彼女が風邪でダウン…。喜ばれる差し入れと看病の方法は?愛情が増えるポイントも忘れずに!

Boy.公式

愛する彼女が、風邪で高い熱を出していると知ったら誰でも心配しますし、看病に行く方がほとんどでしょう。しかし、いざ心配で看病しに行ったは良いものの、どうやって看病すれば良いかわからないと言う方も多いでしょう。そこで、今回は彼女が熱を出した時の看病の仕方や、LINEメッセージの送り方についてご紹介します!

看病の流れ

看病の流れ

愛しの彼女が風邪で苦しんでいると聞いたら、ほとんどの男性が看病しに行って彼女に会いたいと思うでしょう。看病の流れとしては、まず彼女に何か欲しいものがないかどうかを尋ねます。多くの場合、消化の良い食べ物や栄養ドリンクなどを買ってきて欲しいと頼まれますので、すぐに買ってきて差し入れしてあげましょう。

また、彼女から「大丈夫」など何も欲しいものを言わない時は、看病に来て欲しくないというメッセージの場合があります。彼女が苦しんでいるときに、会えないなんて辛いと思う方が多いでしょうが、彼女側からすると、コンディションが悪い中でデートの時のように駆け引きを楽しめない、などの理由があります。本当に彼女のことを思うなら、気持ちを察してあげてそっとしておくのが無難でしょう。

お見舞いにきて欲しくないと彼女から伝えられた場合は、その日は様子を見て、回復し始めた頃にお見舞いに訪れると良いでしょう。この時に、差し入れを持っていくと彼女が喜ぶ可能性が高まりますのでオススメです。

気の利く差し入れとは?

気の利く差し入れとは?

ホットドリンクは簡単で美味しい♪

差し入れと聞いて、一番に思いつくのが食べ物でしょう。そこでおすすめなのが、ホットドリンクです!
ホットドリンクは、料理に不慣れな男性でも簡単に作ることができ、なおかつ彼女の体調回復にも効果があります。凝った料理を作らずとも、愛情を込めて作ってあげるという対応が彼女のハートを鷲掴みにします!

加湿器で喉とお肌のケアができる!

また、加湿器も差し入れとして彼女から喜ばれるアイテムです!風邪でダウンしていると、どうしてもお肌の手入れがおろそかになり、肌荒れの原因となってしまいます。
そんな時に、加湿器を持ってきてお肌のケアまで考えてくれると、彼女から絶大な信頼を得ることができるでしょう!加湿器以外にも、濡れたタオルを部屋に干すだけでも対策となります!

一番効果的?そばで言葉をかけてあげる

これらの差し入れをしたにも関わらず、どうしても熱が下がらないという場合は、長い時間彼女のそばで言葉をかけてあげましょう。心身ともに弱っている彼女にとって、優しい言葉をかけてくれる男性はとっても魅力的に移ります!言葉をかける際は、とってつけたような嘘は言わず、なるべく本心から出る言葉をかけてあげてください!

労う気持ちだけでうれしい

労う気持ちだけでうれしい

風邪を引いてしまうと、体調が悪くなるのはもちろんですが、メンタル面でも弱くなってしまい、不安や恐怖を感じる女性が少なくありません。女性にとっては、彼氏が労いの言葉をかけてくれるだけでも非常に嬉しいと感じています。ですので、彼女が風邪を引いたと知った時は、慌てて看病に駆けつけるのではなく、まず優しく労いの言葉をかけてあげると良いでしょう。

労いの言葉をかけた上で、「何か欲しいものはある?」や「食べたいものある?」など要望を聞いてあげます。この時、一方的に差し入れを持って行ったり、勝手に看病しに行ったりするのは避けましょう。看病に行く際は必ず彼女から許可を得てから行くようにしてください。

また、看病しに行った際に、無理して自分ができること以上のことをする必要はありません。背伸びしてやろうとすると、かえって彼女に迷惑がかかるおそれがあるからです。自分ができる範囲のことを、全力で彼女のためにしてあげることが、彼女にとって最大の看病になりますよ。

ツラい時ほど支え合える関係に

自分が苦しい・辛いと感じている時に、支えてくれる相手を彼女は欲しています。大切なことは、お互いを思いやり、支え合える関係を築くことです。お互いが良い信頼関係を築くことで、その後の共同生活でも2人で乗り越える力をつけることができます。この記事で取り上げたポイントを大切に、彼女が寝込んでしまった時の助けとなってあげてくださいね!

タグ一覧へ