【童貞目線】ぽっちゃり好きの主張も聞いてあげて!

Boy.公式

巷にはデブ専やぽっちゃり好きという、特定の趣向があります。非常に濃いジャンルで、ぽっちゃり~でっぷりまで、さまざまな階級が存在しています。
ふくよかな女子向けの雑誌では『マシュマロ女子』なる造語も誕生し、ますます盛り上がりを見せるぽっちゃり界。分かる人にしかわからない、その趣向とは?

太っている人の叫び

太っている人の叫び

自ら太りたいと思って太る人は多くありません。痩せたいと思いながらも、なにかしら叶わない理由があったりするものです。そこで今回はぽっちゃり女子に、太っているからこその悩みを聞いてみました。

・「服は似合うかどうかじゃなくて、入るかどうかで選ぶ」
・「ダイエットをしようと思うのに、食べること以外のストレス発散が見つからない」
・「太ももの内股が擦れてかなり痛い」
・「夏場は汗との戦い。臭くならないよう、細心の注意をはらいっています」
・「太っていることから自分に自信が持てなくて、恋愛にも積極的になれない」

太っているが故の物理的な悩みと、太っていることによるメンタル面での悩みとがあるようですね。健康に悪影響が出るほどの太り方はおススメできませんが、健康的な肉付きの良さは女性らしい丸みを生み、魅力になることもあります。
ぽっちゃり女子の方々はあまり卑屈にならず、魅力を活かすと考えた方が得策です。『自分に自信が持てなくて積極的になれない』というフレーズは、なんだか童貞とも共通している心理ですよね?まずは自信を持つことが大切です。

ぽっちゃりの魅力とは?

ぽっちゃりの魅力とは?

スレンダーな女性がもてはやされるいっぽう、ぽっちゃり女子を好む男子も一定数存在しています。では、ぽっちゃり女子の魅力とはいったいなんなのでしょうか?その魅力に迫っていきます。

触り心地

ぽっちゃり女子の触り心地は最高です。二の腕や太腿、頬など、脂肪のついたぷにぷに感がたまらなく好きだという男子は多いようです。また、ぽっちゃり女子には肌の綺麗な人も多く、赤ちゃんのような触り心地がたまらないと高評価を得ています。抱きしめた時にもゴツゴツと骨ばっているより、柔らかな抱き心地の方が安心できますよね。疲れた時など、ぽっちゃり女子をギュっと抱きしめるだけで癒されそうです。

親しみやすい

ぽっちゃり女子は明るくユーモアがあったり、優しかったり、親しみやすい人が多いです。ツンとした美人は怖くて話しかけられませんが、親しみやすいぽっちゃり女子なら話しをちゃんと聞いてくれそうです。テレビで活躍するぽっちゃり女子を見渡してみても、明るく・面白く・親しみやすい印象の方がたくさん浮かびます。まあるいフォルムは人に安心感を与えるので、親しみやすさにもつながっているのかもしれません。

太っていることは弱点じゃない

太っていることは弱点じゃない

いかがでしょうか。ぽっちゃり女子の魅力が伝わりましたか?多様化する現代の中で、太っていることはけっして弱点ではありません。それも1つの個性なのです。触り心地が良く安心できて優しく親しみやすい、そんなぽっちゃり女子は童貞のガチガチに固まった頑なな心を、そっと優しく包み込んでくれるでしょう。

デブ専の体験談

最後に、ぽっちゃり女子をさらに進化させたでっぷり女子がお好みの男子たちの体験談をご紹介します。

・「彼女の太腿で膝枕をしてもらうのがたまらない。至福の時」
・「いっぱい食べるので、いっしょに食事をしていても楽しい。自分もたくさん食べるので食べ歩きによく出かけます」

幸せな声が上がる中、こんな悲しい声も。

・「騎乗位が辛い。押し潰される」
・「たくさん食べるので、食費がかさむ」

メリットとデメリットは表裏一体のようです。それでもあまりある魅力を携えたぽっちゃり&でっぷり女子たち。今回はその魅力について、ご紹介しました。

タグ一覧へ