彼女に嫌われた!それとも愛情の裏返し?分かりにくい女性の本音と原因を探る方法

Boy.公式

彼女に嫌われたかもしれないという時には、必ず原因があります。無理に嫌われたくないと気を遣い過ぎたり、喧嘩をしても自分から仲直りしたくなったり、また別れても原因がわからずに復縁したいと思うのも男性の方です。彼女の不機嫌は、日頃の些細な不満が原因になっています。その原因を理解して、言葉にして謝るのが良いでしょう。

直接の原因、間接的な原因の2つがある

直接の原因、間接的な原因の2つがある

彼女に嫌われたような気がして、もしかしたら別れるかもしれないと不安になっている場合、思い当たる節はないか考えてみましょう。別れの危機を迎えたとき、その原因には直接の原因と間接的な原因があります。

直接の理由として、気持ちがはっきりしていないまま付き合い始めて、やはり付き合ってみても好きにはなれなかったという女性側の気持ちです。他にも、性格の不一致やお互いの気持ちの温度差などもあるでしょう。また、自分自身が彼女と付き合う前に比べて、付き合い始めた途端に態度が急変してしまったというのが原因になっている可能性もあります。

間接的な原因は、彼女にほかに好きな男性が出来たという理由が挙げられます。彼女が、自分と付き合う前に好きだった男性のことが忘れられないなど、自分ではどうすることも出来ない理由が間接的な原因だといえるでしょう。この場合、彼女にとってお互いを尊重し合える理想の付き合いではなかったということになります。

きっかけはちいさいこと。実は日頃の不満だった?

きっかけはちいさいこと。実は日頃の不満だった?

彼女に嫌われたのではないかと思う理由は、些細なきっかけが絡んでいることがあります。日常生活によくありがちな不満が募って、彼女の態度が冷たくなるのです。男性が原因となる女性が不機嫌になる理由は、主に彼女のことをよく理解していないところにあります。女性は、自分の気持ちを理解してもらえないと「私には興味がないのかも」と思い、心が離れていくのです。

また、女性のことを軽く見下したような態度をとっても、女性には嫌われてしまいます。他人に対して、彼女のことを「コイツ」というような呼び方をするのはタブーです。その時に彼女が何も不満を言わなかったとしても、調子に乗ってこのような発言をしていると、彼女の不満は募っていきます。

彼女に対して、日頃から曖昧な返事をするのも優柔不断だと思われ、嫌われる原因になるのです。彼女の言葉にはしっかりと耳を傾け、例えば、デートの行き先なども、はっきりと自分の意見が言えるようになるのが良いでしょう。

謝り方を間違えないで

謝り方を間違えないで

男性の態度に彼女が不機嫌になるのは、裏を返せば愛情表現だともいえます。彼氏が自分のことをちゃんと見てくれていない、会話をしても曖昧な返事しかしてくれないなど、相手を思えばこそ腹を立ててしまうのです。彼女を怒らせてしまったときは、言葉にして謝るのが良いでしょう。

しかし、謝り方を間違えてしまっては、余計にこじれる原因となります。謝る時には、まず自分の言動を振り返ってみて、何が原因だったのかを考えてみる必要があります。また、自分の性格のどのようなところが原因になっているのかを考えてみましょう。その上で、お互いに傷付かないように解決する方法を考えるのです。

謝る時には、まず「ごめん」という言葉から始めましょう。「ごめん」の一言もなしに、いきなり解決策から話し始めると、言い訳をしているように取られてしまいます。率直に謝罪をしてから、ゆっくりと話し合う時間を設けて解決していくようにしましょう。そして、相手がどんなに機嫌が悪くても、感情的になってはいけません。

日頃からコミュニケーションを

彼女が不機嫌になってしまうのは、日常の些細なことが原因になる場合が多いのです。そうならないためには、日頃からしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。自分の気に入らないところも、会話があればすぐに分かり合えることが出来ます。お互いに、不満を溜め込まないようになんでも話し合える仲でいられるのが、女性の本音と向き合える秘訣です。

タグ一覧へ