彼女に嫉妬させたい…!!クールな彼女もかわいく嫉妬しちゃう心理と禁断の方法

Boy.公式

彼女が嫉妬しないという理由で悩んでしまう男性もいます。嫉妬されないほうが楽だと感じる人もいる一方で、彼女がいつもクールだと愛されている実感がないという理由から嫉妬してほしいと考えてしまう場合もあるのです。クールな彼女を嫉妬させる方法を実践すれば、かわいく嫉妬する彼女を見ることができるかもしれません。

ただ嫉妬させるだけではダメ

ただ嫉妬させるだけではダメ

クールな彼女がかわいくヤキモチを焼く姿を見たいと思うのであれば、ただ嫉妬させるだけではダメです。方法を工夫しなければ嫉妬させるどころか、反対に冷めさせてしまう可能性があります。

例えば、わざと過去に付き合っていた彼女を褒めたり、合コンへ行こうとしたりするのは逆効果だと言えるでしょう。元カノを褒めるのであれば「よりを戻せば良いのでは?」と思われかねませんし、人数合わせなどの理由をつけても合コンへ行こうとすれば「他の女性と出会いたいのかな?」と思われてしまう可能性が高いです。そのため、こういった方法はオススメできません。嫉妬させたいと行った行為であることがバレてしまえば、めんどくさいとも思われてしまうでしょう。

ただ嫉妬させるのではなく、彼女にめんどくさいと思われない方法をとると良いでしょう。異性を利用するとめんどくさいと思われやすいので、それ以外の方法が良いと言えます。例えば、新しい趣味を始める、電話をたまに無視するなどがオススメです。他のことに熱中していることが多くなれば、彼女は嫉妬してくれる可能性が高くなります。特にこれまでは彼女優先で行動していたという場合は、彼女を後回しにすると今までより構ってくれなくなったことに対して、かわいく嫉妬してくれることでしょう。

嫉妬してほしい!アピールで愛情が伝わる

嫉妬してほしい!アピールで愛情が伝わる

嫉妬させることも大切ですが、彼女を嫉妬させる際や嫉妬してくれた後は、しっかりとフォローしておくことも大切です。理由も伝えずに一方的に嫉妬させようとする行動だけとっていれば、自分勝手に思われてしまい彼女の心が離れていきかねません。

彼女を嫉妬させるときには、素直に「嫉妬してほしい!」とアピールすることもオススメです。理由がわからず彼女を放置することが増えれば、クールな彼女でも不安を覚えてしまいます。彼女が不安を覚える前に嫉妬してほしいことをアピールしておけば、愛情があるからこその行動だったと伝えることに繋がるでしょう。このように嫉妬はお互いの愛情確認を行うために非常に有効であると言えます。

ただし、「嫉妬してほしい」アピールも度が過ぎては、面倒だと思われる原因の一つとなるでしょう。特に彼女が忙しい時や何か悩んでいる時にこういったアピールをすると煩わしいと思われかねませんので、タイミングを見極めてアピールすることが重要です。

かわいい嫉妬エピソードまとめ

かわいい嫉妬エピソードまとめ

クールな彼女がどのように嫉妬してくれるか想像できないという人も多いのではないでしょうか。例えば、ある男性がギターを購入し毎日練習に打ち込むようになり、彼女への連絡が疎かになったところ、クールな彼女から積極的に連絡がくるようになったというケースがあります。趣味に打ち込んでいたことを知ると、「たまには前みたいに構って」とかわいく嫉妬していたということもあるのです。

また、自分からばかり彼女に連絡しているからという理由で男性が連絡を控えるようになったところ、クールな彼女が嫉妬してくれたという例もあります。理由を伝えていなかったため不安になった彼女から連絡があったようですが、先述した理由を伝えたところ、彼女は安心して、それ以降は彼女からの連絡も増えたそうです。

このようにクールな彼女でもかわいい嫉妬をしてくれる可能性があります。自分の方が好きな気持ちが大きいと思うという男性は、クールな彼女を嫉妬させる方法を実践してみると良いでしょう。

嫉妬もスキンシップの一つ!

クールな彼女は他の異性に対してよりも、あなたが何か別のことに熱中しているときに嫉妬心が生まれやすいと言えます。異性を利用すると嫉妬してもらうどころか、冷めてしまわれる原因となりかねません。

嫉妬した後にフォローを行うことでより愛情を深めることも可能であり、嫉妬はスキンシップの一つだと言えます。上手にクールな彼女を嫉妬させ、お互いの愛情を深めると良いでしょう。

タグ一覧へ