男性が思っているモテ趣味と女性が思っているモテ趣味の違い

amemiya

早く童貞を卒業したいけど、なかなかそのチャンスがない。でも自分が悪い訳ではなく、そういう機会がないだけ。
いつか自分をわかってくれる人が出てくるから無理に自分自身を変える必要なんてない。
そう思っている童貞のみなさん、そんな考えでは童貞を卒業するのがどんどん遅くなってしまいます。

自分の気持ちも、もちろん大事ですが女の子の気持ちを分かってあげることもとても大切です。
そこで、今回は男性が思っているモテ趣味と女性が思っているモテ趣味の違いについて紹介していきたいと思います。
特定の趣味を持つことで女の子と急接近し、童貞を卒業できるチャンスが訪れるかもしれません。

童貞が考えるモテる趣味

童貞が考えるモテる趣味

では、まず最初に童貞が考えるモテる趣味についてお話ししていきたいと思います。
よく声があがるのが、バイクや車です。
レザーのライダースを着て女の子をバイクの後ろに乗せたり、颯爽と車で現れて女の子を助手席に乗せる風景を思い浮かべる童貞男子は多いのではないでしょうか。

いかにもという感じで、それは違うという女性の方もいるかもしれませんが、これは童貞を卒業するのにとても効果的な趣味といえます。
車やバイクのエンジン音には、テストステロンという男性ホルモンを分泌させる作用があり、性的な部分に訴える効果があります。
ファミリーカーよりスポーツカーで運転すると高くなるという効果があり、一説にはランボルギーニのエンジン音を女性が聞くとテストステロンを多く分泌するという結果があります。

高級車に乗ると社会的ステータスを証明することに繋がる為、テストステロンが多く分泌されるそうです。
童貞の皆さんは、女性を口説きたいならランボルギーニを買うといいかもしれません(笑)

このように、車やバイクを趣味にすることは、いかにもという感じでベタな方法ですが一概に悪いとは言えません。効果的に使えば非常に有効な手段となりえるのです。

女性が考えるモテる童貞の趣味

女性が考えるモテる童貞の趣味

次に女性か考えるモテる童貞の趣味についてお話ししていきたいと思います。
おすすめとしてあがったのが、カメラという趣味です。

SNSブームはまだまだ続いており、女の子の中には写真を撮る機会が多く可愛く撮ってもらいたい、綺麗に写真を撮りたいと思っている子が沢山います。しかし、可愛く撮って欲しい女の子が多くいる一方、撮ってくれるカメラマンは多くありません。
そこで、女の子のカメラマンになり、ためしに一回モデルにならない?近くにいい感じの風景の撮影スポットがあるから一緒に行かない?と言ってみましょう。
これだけで自然とデートに誘うことができます。

カメラという趣味だったらデートに誘う口実が作りやすいと同時に、相手との会話が増え、コミュニケーションを取る機会が自然と増えるのでおすすめです。
上手くデートに連れ出せたら写真をチェックする時など自然と体が触れ合ったりもするので、2人の距離感もグッと縮まります。
また、デートが終わった後も撮った写真を交換したり、思い出話をするなどで会話に困ることは少ないでしょう。
このように、カメラは今の時代にも的していて、自然に女の子と仲良くなれる魅力的は趣味だといえます。

二人で一緒に楽しめる趣味が好まれます

二人で一緒に楽しめる趣味が好まれます

次に、男性が考えるモテる趣味でよくあがる筋トレですが、スポーツを一緒にするなどもう少しカジュアルに考えてみましょう。
例えば、バトミントンや卓球だったら一緒にすることができ、2人で楽しめるスポーツといえます。ボルダリングなんかも最近のトレンドですよね。
体を動かすことで、心拍数が上がり胸を高鳴らせる効果があり、恋愛感情を抱きやすくなります。こうすることで 2人の距離が縮まること間違いなしです。

まとめ

まとめ

いかがでしたか。
今回は童貞が考えるモテる趣味と女性が考えるモテる趣味の違いについて話してきました。
もちろん男性が考える趣味も女性が考える趣味もそれぞれの考えがあって当たり前です。

しかし、男性に比べ、女性はカジュアルな感じの趣味を理想とている傾向が見受けられます。カジュアルな趣味の方が、デートなど自然な雰囲気に持ち込めますもんね。
いかに自然な感じで会話をし、デートに繋げるか。ここがとても大事です。

童貞のみなさん、自分の気持ちももちろん大事ですが、女の子の気持ちを理解し、共感してあげることがとても大事なのです。