、LINEをするときの前提条件やゴール設定が誤っているからかもしれません。

デートに誘う隙を見逃さない

彼女にしたいと思っている相手とのLINEの目的は仲良くなることではなく、デートに誘うことです。

デートに誘うためには、相手の好きなものや興味のあること、具体的に言えば相手の行きたい場所を知っておく必要があります。なぜなら、もし相手が自分に興味がそこまでなくても、デートの場所に興味があれば一緒に行ってくれる可能性が高まるからです。
相手のことを知っていれば、お礼のLINEを送るタイミングで「前話したときに○○に行ってみたいって言ってたけど、お礼がてら一緒に行かない?」と誘うことが出来ます。

質問や会話は相手の関心を探るため

もし相手に関してのリサーチがそこまで出来ていないなら、自分が興味があることをLINEで送るのもいいでしょう。それに対してのリアクションで、相手がどんなことに興味があるのか分かりますし、「どこか行ってみたいところとかある?」などと質問することもできます。

目的をデートにすることで自然とスマートなやり取りに

彼女の作り方で重要なのは、LINEの目的設定にあるといっても過言ではありません。仲良くなることを目的にしてしまうと、だらだらLINEが続いてしまったり、適当なタイミングで切られてしまうかもしれません。最終的にはデートに誘うことをLINEの目的にしましょう。

LINEでうまく話せない?あくまでも「簡潔に」が正解!

LINEでうまく話せない?あくまでも「簡潔に」が正解!

LINEをし始めてから意識したいことは、先ほど述べたデートに誘うことをゴール設定にすることもありますが、なるべく簡潔にやり取りすることも重要です。

長くやり取りを続ければ良いというわけではない

デートなどをして仲良くなってからは、たまに長いLINEをするのもいいでしょう。しかし、それまでは簡潔に抑えるのがおすすめです。
その理由としては、長文だと重いと思われるからです。LINEでは返すのがめんどくさいと思われてしまうのは致命傷です。

長文でLINEが来たり、通知が多すぎると返すのがめんどくさいと思われてしまいます。重い人やめんどくさい人と思われないように、LINEは3行ほどを目安に送るようにしましょう。

簡潔でも適度なスタンプや顔文字で好印象

しかし、あまりにも簡潔にしすぎてしまうと、今度は愛想が無い、淡白、つまらないなどと思われるかもしれません。
LINEのスタンプを使ったり、文末に絵文字や顔文字を入れるなどして、簡潔ながらも無愛想と思われないように工夫するのが重要です。

目的をもって、悪印象なやり取りを無くすことから

彼女の作り方を意識しながらLINEをすることで、送るべき内容やタイミングなどが自ずと見えてきます。
まずは、簡潔なやり取りとデートに誘うことを意識しながらLINEをしましょう。

紳士なLINEのやり取りでデートにつなげよう!

LINEは便利なツールである一方で、彼女の作り方を意識しながらだと送る内容やタイミングなどに気を配らなければいけません。

しかし、意識さえすれば、すぐにデートをすることは可能でしょうし、彼女を作ることも難しくないでしょう。LINEはデートのきっかけにもなりますから、重要なポイントを意識しながらLINEを送り、彼女を作るための一歩を踏み出しましょう。

タグ一覧へ