チェイサーって何?お酒なの?【知らないと恥ずかしい!】

Boy.公式

女の子をデートに誘いたいけれど、「デートパターンがマンネリ化してきた」、「もっとデートのバリエーションを増やしたい」そんなことありませんか?たまには普段と違ったワンランク上のデートをしてみてはどうでしょう。

でも、ちょっと大人なお店ってそこまで詳しくないし、お酒の用語を知らないと恥をかきそう…と勇気がいりますよね。もしかしたら「チェイサーはどうなさいますか?」と聞かれてとりあえず水をもらった経験はありませんか?

そんな時、ぜひ「チェイサー」の本当の意味を知って活用してみてください。サラッとお酒をたしなめる大人な男性の一面を見て、普段とは違うあなたの魅力にドキッとするはずです!

チェイサーの本当の意味

チェイサーの本当の意味

皆さんは「チェイサー」と聞いてどのようなものを想像しますか?バーや居酒屋さんで、チェイサーとして水をもらった経験がある方も少なくはないはず。チェイサーと聞いて連想するのは水が一般的だと思います。しかしチェイサーは単に水という意味ではありません!

チェイサーとは本来「chaser」といって追うものという意味の英語です。定義としてチェイサーとは、強いお酒を飲む時、あとを追って飲むものということになります。
つまり強いお酒の直後に飲む、水はもちろん、軽いお酒やジュース、炭酸水など口直しになるものは全てチェイサーということになります。チェイサーとは、口直しの意味合いが重要なのです。

チェイサーの効果

チェイサーの効果

では口直しとしてのチェイサーとはどのような効果があるのでしょうか?
まず、強いお酒を飲んで急激に酔っぱらったり、気持ち悪くなったりするのを防ぐ役割があります。チェイサーを飲むことで酔う程度をコントロールし、お酒の分解を促進してくれます。

さらに、強いお酒にはその分利尿作用があるので、チェイサーには脱水症状を防ぐ役割もあります。
このように、健康面でもチェイサーは役に立つので、お酒が強くない方は上手く使うと楽しくお酒が飲めそうです。
そしてチェイサーにはお酒をもっと楽しむための役割もあるのです。

それはまず、味覚が慣れてしまうのを防いでくれるというもの。チェイサーを飲むことでお酒の味を一つ一つ新鮮に味わうことができます。
さらに、そのお酒と相性の良いチェイサーもあり、味の組み合わせを楽しむというのもこなれたチェイサーの使い方です。

チェイサーの飲み方

チェイサーの飲み方

このように、チェイサーは飲んでいるお酒によって相性の良いものがあります。ここでは健康的で相性の良いチェイサーをご紹介します。
まずチェイサーと組み合わせて飲むのにオススメなのがウイスキーです。水やレモン、炭酸、そして意外ですが甘めのウイスキーには牛乳をチェイサーにするのも相性抜群です。ウイスキーを飲みづらいと感じる方も、飲みやすくなるかもしれません。

次に芋焼酎や日本酒もチェイサーと飲むのがオススメです。どちらも香りが豊かなので、一般的には水と一緒に香りを引き立たせることが多いです。さらに香りの強くない焼酎では、お茶をチェイサーにするのもオススメです。

チェイサーの種類はもちろん温度によってもお酒との相性が変わるので、ぜひ自分好みの美味しい組み合わせを見つけてみてくださいね。

【まとめ】「チェイサーも知らないの?」なんて言わせない!

大人なお店へ踏み出せずにいる方、ぜひチェイサーにチャレンジしてみてはどうでしょう?チェイサーを活用すればお酒の時間、ゆっくりとデートを楽しむことができ、普段とは違った雰囲気のあなたを演出できます。

悪酔いを防ぐだけでなく、お酒をたしなむことの出来る男性というギャップ萌えも狙えそう。さらに彼女に椅子を引いてエスコートしたり、お手洗いに行っている間にお会計を済ませておいたり、そのような気の利くところを見せれば、素敵な雰囲気の中で、あなたをとてもカッコいい男性だと思ってくれるはずです。

友達から発展しない、彼女とのデートがマンネリ化してきているなど、新鮮なデートをしたい方はぜひチェイサーを活用してみてくださいね。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ