《彼女を作るための会話術》今すぐできる活用ポイントはこれ!

塩水

彼女は欲しいけど、女性との会話の方法が分からない!そんな人もこの記事を読むと、女性との会話のコツが分かります。

女子の会話には共感せよ!

女子の会話には共感せよ!

彼女を作るためには、まず女性と仲良くならなくてはいけません。女性と仲良くなるのは異性である男性からしてみると難しいかもしれませんが、実は意外と簡単です。どうしたらいいのかと言うと、女性の言葉に共感を示すことです。女性の会話は基本的に共感で成り立っています。男性も女性の会話が聞こえてきて「わかる」「いいね」「それねー」と相づちを打っているのを聞いたことがあるのではないでしょうか。男性の会話は議論めいたものや、どちらかというと批判や皮肉、いじりなどで仲良くなっていくので、女性同士の会話である共感をするというのは違和感を感じるのではないでしょうか。しかも共感の相づちの後により一層盛り上がったりする様子に、なんでそんなにテンションが高いのか理解しがたいかもしれません。ですが女性にとって共感はコミュニケーション術の大事な1つ。共感をすることで相手と仲良くなる方法が昔から伝わってきているのです。なので理解ができないかもしれませんが、女性と会話をするときには、相づちのときに批判したくなるのをグッと抑えて、共感をしてみてください。女性は楽しそうに話を続けてくれるはずです。

何気ない質問で沈黙を防ぐ

何気ない質問で沈黙を防ぐ

「話し下手で、そもそも女性となにを話したらいいか分からない…」そんな男性でも心配しないでください。女性は喋るのが好きな人が多いです。普段大人しい女性も喋ってみると、案外お喋りな人がいたりします。なので、基本的に女性の話を聞く役割に努めてみましょう。最近あったおもしろかったことや、好きなものの話、腹が立った話…女性は気を許した相手ならば、話を聞いてもらえると思うと長々と話せます。なので女性が話している間は、あなたは基本話を聞いて、相づちを打つことができれば外から見れば会話が成立しているように見えます。ですが、どんなにたくさん話せる女性と言っても話が途切れることはありますし、話を聞いている男性があまりにも義務的に相づちを打っているだけだと気づけば、話をやめてしまいます。こうなっては話が続かなくなってしまうので、相づちだけではなく、質問を挟むことで会話を続けるようにしましょう。話題を変えるのであれば「ペットとか飼ってる?」「○○先輩ってさぁ…」など、共通認識していて、分かりやすい質問をしてみましょう。急に「彼氏いるの?」など踏み込んだ質問はNGです。聞きたいのであれば仲良くなってからにしましょう。また相づちの代わりに質問を挟むのであれば、女性が直前に話していた内容から、自分が聞き慣れない単語や詳しく知りたい部分について聞いてみましょう。話をちゃんと聞いていたことも伝わりますし、聞かれた女性もより一層楽しく説明してくれるはずです。

自分のミスや失敗談をネタにする

自分のミスや失敗談をネタにする

女性があまり話したくない様子のときや喋り疲れて沈黙ができてしまうときは、あなたが話してみましょう。話すネタは女性が聞いても興味をひいてくれそうな話題であればなんでもいいのですが、あなたのことを知ってもらうことを考えると、あなた自身のことを話すといいかと思います。あなた自身のことと言っても、あなたの自慢話はダメです。男女問わず、人の自慢話は聞いていて不愉快になります。ですが、自慢話の逆、失敗談は盛り上がります。直近でしたミスや、不運だったこと。そういったことをネタにして話しましょう。このとき自虐が過ぎたり、ただミスしたことを伝えるだけだと笑いどころかマイナスイメージを与えてしまいます。失敗談の中にもおもしろかった要素が含まれている話を持ち出すのが正解です。

彼女を作るためにはいきなり口説かないこと!

彼女を作るためのポイントは、まず仲良くなることです。初っぱなから口説くような行為は、ナンパと変わりません。ゆっくり距離を縮めていき、仲良くなってきてから少しずつ口説くようにしましょう。

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。