モテない原因は?男女の違いを理解して自分のモテない理由を把握しよう!

Boy.公式

自分がモテない訳は、男女の性差にあった!?
そもそもオトコとオンナでは恋愛のメカニズムも違い、人それぞれの個人差が入ってきてややこしいです。
女性にモテたいけどそもそも女性のことをよくわかっていなかった。そんな事はありませんか?

男女の大きな「価値観」「常識」の違い5つ

男女の大きな「価値観」「常識」の違い5つ

男女では価値観のズレがありこの事がカップルの破局や夫婦の離婚につながるケースがあります。
男性の常識は、女性の非常識。女性の常識は、男性の非常識。これを頭に入れておくことで、女性の中に埋まっている地雷を踏んでしまうことを避けることが出来るでしょう。

【常識編】
・付き合い立てに結婚を意識しているか
有名女性ファッション雑誌が世間一般で調査したところ、どうやら付き合い立てに結婚を意識するかどうかの格差が大きいようでした。意識する男性は9%、女性は52%という大きな開きです。女性は1回のお付き合いを大切にしており、パートナーと2人で暮していくことを意識しているのです。

・カップルになる前の連絡頻度はどのくらいが理想?
この調査では、男性の50%が1日に3回以上はしたい。女性のおよそ50%が1日1回でした。
世間一般の男性半分は、彼女とマメに連絡したいようです。女性の1日3回以上希望者は、23%です。女性はマメに連絡をしたいというイメージは、男性の妄想だったようです。

・付き合いたくなる相手のキーポイントはどこ?
この意識のズレが一番大きいといえるでしょう。男性は自分に尽くして立ててくれる女性を望みます。女性の権利拡大と家庭からの解放が叫ばれる現代社会でも、男性はやはり昔の日本的で家庭的な女性を欲するようです。女性の理想は自分が自然でいられる男性です。何か特別なことをしなくても許してくれる人と一緒にいられる事が理想のようです。

【価値観編】
・金銭感覚のズレ
男女が一番別れやすいズレでしょう。パートナーの浪費癖がヒドいと自分の暮らしを悪化させるかもしれません。共倒れする前にさっさと別れてしまう夫婦やカップルは多いです。

・自分の好きなことや趣味をわかってくれない
自分の好みや趣味を全然わかってくれない人、わかろうともしない人と一緒にいるのは嫌。そういう男女は早くに別れてしまいます。

・暮らしの中の小さなこだわり
家事の中でも、これくらいでいいだろうという塩梅や、こうでなきゃダメだというこだわりがあるでしょう。今まで1人暮らしだった人がいきなり彼女と同棲して調子が狂う。彼女を好きな気持ちと比較しても一緒にいることが嫌になってしまうようです。

異性とズレがあるほどモテない事例

異性とズレがあるほどモテない事例

一番わかりやすい例は食べ物の好き嫌いのズレです。生き物は本能的に食べ物へのこだわりを抱くので、人間もこの好き嫌いでパートナーを選別しています。パートナーが、自分にはわからない・わかりたくない味付けや料理をしているとなると好きだった気持ちが危機感に変わります。
読者の皆さんも彼女とのデートで一緒に食事に行くことでしょう。しかし自分の好き嫌いばかりでお店を決めるようでは、彼女に別れをきり出されてしまうかもしれません。

異性と同化しすぎてモテない事例

異性と同化しすぎてモテない事例

女性が好きそうな物や女性ウケばかりを狙っているのはイイ事ではありません。好きな女性の前でそういう事をしていてもその人にすぐバレてしまいます。人間は自分と似た人に興味や安心感を抱く生き物です。しかし自分と明らかに同じ人には、不自然さを抱いて一歩引いてしまいます。異性に合わせていくことも大切ですけど、同化するのはやりすぎです。

男女の違いを知っているヤツが一番モテている!

人はそれぞれ違う、男女は違っているという当たり前の事をわかっている人はちゃんとモテています。パートナーと自分の違いが相手に面倒をかけていないかどうか、嫌がることになっていないかと気が利くのです。女性はそういう最低限の事を守っている男性を否定も拒絶もしません。

タグ一覧へ