彼女に会えないと冷める?別れを招かない3つのポイント

塩水

彼女に会えない期間が続くと、自然と最悪の場合である「別れ」を意識する男性も多いのではないでしょうか。そんな別れを招かないようにするポイントを3つ紹介していきます。

会えない間も連絡を絶やさない

会えない間も連絡を絶やさない

彼女が好きでも、仕事や用事が重なり会えない日が続くこともあるでしょう。お互いの関係が安定していて、会えなくても大丈夫だと言えるくらいの信頼関係が成り立っているのであればいいですが、大多数のカップルはあまり会えない時間が続くと、不安になるのではないでしょうか。あまり長い時間会っていないと、別れを告げられたり自然消滅をする危険があります。この空気を断ち切るために必要なのは、彼女とコンタクトを取ることです。現代はSNSなどの手段がありますので、直接会わなくても彼女との縁を繋いでおくことは可能です。このときの連絡頻度は、お互いの距離感にもよりますが、昼間は忙しいと考え、夜の寝る前のちょっとした時間などを使って、簡単なメッセージを送るといいでしょう。送るメッセージが長すぎたり、固い内容だと、送られてきた相手も読むのがしんどいですし、返すのが面倒になってしまいます。あくまで軽く、寝る前に見るとほっこりしてしまうようなものが好ましいです。

2人のルールを作る

2人のルールを作る

彼女とまだ定期的に会うことができているときに、二人の間でルールを作っておくことも、会えない期間のすれ違いを避けることに繋がります。このときに作っておくルールというのは、お互いが忙しくて会えないときの連絡についてです。お互いがすれ違っていて会えないときに心配なのが、連絡がこないこと。かと言って忙しいのに連絡をしろと言うのも無茶な話です。なのでこのモヤモヤを解決するために、初めから忙しいときの自分の状態を教え合ってみてください。忙しくても毎日連絡をしたい人、忙しいときは自分の殻に閉じこもって黙々としたい人、忙しいときは手が空いたときに連絡をしたくなる人…同じ忙しい人でも、恋愛への時間の割き方は違います。なので最初から自分はこういったタイプで、と説明をしておくことでお互い連絡が来る来ないでモヤモヤを溜めることが減るのです。そして会えない期間の間も「週末は電話してもいいか尋ねる」「余裕が出てきたらデートのお誘いをする」など、なにか1つでも恋人らしい約束をしておくと、そこが励みになって忙しさも乗り越えられるかと思います。

気持ちを素直に伝える

気持ちを素直に伝える

彼女に会えないとき、主に彼女が忙しくしているときに、自分が会いたいなと思っても「忙しいだろうな」と諦めてしまう人はいませんか。彼女の忙しさを気遣っていて、とてもいい行動だと思います。ですが毎回同じ理由で連絡をひとつもしないのは、すれ違いを加速させることに繋がるかもしれません。まず女性は男性と違い、どんなに忙しいときでも、好きな人からの連絡は嬉しいものです。嫌いな人や少し冷めてきたカップルになると邪魔だと感じるようにもなりますが、まだすれ違いの初期であれば修復できる溝の深さなので恐れずメッセージを送ってみてください。あまりに連絡がなく放置をされたほうが、女性側は彼氏に対して「私のこと好きじゃないのかな」「会えないなら連絡する意味ないと思ってる?」などネガティブな感情を抱きやすくなります。不安は広がりやすいものなので、もしそのような状況に彼女がなっているのであれば、しっかりとフォローをしてあげてください。彼女に送るメッセージは、素直に「早く会いたい!」「好きだよ」と伝えるほうが疲れている相手の心にダイレクトに伝わりますよ。送るメッセージの注意点としては、自分勝手な意見を押しつけず、いじけたようなメッセージを送って困らせないことです。彼女自身も自分自身が忙しいせいで会えないと負い目を感じているはずなので、責めるのはNGです。

彼女に会えない間の過ごし方でマンネリ予防!

彼女に会えない間の過ごし方については、基本的にはメッセージを送ることですれ違いやマンネリを防ぐことができます。ですが人によってその方法を抑えたほうがいいときと、続けていいときがあるので彼女のタイプを見極めて、会えない間のコミュニケーションを取るようにしてくださいね。

タグ一覧へ