【童貞卒業へのアクションプラン】男同士でもいいのでまずは飲みに行こう!

Boy.公式

飲みは大事なコミュニケーションの場!しかし、飲みの場が苦手だったりスマートな飲み方がわからなかったりする方、けっこういますよね?飲みが苦手な人でもコミュ障の人でも、知り合いを誘ってまずは飲みの場へ行ってみましょう!今回は今さら聞けない飲み屋のジャンルや新手の飲み会について、解説していきます。

飲みニケーションってなに?

飲みニケーションってなに?

そもそも飲みニケーションとは、お酒が飲める大人同士がお酒を飲みながらコミュニケーションをとること。居酒屋や飲み屋などといった場に出向いて共にお酒を飲むことで、酔った勢いを利用して親睦を深めることができます。パワハラやアルハラ(アルコールハラスメント)といった言葉を聞くようになった現代では、飲みニケーションに良い印象を抱かない方もいるかもしれません。
しかし、そこの童貞のあなた。童貞を卒業したいのであれば、男同士でもいいのでまずは飲みに出かけましょう。家の中でウダウダしていても、彼女はいっこうにできないのです。

今さら聞けない飲み屋のジャンル!

今さら聞けない飲み屋のジャンル!

飲み屋とひとくちに言っても、さまざまなジャンルの店が存在しています。なんとなくは知っているけど……そんな飲み屋のジャンルをおさらいしましょう。

居酒屋

飲みの王道、居酒屋。「飲みに行こうぜ!」となったら、一番利用頻度が高いのが居酒屋ではないでしょうか。座りながらお店独自のお酒や料理を楽しめます。個人で経営されているようなアットホームな小料理居酒屋から、チェーンで展開されているような大型店まで、さまざまな種類が存在します。

バル

食堂とバーが一緒になったような飲食店で、スペインやイタリアなどの南ヨーロッパにおいては酒場、喫茶店のことを指します。ビールやワイン、珈琲などのドリンク類や、タパス、ピンチョスといった手軽に楽しめるおつまみを提供しています。

立ち飲み屋

座って飲食するスタイルのお店が多い中、こちらはカウンターやテーブルに立って向かい合い飲み食いするスタイル。回転率が高く、気軽に飲みに入れるのが魅力です。オーダーは前払いのセルフ式なこともあります。

角打ち(カクウチ)

角打ちの本来の言葉は「酒を升で呑むこと」を指していたのですが、いつからか「お酒を販売する酒屋で酒を立ち呑みする」という意味で使われるようになりました。東北では「もっきり」と呼ばれることもあるようです。

BAR(バー)

スポーツバーやダーツバーといった大人数で娯楽を楽しめるバーや、料理の提供も行うダイニングバー、アルコールを1杯ずつ提供するショットバーや格式高いオーセンティックバーなどがあり、日本で「バー」と呼ばれるお店はショットバーやオーセンティックバーを指すことが多いでしょう。他にも音楽を楽しむジャズバーやエンターテイメントを楽しめるマジックバーなど、様々な種類が存在しています。

スナック

カウンター越しにママと呼ばれる女性が接客をしてくれるスタイルのお店。アルコールを飲みながらカラオケをしたり、ママとの会話を楽しむことができます。キャバクラなどに比べ、ママや女性スタッフの年齢層が高めなのも特徴です。

ラウンジ

ソファやボックスシートの中で女性スタッフやママが接客してくれるスタイルのお店。利用客は比較的年齢層が高めで、落ち着いた雰囲気が特徴です。接待などで使われることも多くあります。

クラブ

クラブは会員制をとっていることが多い高級飲酒店。ホステスと呼ばれる女性が男性客の隣に座って接客をしてくれます。

キャバクラ

スナックなどと比べて若い女性スタッフが多く在籍する、カジュアルな雰囲気の接客を求める男性向けのお店。時間制でサービスを行う形態になります。

飲み会はネットで募集している

飲み会はネットで募集している

最近では飲み会のメンバーをネット上で探すことができる、コミュニケーションサポートサービスが登場。1対1のサシ飲みから大人数の飲み会、合コンまで、さまざまな飲み会を募集することができます。飲みたいけど、飲む相手がいない……そんなあなたも、これでもう安心ですね。飲みニケーションを通じて、新しい飲みの場をゲットしましょう。

飲み友達を作ろう!

そこの童貞のあなた。童貞を卒業したいのであれば、まずは飲みに出かけましょう。男友達と立ち飲み屋に行って隣の女子に声をかけてみるのもよし、バーで常連さんにお酒について教わるもよし、サイトの飲み会募集に参加してみるもよし。まずは飲み友達を増やして、童貞卒業へ向けアクションを起こしましょう。

タグ一覧へ