俺の歌い方、ダサい…?カラオケで浮かない&盛り下がらない方法とは?

Boy.公式

友人と遊ぶときや彼女とのデート…カラオケはちょっとした時間つぶしにも行ける手軽な遊び場です。そんなカラオケですが、みんな楽しんでいるようで、けっこう人の歌い方や行動を見ているものです。陰で「あいつダサかった」と笑われないように、ここで少し自分のカラオケでの行動を見直してみましょう。

語尾の伸ばし方がダサい

語尾の伸ばし方がダサい

カラオケでダサいと思われる確率が高いのは、歌っているときです。カラオケで過ごす時間の大半を使う歌唱時間…その時間をダサいと思われてしまうのはとても残念です。カラオケ歌唱中にダサいのは、まず明らかな音痴です。これは自分でもなんとなく自覚していると思うので、歌の練習やいっそ開き直って音痴をネタにできる明るさを身につけてください。音痴を隠したいのであれば、仲が良くなるまでカラオケに近づかないなどの対策を取るのも自分に優しい判断です。音痴はなんとかなります。

問題なのは無自覚な歌い方のクセです。歌詞の語尾を伸ばしたり、無意味なシャウトを合間に挟んだり…歌っている本人は楽しいからしているわけですが、端から見ていると、歌を歌っている自分に酔っているように見えて痛々しいです。歌手の人並みに上手かモノマネのクオリティが高いかでもしない限りナルシストのような印象を与えてしまいます。人といっしょにいるときはアレンジをほどほどにし、思い切り歌いたいのであればヒトカラに行って歌いましょう。

テンションがウザい

テンションがウザい

カラオケは歌を歌ったりご飯を食べたり、少し薄暗い空間なのでハメも外しやすいのでテンションが上がりやすいです。カラオケに行ってテンションが低いのはノリが悪いと思われ印象が良くないですが、逆にテンションが高すぎる、ウザいとまで言われてしまうのはそれも印象が悪いです。テンションがウザいとまで言われてしまうのは、歌の歌い方というより歌のときの人への絡み方が基準になります。歌っている最中に「お前も歌えよー」と言いながら急にマイクを振る。これはウザいです。歌えもなにも曲を選んだのはあなたですし、まだデュエット曲なら分かりますが一人用の曲で振られても困ります。

人が歌っているときの変な合いの手。最初から合いの手が入っている曲ならば入れてもいいです。ですがオリジナルの合いの手、「よいさっさ」「よーぉ」などを入れる人。これもウザいですよ。合いの手がなんとなくジジくさいですし曲の雰囲気をぶち壊しています。テンションが上がって人に絡みたくなるのは分かりますが、絡み方というものがあります。心当たりのある人は、気分のままに行動をするのを少し抑える努力をしてみましょう。

選曲を見直す・録音をして練習する

選曲を見直す・録音をして練習する

「意識高い系カラオケ」をする人っていますよね。自分が今日歌った曲を見直して、今日歌いたかった曲と照らし合わしたり、自分が歌っているのを録音して聞き直し、また同じ曲を入れて練習をしたり…はっきり言います。一人で来たときにやってください。

意識高い系カラオケなぜがだめなのかというと、一人でもできるからです。練習というのは本番の前に済ましておくべきことです。この場合、本番というのは人といっしょに来ることですので、本番で練習をしていることが間違いということになります。「練習会」と複数人で歌の練習に行くのが目的ならば良いですが、カラオケは大体の場合、楽しく歌いに行くのが目的です。そんな場所で練習をされたらつまらないです。

そして意識高い系カラオケを好む人は、周りの人にも練習させようとします。する気もないのに採点モードにしたり、上から目線でアドバイスをしたり…余計なお世話なので止めましょう。

盛り上がりに歌の上手さは関係ない!

カラオケで盛り上げる方法は別に歌が特別上手くなくてもいいのです。要は密室の中で人の気持ちを考え、自分のテンションや行動を自制できれば盛り下がることはありません。これだけ聞くと自分が出せず楽しくないように聞こえますが、何回となくいっしょに遊んでいる人は陰でダサいだなんだとは言いません。これはまだそこまで仲が深まっていない人の中でカラオケに行った場合、浮かない方法です。この先仲が縮まったら徐々に自分を出して行くのも行かないのもあなた次第ですよ。

タグ一覧へ