彼女とスキンシップを取る方法!仲良しカップルのコミュニケーション術

Boy.公式

彼女との関係を深めるためにもスキンシップはとても大切です。体が触れ合うことでより2人の距離感が縮まり、安心感を深めることにも繋がります。しかし中には「どうやってスキンシップを取ればいいのか分からない」「手をつなぐタイミングが分からない」などと悩んでいる男子も多いのではないでしょうか。彼女とのスキンシップを成功させるためには、普段のコミュニケーションをうまく活用しましょう。仲良しカップルになるためのスキンシップ方法を伝授します!

マッサージをし合う

マッサージをし合う

相手の体に触れるということに抵抗があったり、緊張してしまうという人は「マッサージ」を活用しましょう。お互いにマッサージしよう!と誘い合えば、自然な形で体が触れ合うことになりスキンシップに繋がります。仕事や勉強で肩が凝っているなどと言い出せば、彼女に変な思いを感じさせることもありません。また女性はマッサージが好きなことが多いので、彼女の体も優しくマッサージしてあげましょう。肩だけでなく、背中や手、足裏のマッサージなどもおすすめ。彼女が好きそうな香りがするアロマオイルやクリームなどを使えば、さらにリラックス効果も期待できます。マッサージがきっかけになり、その先の展開にも期待できるかもしれませんよ。

後ろから抱きしめる

後ろから抱きしめる

多くの女性は、後ろから抱きしめられることで安心感を感じます。彼女と2人きりの時間に思い切って後ろから抱きしめてあげるのも、おすすめのスキンシップ方法です。その際、黙って抱きしめるのではなく「好きだよ」と言ったり名前を呼んであげると自然な形でスキンシップを取ることができるでしょう。大胆な行動でもあるので勇気がいるかもしれませんが、男性の方からスキンシップをリードすることで彼女との距離を深めることに繋がるはずです。一緒にテレビを見ている時、料理している時など2人きりの時にするのがおすすめ。いきなり抱きしめることに抵抗があるのなら、まずはそっと手をつなぐことから始めてみてもよさそう。2人きりのときはできるだけ手をつなぐと決めて、それができるようになったら抱きしめるなど、少しずつ距離を深めていきましょう。

髪を撫でたり乾かしてあげる

髪を撫でたり乾かしてあげる

女性にとって、髪はプライベートな部位でもあります。そんな特別な髪を触るということは、彼女との距離がより近くなるということにも繋がるでしょう。2人きりの時間に、さりげなく彼女の髪を撫でてあげることでよりプライベートなスキンシップを取ることができるはず。「きれいな髪だね」「この長さ似合ってるよ」など具体的に髪や髪形を誉めるとさらに◎。また、より関係が深まり旅行やお泊りに出かけた際には、髪の毛をドライヤーで乾かしてあげるのもおすすめです。引っ張ったりせずに優しく髪を扱うことで、彼女は安心感を感じやすくなります。髪の毛に触れるのが難しい人は、頭をポンポンと撫でるだけでもOK。子供やペットをかわいがるような感じで、彼女のことを積極的にかわいがってあげましょう。

時には大胆なスキンシップで彼女をリードしよう

彼女とどんなスキンシップをすればいいのか悩むことは多いですが、時には大胆なスキンシップが彼女の気持ちをモノにするきっかけになることもあるでしょう。彼女をリードできるような思い切ったスキンシップが日常的にあれば、時間が経ってもマンネリを感じにくい仲良しカップルになれるはずですよ。デート中に手をつなぐなどの日常的なスキンシップも大切ですが、2人きりになると抱きしめるなどの大胆なスキンシップも時には上手に取り入れてみましょう。普段はクールな彼氏が突然スキンシップを取ってくれると、女子はドキドキして嬉しく感じるものです。

タグ一覧へ