【童貞でもできる】告白の時使えるセリフ

Boy.公式

告白って難しいですよね。しかし彼女を作るためには通らなければならない道!ここで男を磨けるチャンスなのです!
童貞卒業には、越えなければならない壁があるのです。その先の未来では、彼女となった女の子との楽しい日々が待っています。
告白が苦手なあなたのために、いざという時使えるセリフを紹介します!
女性は、言葉ではっきりと好きだと伝えられることが嬉しい生き物です。あなたの誠意はきっと伝わります。
好きな女の子がいるあなたは、これで即実践してみましょう!

彼女を作るために必要な事、「告白」

彼女を作るために必要な事、「告白」

童貞を卒業したいのであれば、やはり彼女に作る必要があります。彼女をつくるために必要なことはやはり告白と言えます。
この言葉と聞くと、どのようなものがよいのか、何を言える成功率が当たるのかと考えてしまう人もいることでしょう。
告白をするための言葉はしっかりと考えた方がよいと思う人がいるかもしれませんが、もちろんのことその言葉は適当であってはいけません。

しかしどのような言葉を使うのかはそこまで重要ではなく、長いセリフを考えるよりも、もっといろいろなことが必要であるとも言えます。
言葉で結果が変わるものではなく、言葉を考えれば考えるほど気持ちが伝わるものではありません。
成功させるためにも、何が必要であるのかを今一度確認する必要があるでしょう。

苦手ならセリフを用意しよう!

苦手ならセリフを用意しよう!

告白をするのであれば自分の素直な気持ちを相手に伝えることが大切ですが、童貞であればどのようなことを言えばよいのかと頭を悩ませることでしょう。
その時の気持ちを素直に話すのもよいですが、意中の相手を前にすれば、目の前が真っ白になって、結局は伝えたいことを伝えられずに失敗してしまう可能性があります。

童貞であればこの点についてはなおさらと言えるでしょう。もしも告白が苦手だと感じているのであれば、セリフを事前に準備することも一つの手段といえます。
実際に成功した人のセリフを参考にして、自分なりの言葉に変えて相手に伝えてみましょう。セリフを用意しても、それが棒読みになってしまっては失敗に終わってしまうことがほとんどです。セリフを参考に、自分の気持ちを伝えることが何よりも大切です。

告白で使えるセリフ

告白で使えるセリフ

気持ちを伝えるセリフについては、相手に伝える際のシチュエーションによっても変わるでしょう。母性をくすぐられるような告白をしたいのか、ロマンチックなものを求めるのか、一言で男らしく決めたいのかなど様々です。もしもロマンチックなものを求めるのであれば、「来年の誕生日も再来年もずっと一緒に誕生日を祝っていきたい」などのような言葉がお勧めです。特に夜景の見えるきれいな雰囲気の場所を選べば、告白の成功率も上がるかもしれません。また童貞でも男であれば男らしく決めたいという人もいるかもしれません。その場合には「ずっと好きでした」「付き合ってください」「彼女になってください」などのようにストレートに気持ちを話すことも一つの手段といえます。

バシッと伝えて告白を成功させよう!

やはり告白をするのであれば、男であればバシッと伝えて成功させたいものです。
しっかりと伝えることが、童貞を卒業する一つのチャンスにもなることでしょう。ドキドキして伝えにくいと感じることもあるかもしれませんが、このようなことが積み重なれば、相手が脈なしと判断して他に気持ちを乗り換えてしまうかもしれません。
反対に告白しようかどうか迷ってる様子が見られれば、相手からは頼りなさそうなイメージを持たれてしまうことでしょう。男であればバシッと伝えることが大切であり、ここで失敗を恐れていてはその先に進むことはできません。男らしさを感じさせて、その後の印象が良くなる可能性もあります。いざというときには、今一度踏み出す勇気を持ちましょう。

タグ一覧へ