「彼女と結婚を決めてよかった」と思っている男性の傾向とプロポーズの仕方

Boy.公式

そろそろ彼女と結婚したいと思うようになった切っ掛けは一体どのようなものだったのでしょうか。彼女の態度が決め手だったという人もいれば、本命だから手放したくないと感じたなど様々な理由があるようです。「結婚を決めて良かった」と感じている男性の傾向やプロポーズの仕方などをご紹介していきます。

出会う前の傾向

出会う前の傾向

結婚を考える彼女と出会った男性は、それまで本命とは言えない彼女ばかり作っている傾向があります。相手から好意を持たれたから付き合ったという人やどうしようもないぐらい好きかと聞かれるとそこまでではなかったという人が多いようです。男性は女性と違い、恋愛至上主義ではありません。その為、どうしても結婚を意識することが後回しになりがちなのです。もちろん、結婚願望が強い男性もいますが、そう多くはないと言われています。

では、結婚を考えるようになった彼女とはどのようなタイミングで結婚に踏み切るのでしょうか。「彼女しかいない」と思える切っ掛けがあるケースもありますが、多くは「この先も一緒に居たいと思うようになった」と自然な流れがあります。周囲からの反対(特に両親から)があったことが切っ掛けになりより強固な決断ができたという人もいるようです。そんな風に思わせてくれる女性と出会うことができることはとても幸せなことですが、気づいたらそのような存在になっていたというケースはとても多く、出会った当時は結婚相手になろうとは思いもしなかったという人が多いようです。

付き合ってからの傾向

付き合ってからの傾向

結婚を決めて良かったと感じている男性の多くが、彼女から結婚を迫られなかったという結果があります。結婚願望の強い女性であれば、ある程度付き合ったタイミングで、結婚したいという気持ちが出てきます。友人などの結婚ブームなどがあれば感化され、そのたびに結婚を迫られるようになるでしょう。

「結婚してくれないなら別れる」と脅迫まがいの言動まで出てくると、彼女でいいのかという迷いが出てきます。結婚したがる理由が周囲に合わせたいだけだと感じると男性も彼女に対して冷めてしまいます。結婚はお互いが一生一緒に居たいと思った時、自然にそう願うようになるのがベストですが、年齢や環境などによって左右されてしまう部分も否めません。

また、中には結婚したがらない彼女というのもいます。仕事が上手くいっている場合や他に好きな人がいる場合などは、結婚に対して消極的な印象が見え隠れするでしょう。結婚願望が強い方が結婚率が高いのは事実ですが、圧力をかけ続けられることに耐えられない男性も少なくないのです。

結婚の話が出てからの傾向とプロポーズ

結婚の話が出てからの傾向とプロポーズ

結婚を決断したものの、その話が出てから彼女からのプレッシャーが強くなったと感じる男性も少なくありません。特に年上の女性の場合、早く結婚したいという気持ちが出てきてしまう為、焦り方が通常より強いようです。このようなプレッシャーを与え続けられると、結婚したいけど、結婚したくないと感じることが増えてしまい、男性がマリッジブルーになることもあるようです。

特にメンヘラ彼女の場合は、その時々で発言がコロコロ変わってしまったり、感情的になり話し合いがスムーズにいかなくなったりするリスクもある為、結婚するまでが大変というのも事実です。このような彼女へのプロポーズの仕方はドラマチックな演出が効果的。情熱的に伝えるも良し、雰囲気のある場所や思い出の場所などでプロポーズしましょう。プロポーズの言葉はシンプルな方がストレートな感情が伝わります。

結婚を決めて良かったと感じている男性の多くが、プロポーズを受けてくれるか最後まで不安だったというのです。プロポーズが成功したことで結婚を決めて良かったと感じることができ、尚且つ焦りがない彼女であれば不要なプレッシャーを感じずに済む為、男性にとっては最良の伴侶に出会えたと思えるのかもしれません。

相性の良い女性を探そう

結婚観というのが合致していると、結婚を決める際にもプロポーズする際にもスムーズにいくと言われています。例えば、料理上手か料理できない女性どちらが良いか考えた時、料理上手である方が良いと思う男性は多いでしょう。自分が望む奥さん像に合致しているかどうか見極めることが大切です。もし彼女に対して何か違うなと意識するようになったら別れも選択肢の一つかもしれません。

タグ一覧へ