【NG集】女性に言ってはいけないワード!【童貞は気をつけろ】

塩水

「口は災いの元」とはよく言います。特に男性は女性に比べて口べたな人が多いです。特に恋愛ごとに関しては、女性側も神経を尖らせていることが多いので、うっかり口にした言葉が女性の癇にさわってしまうことも!特に経験のない童貞は気を付けよう!いわゆるプレイボーイと呼ばれる人たちと違い、童貞はそもそもの経験値が違います。人それぞれ地雷は違いますが、経験値がないと地雷を踏む確率は上がります。最低限の「絶対言ってはいけない言葉」を覚えましょう。

女性は感性の生き物

女性は感性の生き物

「女性は感性、男性は理性」とは昔から言いますが、これはあながち間違いでもありません。女性は感受性豊かで、こと恋愛の当事者になると嬉しくなったり悲しくなったり、コロコロと感情が変わります。これは変えたくて変えているわけではなく、自然とそうなってしまうのでどうしようもないことです。

恋愛をするとなると、この感受性豊かな女性たちを相手にしないと始まらないわけですが、恋愛経験の乏しい童貞にとっては、関係が進むにつれて言葉による「地雷」を踏んで怒らせてしまう確率が上がってきます。言葉による地雷は踏んだら最後、関係や相手の機嫌が戻るまで時間を要したり、最悪関係修復が見込めないことがあります。大事な恋人を失わないよう言動には気を配りましょう。

怒らせてしまった失敗談

女性を怒らせてしまった体験談として多く挙がるのは、無神経な一言で怒らせた経験でしょう。男性は、どんどん恋愛関係が深まるにつれてパートナーの女性を自分の「所有物」と思い込む傾向があります。そのため出会った頃は優しく思いやりを持って接していたはずなのに、恋人になり自分の物だと思った途端、安堵や優越感から雑な応対をするようになります。

この状況にならないことが一番良いですが、もしこのような状況になってしまうとマズイです。まず「好き」という感情を持っているとしても横暴な対応をされればイライラや悲しみが女性には溜まっていきます。この蓄積された不満はささいなことで弾けます。このささいなことと言うのが、男性の無神経な一言です。

要注意のセリフ!

要注意のセリフ!

意外かと思いますが、女性に対して「お前」と呼ぶのは要注意です。
普段何気なく彼女のことを名前ではなくお前と呼んでいる人がいるかもしれませんが、すぐ止めてください。「お前」とは、パートナーのことを所有物だと勘違いしているからこそ出てくる言い方です。彼女は物ではありません。逆の立場であなたが「お前」と呼ばれたらどう思うでしょうか。大多数の人が嫌な思いをするのではないでしょうか。それでなくとも「所有物」として雑に扱われている女性にとってその呼び方は、敏感に反応してしまうポイントになってしまいます。

勘違いが大きなことになる!

「女はすぐヒステリーを起こす」と嘲笑する人がいますが、基本的に最初からヒステリーを起こす女性はいません。
ヒステリーはそこまでの蓄積が爆発した結果引き起こされるものです。ヒステリーの原因は、身体的にも精神的にも女性の関わる事柄によって溜まっていくストレスです。
ストレスは男性にも溜まりますが、恋愛に関してのストレスはどうでしょうか。恋愛初期はお互い楽しさが勝っているので気になりませんが、時間が経ち恋人関係が当たり前になってきた頃に男性は女性を「所有物」とみなします。

男性は好き勝手雑な態度を取るのに対して、女性は「好き」という感情だけを支えにその態度を甘んじて受け入れる傾向があります。横暴な対応を受け入れるのは酷で、だんだんとストレスが溜まり、許容量を超えたとき、ヒステリーが起きます。「どこか別のところでストレス発散すればいいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、発散したそばからストレスを与える存在がいるのでは意味がありません。
そんなストレスを与える存在にならないよう、少しだけ注意して女性と接してみて下さいね。

タグ一覧へ