彼女と友達の違いは?男女が恋人に求める違いを徹底解剖~あなたは本当に彼女が欲しいのか~

Boy.公式

恋人と友達の境界線は、非常に微妙な部分がありますよね。一度も交際を経験していない男性陣にとって、彼女という存在は未知の生物と類似しているのかも知れません。そこで、今回は恋人の意味・定義について調べた結果をまとめ、彼女とはどのような存在であるかを解説しますね。「彼女が欲しい」と思っている方々は要チェックです。

彼女はいらない?恋人になって良かったエピソードまとめ

彼女はいらない?恋人になって良かったエピソードまとめ

2015年頃から、女性との交際に対して抵抗を持っている若年層の男性が増加し、テレビやインターネットで話題になっていますよね。しかし、恋人関係を謳歌している男性のエピソードは、インターネット上に散見しています。

某大学に通っていた男性Aさんは、女性の心理が理解できず、交際を諦めていました。大学2年生の冬、同人イベントで1人の女性と知り合ったことによって、交際を意識し始めています。共通の趣味を持っていた2人は直ぐに意気投合し、恋人同士になりました。交際を契機に、社交的な性格に一変し、友人や仲間が増えています。

Aさんは恋人の存在がきっかけで生活が激変しましたが、会社員のBさんは考え方が変化していますよ。Bさんは、長年にわたって友達と彼女の明確な違いが分からず、彼女の必要性を感じていませんでした。24歳の春に友達の紹介で1人の女性と出会い、自分の本音を吐露できる人物を見つけました。彼女が心の支えになってくれることを知り、恋人との時間を満喫しています。

男性にとって恋人とはどういう存在か

男性にとって恋人とはどういう存在か

男性にとっての彼女とは、「一緒に時間を共有したい」と感じられる異性を意味しています。対面して話し、その場の雰囲気を共に楽しめる相手でなければ、交際に発展しにくいです。そもそも男性はオスの本能が働き、メスである女性を独占しようとする傾向があります。そのため、「会いたい、触れたい」という衝動が抑えられなくなる相手こそ彼女に相応しい人物と言えるでしょう。

また、男性は女性の全体を見て、自分の理想の女性像に合致するか否かを見極めていますよね。実際、ルックスのみに惚れ込んで交際を継続している方は少ないです。顔・体型・雰囲気などを総合的に判断すると共に、性的欲求を満たしてくれる可能性の有無を分析しているケースが一般的です。

尚、大半の男性は、「この女性が人生のパートナーになる相手だ」という覚悟を決めて、交際をスタートさせています。複数の女性と交際しているプレイボーイは、とても珍しいです。彼女が複数いる場合、どこかで綻びが生じ、トラブルに発展しかねません。彼女の明確な定義はありませんが、中途半端な関係の相手を彼女とは言い切れないでしょう。

女性にとって恋人とはどういう存在か

女性にとって恋人とはどういう存在か

女性は男性と異なる感覚を持っており、彼氏の意味・定義は彼女と同一ではありません。女性にとっての彼氏とは、自分自身の全てを受け入れて、温かく包み込んでくれる人物です。女性は精神的な強さを兼ね備えているものの、男性のような度胸や体力を保持していないケースが一般的です。そのため、包容力や経済力を男性に求めるところがあります。

例え、恋人と遠距離になったとしても、こまめに連絡が入ってくれば彼氏に対する気持ちが冷めにくいです。女性が交際を判断する際には、精神的に支えてくれる人物であるか否かが決め手となっていることが多いでしょう。因みに、女性は身体の1箇所に着目する傾向があります。鍛え上げられた筋肉や端整な顔立ちなど、自身のフェチシズムに合致するパーツを持っている男性に対し、好奇心や興味を持ちやすいです。

但し、コミュニケーションをスムーズにとれなければ恋愛の対象にはなりません。恋人同士の関係を成立させるためには、一緒に会話を楽しんで互いをリスペクトできる関係性が必要ですね。

男女の違いを知ってアプローチをしてみよう

男性と女性とでは、恋人に求めるものが違います。男性にとっては嬉しい言動であったとしても、女性が不快感を示す場面は多々ありますよね。男性・女性、それぞれ考え方が異なる異性であることを理解しておかなければ、アプローチの効果を得にくいです。実際、男性が試行錯誤したプロポーズの演出に女性が全く感動しなかったケースは多いです。気になる相手の趣味や嗜好だけでなく、性別ごとの特質を把握しておきましょう。

タグ一覧へ