センスの無いダサいペンケースから卒業しよう!女子からの好印象は小物から!

Boy.公式

皆さんはペンケースを持っていますか。普段ペンは一本だけポケットに差しているという人や、そもそも文房具すら持っていない人もいるかと思います。そんなペンケースですが、いざ買おうと思ったときにペンケースなんて何でもいいと思っていませんか?女性は文房具などの小物にもとても敏感です。たまたま見られたときにダサいと思われないようなペンケースの選び方を見ていきましょう。

中学や高校から同じペンケースを使っていませんか?

中学や高校から同じペンケースを使っていませんか?

中学や高校から同じペンケースを使っていませんか?物持ちがいいということは、物を大事に扱っているということなのでとても良いことです。ですが、中学や高校のときのペンケースを使っていても大学はまだ学生なので気にならないかと思いますが、社会人になってからも使っているのは気になるものです。

学生の頃に使うペンケースは、とにかく大容量のものが多いです。ペンや定規、コンパスやはさみ、メモ帳など…移動教室のときにも取りに行く手間がないようになんでもかんでも詰め込むために、最初から大きいペンケースを購入します。学生にとってのこのチョイスは正解です。勉強をするために必要な道具は一ヶ所にあったほうが効率的だからです。ですが、社会人に必要なペンケースには大容量はいりません。社会人ペンケースには、スマートさが求められます。

飽きのこないシンプルなものを選ぼう

飽きのこないシンプルなものを選ぼう

社会人はなにかと仕事ができそうかどうかを判断されることが多くなりますが、これはその人が本当に仕事ができるかできないかではなく、雰囲気で言われることが多いです。実際いっしょに仕事をしている人からはできそうなどという憶測ではなく、できないならできないと断定されるので、雰囲気は関係ないのですが、やはり初対面の人にできない雰囲気を与えてしまうと、結果的に仕事がやりづらい空気になってしまいます。

この雰囲気は、自分の見た目をスマートに変えることで良くなります。服装やカバンはもちろんなのですが、ペンケースにも気を配ることでよりスマートさは増します。スマートさを具現化してくれるペンケースは、シンプルで小ぶりなもの。必要最低限のものだけが入るものが好ましいです。色合いやデザインも社会人として浮かない色合いや無地を選ぶのが無難でしょう。

ペンケースの中身もとても重要

ペンケースの中身もとても重要

ペンケースだけがスマートになっても意味はありません。ペンケースが決まったら、次は中に入れるペンについて考えてみましょう。スマートなケースから100均のボールペンが出てきたのでは少しダサいです。
100均も進化しているので、100均ボールペンの品質もとても良いので使いたいところですが、会社や外に持って行くものだけは少しお高い雰囲気のボールペンを持ち歩いてみましょう。

実際に値段が高いボールペンでも良いですが、見た目が安っぽくなければ大丈夫です。安っぽいボールペンというのは、中身のインクが透けていて作りが丸わかりのものです。ぱっと見中身が見えないボディのボールペンを買うだけでかなりちゃんとした印象になります。またペンに貼ってある値段やペンの概要が書いてあるシールを剥がしておくと見た目がスッキリとします。

文房具などの小物はその人のセンス

文房具を初めとする小物は、持ち主のセンスに直結します。センスはその人の個性なので、無難ばかりを追うのではなく自分の好みを優先することも大事だと思います。ですが、個性を出していいところとダメなところは存在します。仕事をしているときはスマートなものを使い、プライベートでは好きなものを使い分けると生活にメリハリがつきます。

このメリハリによって、人によってはプライベートの私物を見たときにダサいとバカにされるかもしれませんが、小物のそばにいるのはあなたです。プライベートでまで好きを殺すのは気分が沈む原因になるので、無理をしてスマートさを求めるのは気をつけてください。

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。