女友達、彼女とのLINEの頻度の正解は?彼女との関係別に長続きするための法則を解説

Boy.公式

女友達や彼女とLINEで簡単に連絡の取れる時代ですが、実際どれくらいの頻度で連絡を取るのが正解なのでしょうか。1日中あまりしつこくLINEを送って、重い男だと思われるのも嫌ですし、LINEを送る回数が少ない冷たい男だと思われるのも悲しいですね。
そんな悩めるLINEの頻度はどのくらいがベストなのか考えていきましょう。

付き合う前

付き合う前

付き合う前にLINEを送る際はどれくらいの頻度が良いでしょうか。それは立場によっても異なるかもしれません。

大学生同士の場合、比較的社会人よりは時間に余裕がありますね。そのため、空いた時間に片思いの相手のことを思うことも多く、また片思いの相手と付き合えるようになるために相手にアプローチをかける必要がありますので、LINEの頻度は1日数回送っても大丈夫でしょう。ただし、相手の反応があまり芳しくない場合はしつこく送らないようにしましょう。

一方、社会人同士の場合はどうでしょうか。仕事に追われLINEを見るのも嫌な日もあるでしょう。片思いの相手とLINEでつながりたい気持ちはわかりますが、社会人として相手の状況を思いやるのが大人の男性です。
頻度は少なくても優しいLINEの一言が彼女の心にストレートに刺さることでしょう。社会人になってからLINEの回数が減ったと感じるかもしれませんが、言葉一つ一つの重みを大事に彼女と連絡を取りましょう。

付き合う前のLINEのやり取りは大学生でも社会人でもお互いに思いやらないと難しいかもしれません。大学生は時間がある分寂しいと感じがちですが、社会人側は忙しさのあまり相手を鬱陶しく思うこともあるでしょう。
相手のことを考えて、寂しくても我慢するときが必要ですし、忙しくても相手の話を聞くことが大切です。付き合う前だからこそ相手に甘えるよりも、相手のことを考える優しさを持ちましょう。

付き合い始め

付き合い始め

付き合い始めはどんな立場のカップルもLINEの頻度が高くなる傾向があります。それは相手のことをもっと知りたいと思いますし、自分のことをもっと知ってもらいたいと思うからです。とても幸せなLINEの時間を2人で過ごすことになるでしょう。

しかし、注意すべきこともあります。それは依存しすぎないことです。
彼女からのLINEが来なくて不安になったり、自分と会っていない間や連絡をしていない間の彼女の動向が気になったりして自分のすべきことが疎かにはなっていませんか。彼女との会話も大事ですが、彼女に好きでい続けてもらうための自分磨きも大事です。
出会ったままの男性と出会ってからも素敵に成長し続ける男性であればどちらが彼女の眼に素敵に映るでしょうか。

自分自身のことも頑張りつつ、彼女のことも考えてあげられるそんな男性は彼女の眼にも素敵に映ることでしょう。何度でも彼女に惚れ直してもらえるようにLINEの会話だけではなく自分磨きも頑張っていきましょう。

熟練カップル

熟練カップル

付き合って何年か経ってくるとLINEの回数も減り、内容も事務的な内容になってくることもあるでしょう。1日どころか数日LINEで連絡をしないこともあるかもしれません。それは相手が自分のことをある程度知ってくれていると思うからです。

けれども、「そこまで言わなくても分かるだろう」、「自分が忙しいのを理解してくれているだろう」、「好きだと伝えなくても分かってくれているだろう」などとそんなことを考えてはいませんか。
それは少し危ない状況です。相手への甘えが強すぎると、相手も「自分はもう必要ない存在なんだ」、「会話が少なくなって不安だ」、「愛されているのか自信がない」などと思う回数が増えてきます。

LINEの回数が減ったとしても自分の素直な気持ちを相手に伝えることが大切です。時には「愛している」や「好きだよ」と伝えてみたり、「会いたいな」や「寂しい」と伝えてみたりすると良いでしょう。こんなに長く付き合っているのにまだちゃんと愛してもらえていると相手に伝わることが大切なのです。
しっかり相手に伝われば相手も素直な気持ちを返してくれるでしょう。

会えなくてもLINEで繋がっている

会えなくてもLINEで繋がることができるのはとても素敵なことです。ですが、相手の立場や状況を考えて連絡を取り合わなければ悲しい結果が待っているかもしれません。

LINEでの時間がお互いにとって素敵な時間であり続けるためには相手のことを思いやる必要があります。どんな言葉を相手に伝えたいのかしっかり考えてLINEを送りましょう。
相手のことを思って送った言葉はしっかり相手に伝わります。LINEで素敵な関係を作っていきましょう。

タグ一覧へ