別れて初めて気づく彼女のいない寂しさ…。失恋を引きずる寂しい男の特徴5つ

Boy.公式
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

いつも一緒にいて心の支えだった彼女との別れは寂しいものです。
しかし、それを引きずり続けていては自分にとっても、また別れた彼女にとっても良いことは何一つありません。
ついつい失恋を引きずってしまう方の特徴をチェックしてみて、別れた後の自分に当てはまらないかどうかを見ていきましょう。

彼女との別れの原因は何?

彼女との別れの原因は何?

別れの原因を考え、別れた後に悩み続けている方もいます。人との関係は簡単に割り切れるものではなく、特に大切な恋人であればなおさらです。しかし、それに引きずられてしまう事で自分の生活が成り立たなくなるなど、不幸になってしまってはいけません。2つのポイントに当てはまっていないかチェックしてみましょう。

まず1つ目が、はっきりした理由があってもいつまでも納得できないでいる男性です。長期の旅行や留学という事で、遠距離恋愛になることを考えて、一度別れを決めるというケースがあります。相手に心が残っているほど納得できないこともあるでしょう。それでも、新しい場所で二人とも自分らしくやっていくためには別れが必要なこともあるのです。割り切って、次に会うときにもっと素敵な自分になっていましょう。

2つ目が、理由がわからない場合です。いつの間にかLINEで連絡が来ない時期が続き、別れたことすらはっきりしないという事もあるでしょう。そのようなときには一度顔を合わせて話してみる時間を持つことが有効です。うざいと思われても、次へ進むためには必要なステップです。

彼女の好きなところをもう一度思い出そう

彼女の好きなところをもう一度思い出そう

別れ際や別れてしばらくは、相手のことが嫌いになっていたり、良く思えなくなったりという事も多いものです。だからこそ関係を解消するわけですが、相手を恨み続けていては先へ進むことが出来ません。嫌なところだけを思い出すのではなく、良かったことについても思い出してみましょう。ここでは陥りがちな2つのポイントに注意しましょう。

1つ目が、女性すべてに嫌悪感を抱いてしまうという事です。付き合っていた彼女はあなたを傷つけたかもしれませんが、すべての女性がそうとは限りません。そこで女性を嫌いになってしまうと、次の恋愛に進めなくなることもあります。こうしたことはできるだけ避けていきましょう。

2つ目は強がってしまい、彼女や周りを傷つけてしまうという事があることです。うまくいかなくなり何も言わなくなったまま別れてしまったという場合、お互いに良い感情を持ちにくいかもしれません。周りにもあたってしまうことがあるでしょう。それでも寂しい時にサインを出せば、助けてくれる人はいるかもしれないのです。

自分にも直せるところがなかったか

最後に振り返ってみたいのが、相手を責めるだけではなく、自分にも悪いところや直せるところがなかったかという事です。どうしても自分にとって不満が残る別れ方をすると、相手を責めてしまいがちになりますが、その姿勢は周囲から見ても良くありませんし、今後の恋愛でも同じような失敗をしてしまう可能性もあります。

特に悪いことをしていなくても、彼女ときちんとコミュニケーションをとれていたでしょうか。一つ一つの言葉の伝え方は思いやりのある物だったでしょうか。忙しいからといってLINEの返信を放置していなかったでしょうか。そういったことを振り返っていくと、彼女だけが悪かったわけではないことに気が付くこともあるのです。

こうした別れから学べることは、次のお付き合いや今後の人生に活かしていくことが出来ます。失恋をただの悲しい思い出にするのではなく、次への成長の一つのステップとしてとらえていくことで、大きな意味のある経験と出来るようになるでしょう。

戻れない関係もある…失恋を次に生かそう

彼女に未練があり、そばにいて欲しいと泣く日もあるでしょう。しかし、いつまでそうしていても元の関係に戻れるわけではありません。ここで学んだこと、気が付いたことを次に生かしていくことで、本当の恋愛につなげることが出来ることもあるのです。以前の自分や恋愛を否定するのではなく、より良い恋や人生のために前向きにとらえていきましょう。

この記事を書いた人

Boy.の公式アカウント

記事一覧

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ