「ヤベっ!」彼女を怒らせた時の対応とは?別れを避ける方法

塩水

大好きな彼女を、何気なく言った言葉で怒らせてしまった…。このままいったら、別れることになってしまうかも…。普段から大事にしていて大好きな彼女だったとしても、怒るポイントは人それぞれ。ひょんなことで怒らせてしまうかもしれません。ですがこのあとの彼女への対応の仕方ひとつで、別れることも別れを回避することもできます。ぜひ対応のやり方を学び、彼女の気持ちを取り戻せるような彼氏になってください。

誠心誠意謝罪をする

誠心誠意謝罪をする

怒るポイントは人それぞれです。きっと大好きな彼女に対しても、何気なく言った言葉などで怒らせてしまうことがあるでしょう。そんなときはまず謝ってください。時間を空けたりせず、理由が分かっているのですから、その理由を含めてきちんと言葉にして謝罪してください。そのときふざけているような軽い謝罪は逆効果です。本気で怒っている相手にする謝罪ではありません。ひどい場合、口をきいてくれなくなったり、別れることとなりますよ。なので謝るときは、真剣に、彼女に対して悪いと思っていることをきちんと伝えることを意識してください。怒っている最中の彼女は、なかなか返事をしてくれずだんまりの状態が続くかもしれませんが、そこでしびれを切らしてイラついてはいけません。彼女が許してくれるまで、低姿勢を維持しましょう。本気の謝罪は必ず彼女にも伝わります。

今後どうするのかを伝える

今後どうするのかを伝える

もしあなたが浮気をしたりした場合。謝罪だけでは済みません。今後のことを考え、話さなくてはいけません。なぜなら浮気を例にした場合、謝罪だけしても、彼女は「謝るだけ謝っても、どうせまたやるんだろう」と思うはずです。それはそうですよね、だって浮気をしたのに具体的な弁明もなく、ただ謝るだけなんですから。それだとこの先の付き合いも不安ですし、別れを視野に入れ始める女性も出てくるでしょう。彼女と別れたくて浮気をしたのであれば、そこであなたから別れを告げてもいいでしょう。ですが、彼女が大好きだけど、気の迷いで1回だけ他の女の子と遊んでしまった、などのとき、あなたは別れたくないですよね?ならば彼女に対して、この先の付き合い方に希望を見せなくてはいけません。「もう浮気はしない」と有言実行する、「遊んだ子とはもう会わない」と遊んだ女性との関係を切る、など。具体的な案を言うだけではなく実行することが大事です。

気持ちが変わらないことを伝える

気持ちが変わらないことを伝える

怒りの感情が勝っているとき、人は衝動的な言葉を言ってしまうことがあります。もしかしたら心にもない「別れる」といった言葉を彼女が言ってくることも考えられます。このときあなたも買い言葉のように「じゃあ別れる!」と言ってはいけません。あなたは怒っている彼女を押える役割があります。彼女につられて怒ってしまっては意味がありません。まずはあなた自身の気持ちを落ち着かせ、怒りにまかせた彼女の言葉に、冷静に答えていきましょう。冷静、と言っても正論を言うのではありません。ならなくてもいい言い合いにならないように、素直だけど優しい言葉遣いで状況の悪化を防ぎましょう。「自分は彼女のことが好きだから、別れたくない」と好意を伝えるのも状況によってはマルです。

彼女を怒らせても焦らず対応しよう!

彼女を怒らせてしまったとき、焦ってしまうのは一番よくないです。焦ると思考もまとまりませんし、彼女の気持ちを察しようとする余裕がなくなってしまいます。大事なのは余裕を持つこと。人を怒らせているのに余裕を持てる当事者はなかなかいないかもしれませんが、冷静さのない人は、怒っている相手のペースに巻き込まれて終わってしまいます。そうなると、彼女もあなたもいい思いはしません。なので、焦っているときも頭の片隅は冷静さを失わないようにして、怒っている彼女に対応できるようにしましょう。

タグ一覧へ