彼女がすぐ泣く!正しい対処法と泣かせないためにできること

塩水

わめき散らすような大泣きや、声を押し殺したようにすすり泣く女性…泣き方はどうあれ、自分の目の前で女性に泣かれると言い方は悪いけどちょっと面倒と思いますよね。ですが親しくない会社の女性ならともかく、彼女が泣き出したら面倒と言っている場合ではありません。あたふたとしている内に状況を悪化させない方法を覚えましょう。

彼女が泣くと男は「面倒くさい」と思うもの

彼女が泣くと男は「面倒くさい」と思うもの

なにかあった時や、またなにもなくても泣く女性っていますよね。そんな女性が彼女だとなにかにつけて泣かれて面倒なものです。男性としてはなんで彼女が泣いているのか分からないですし、理由を聞いても首を横に振るだけで話してくれないともっと面倒だなと感じます。慰めることもできず、やることもなく帰ろうとしたり実際に帰ると、後日その日のことを責められたりと。どの道男性にとって彼女が泣くという状況は面倒なことに変わりありません。ですが彼女は赤ちゃんじゃありません。言葉の代わりに泣いているのではなく、理由があって泣くのです。

泣く彼女を責めるのは逆効果

泣く彼女を責めるのは逆効果

女性は精神的に不安定になりやすいです。それは生理周期に関係しますが、ここでは生理周期についての話は割愛します。女性が不安定になりやすいということだけを覚えておいてください。精神的に不安定になると、肉体的にも疲れが出たり、その逆もあります。女性は精神的に不安定な状況になると、なんでもないことでも急に泣けてきます。涙腺が簡単に緩みやすくなっているのです。女性自身もそのことは分かっていますから、理由を尋ねられても困ります。ですがその状況を男性は知りませんから、イライラして怒鳴ってしまうこともあるでしょう。女性からしたら「泣いて迷惑かけた…」と落ち込んでしまい、もっとひどく泣く要因になってしまいます。それをまた怒鳴ったりしたら負の連鎖。二人の仲は冷めたものに変わってしまいます。彼女が泣いたときに怒鳴ることだけは絶対にやめましょう。もう怒鳴ってしまったという方は、「お前が泣いてるせいで怒鳴ったんだ」などと、女性に責任転嫁をするような言い方はせず、誠意をこめて謝罪をし、いったん彼女は置いておき自分自身の苛立ちを収めることに時間を使いましょう。これは苛立ったまま彼女の相手をするとまた怒鳴ってしまうかもしれないので、それを防止する策です。

「抱きしめる」「話を聞く」で安心感を与えよう

「抱きしめる」「話を聞く」で安心感を与えよう

では彼女が泣いたらどうすればいいのか。その答えは簡単。彼女を安心感で包み込んであげるのです。物理的な恐怖と違い、精神的な恐怖は目に見えず、彼女の不安定さを完全に理解することはできません。これは別に男女問わず誰でも、他人の心の中を完全に理解することはできないので仕方ないことです。ですが理解はできなくても想像して寄り添うことはできます。寄り添ってもらうだけでも女性は安らぐことができます。泣いている彼女を抱きしめてあげたり、なぜ泣いているのかを聞いてあげると、直に彼女も泣き止んでくれるでしょう。このときやっていけないことは、話を聞くときに「面倒」と思っていることを表に出すことです。表情というのは、自分が落ち込んでいるときなどは普通の顔をしている人の顔を見ても怒っている気がするときがあります。実際イライラしていたとしてもそのままの感情を表に出してしまうと、言葉をどんなに優しくしても、表情に出てしまいまた泣かせてしまうこともあります。注意しましょう。

女心が分からなくても男の余裕で包み込もう!

女心は難しいです。異性相手よりも同性同士のほうが気をつかうことだってあるのですから、異性にあたる男性が女心を分かろうとするのは非情に大変です。分かろうとする気持ちは嬉しいですが、空回りしてしまってはいけません。彼女が泣いているときこそ、男性側はどっしりと構えてみましょう。余裕を持つことで状況を冷静に見ることができ、彼女が泣いている原因にも、自力でたどり着けるかもしれません。

タグ一覧へ