彼女が泣くのは心を開いている証拠…?女性が泣くときの心理とベストな行動とは

Boy.公式

かわいい彼女が泣いてしまった…。何もできずにただ茫然とする、ひたすら理由を聞く、ただ頭をなでてあげる…。どんな行動が正しいのでしょうか?

実は、女性が鳴くのに特別な理由は無いことも多いです。女の涙は汗と同じようなもので、特に理由にこだわる必要はありません。あなたが責められているというわけでは無いですよ。

ただ、そんなときになんで泣いているのとは言わない方がいいでしょう。彼女はそんな言葉を期待していないからです。ここでは、女性が泣いてしまう理由からそんなときの男性の行動までを解説していきます。

涙は女の汗。責めているわけではない

涙は女の汗。責めているわけではない

すぐ泣く女性はプレゼントでも涙します。また、泣いていると思ったらすぐに怒りだしたりしています。
彼女は情緒不安定なのかと思う人もいるでしょうが、女性は感情の起伏が大きく、そうすることで自分の気持ちを確かめる傾向にあるのです。そんな時、感情は高ぶっているように見えても判断は冷静にできることが多いです。

また、責められていると、自然と涙が流れてしまう人もいます。これも直接的な原因は無く、暗にあなたに降参を求めているというわけではありません。涙が落ち着くのを待ち、ゆっくりと話を聞けば大丈夫です。
そうとは分かっていても、涙に弱い男性にとってはずるいと感じるかもしれませんね。

しかし、涙が汗と分かれば対処法も変わるでしょう。彼女のことを理解することが重要なのです。涙を流したからといって終わらせずに、最後まで話し合えば理解度が高まります。ただ、どのような状況であっても、彼女を責めずに優しく話を聞くことが大切です。流した涙のおかげで話を聞くことで、二人の理解を深めるきっかけになるのです。

理由はあってないようなもの。泣いた理由にこだわらなくてOK

理由はあってないようなもの。泣いた理由にこだわらなくてOK

彼女の涙には理由がないことも多いです。例えば、仕事が忙しくて彼氏に会えて、安心して泣いてしまうことがあります。涙の理由を考えていけば、無数に出てくるのでこだわらないことが大事です。

ただ、涙を流している彼女をめんどくさいと考える人もいるでしょう。それであれば、泣いている彼女の涙が止まるまで待つといいです。理由なく泣いているのであれば、短い時間で泣き止みます。それから次の行動に移れば、スムーズに動けます。理由を訪ねずに、涙が止まるまで待つだけです。

また、サプライズに対して彼女が泣く可能性もあります。その時も同じように、涙が止まるまで待ってから、次の行動をします。泣いているときには、なかなか次の行動を取れないでしょう。それであれば、泣いている時間は動かないと決めると、男性は行動しやすいです。他に、彼女が泣いても、動揺しないことが大切です。彼氏が動揺すると、彼女は元に戻りにくいです。彼女が戻りやすいように環境を作って上げることが大事です。

「何で泣いたの?」じゃなく「どう感じたの?」

「何で泣いたの?」じゃなく「どう感じたの?」

彼女が泣いたときには理由を聞かないことが大事です。聞いても明確な理由がないことがありますし、彼女自身が分からないこともあるからです。

言葉で説明してもらうなら、どう感じたかを聞く方が重要になります。どのような気持ちになったかを聞くことで、彼女がどのような状態だったかを知ることができます。特に辛いことがあったときの涙であれば、聞くことで辛さが軽減することがあるのです。ただ、彼女自身が分からないことがありますので、感じたことを聞きましょう。

苦しかった、楽しかった、辛かったなどの感情が分かれば、喜怒哀楽のどこに彼女がいるかが分かります。それで彼氏としては行動が決められるでしょう。また、感じたことが分かったら、次にどうしたいかも聞いておきます。気分を変えることは彼氏の役割です。話を聞いてほしいのか、気分転換をしたいのか、それによって行動を変えましょう。心配する必要はありませんが、彼女を優先した行動を取ることが大事になります。

泣いたことにこだわらず、話を聞いてあげると女性は安心する

彼女が泣くことに理由はありませんし、深い意味がないことが多いです。話を聞いてあげるだけで安心するでしょう。また、理由を聞いても明確に答えることができないかもしれません。

寄り添うだけでも彼女としては心強いのです。涙する彼女に対して、彼氏の行動としては感じたことを聞くことが重要です。それが分かれば次の行動が取れるからです。涙する彼女を特別心配する必要はありませんが、一緒にいてあげましょう。

タグ一覧へ