あなたのモテない原因はどこにある?診断してみよう!

Boy.公式

あなたは何故モテないのか…?それはきっと自分を客観的に見れていないからかもしれません。とにかく女子からモテたい!と思っているだけではモテる男にはなれませんので、まずは自分自身を見つめてみることから始めてみましょう。モテる男はどうしてモテるのか。モテない原因は一体どこにあるのか。モテる男になりたいのであれば、自分のコンプレックスをも好きになる必要もあるでしょう。また自分がモテるのか、それともモテないのかを診断するためにはどういった点に着目すべきなのか解説していきます。

モテる?orモテない?自分で判断は難しい

モテる?orモテない?自分で判断は難しい

自分はモテるのか?モテないのか?そんな診断を自分自身でするのは、実は難しいものです。多くの人は、自分のことをコンプレックスを通して見てしまいがち。そのため「こんな自分はモテなくて当然だ」「このスタイルではモテないだろう」など自分目線で自分を評価してしまうので、実際に相手からどんな評価を得ているのかを判断できないもの。モテない診断をしたいのであれば、まずは自分のコンプレックスや欠点から離れ、冷静に自分を評価する必要がありそうです。

客観的に診断してみよう!

客観的に診断してみよう!

自分がモテない原因を診断したいというときには、客観的に考えることが重要になります。先ほどのようにコンプレックスや欠点を自分で決めるのではなく、あくまでも外から見た時の自分という目線で診断してみましょう。「こんなときにこう振舞う自分はモテるのだろうか」「周囲に比べてこんな趣味がある自分はモテないのか」など、主観ではなく客観的に診断するのがポイント。そうすることで、周囲がどのように自分を見ているのかを知ることができますし、自分のコンプレックスだけでなくよい点を発見することができる可能性もあります。

モテ度が低くても焦らず対策

モテ度が低くても焦らず対策

たとえば「周囲と比べて背が低い」「会話が苦手でみんなの前でうまく話せない」など、モテ度が低いと思われる点に気付いたとしても諦めることはありません。モテない診断とは、あくまでも自分のことを深く知るということです。一見モテ度が低い要素があっても、焦らずに対策すれば大丈夫。「背が低いけどその分親しみやすさはあるかもしれない」「会話は苦手だけどドライブなら誰よりもエスコートできる」など、モテない要素を自分が持っているモテる要素で最大限にカバーすれば、自信を持って女性と接することができるはずです。

客観的意見を大事にしよう

モテるのか・モテないのかという診断をする際には、主観ではなく客観的に自分を見ることが大切です。主観で見てしまうと嫌な点にだけ目が向き、どうしてもモテない要素が多く出てしまいがち。プラス思考に捉えるためにも客観的に自分を見て、自分の中に隠されたモテる要素を探してみてください。自分のことをモテないと思い込んでいるだけで、実は隠れた要素がモテる要素に繋がるかもしれませんよ。自分ではどうしても診断できないという人は、仲の良い人に「自分はどんな人か?」ということを尋ねてみるのもおすすめです。

タグ一覧へ