彼女が年上!付き合うメリット&デメリット。男子のホンネは?

塩水

彼女が年上の場合、男性目線でのメリット・デメリットは、同じ歳の差としても彼女が年下の場合とはまた違います。この記事ではそんな年上彼女との付き合い方を見ていきます。

お姉さん的要素と女子的要素のギャップがかわいい

お姉さん的要素と女子的要素のギャップがかわいい

彼女が自分より年上の場合、かわいいのはギャップではないでしょうか。付き合う前の彼女は、年上ということもあって、あなたからしたらしっかりとしたお姉さんに見えたはずです。仕事でも学校でも、年上はキラキラとして格好良く見えるので、憧れの相手だとしたらもっとそう思うでしょう。ですが、付き合い始めたら、2人の関係は外では年上と年下だとしても、対等になるのです。普段ぴしっとした服装でスマートに動いている彼女も、デート中はかわいらしいワンピースなど、女性らしい格好で過ごしてくれるかもしれません。家の中でも使っている小物が女性らしかったり、気の緩んだ表情が幼く見えるかもしれません。これこそが対等になった結果です。年上彼女という事実は変わりませんが、精神的にあなたに気を許しているからこそ、常にしっかりしていることは止めて、あなたを信頼して隙を作ることができるのです。つまりあなたは年下や後輩ではなく、きちんと男性として認めているということです。憧れていた女性から男性として思われるのはとても嬉しいことですよね。

包容力があり甘えられる

包容力があり甘えられる

包容力があり、甘えられるのも、彼女が年上だからこそです。元々女性のほうが男性よりも精神年齢が高いという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。それは当たっていることが多く、年下の女性だったとしても、年上の男性よりも考え方や行動が大人なことがあります。そのことを踏まえると、年上の女性というのは、歳も自分より上ですし、中身も自分よりも上の人が多いということです。そういった女性は、余裕があるので、年下の彼氏が甘えてくることも受け入れてくれます。女性相手に甘えるなんてできない、格好悪いと思う男性も、誰かに甘えたい気分になることはあります。そんなとき、年上彼女の包容力はありがたいでしょう。年上ということで、人生経験や考え方も豊富なので、仕事などの相談を持ちかけてみるのも良いかもしれません。男性目線だけだと行き詰まってしまったことも、女性目線が加わることで突破できるかもしれません。人生経験において上なので、自分が恋愛に対して不安を感じていても、彼女がリードしてくれるかもしれません。

自分の力不足を感じやすい

自分の力不足を感じやすい

彼女が年上ということで感じるデメリットもあります。それは自分の力が足りていないことを感じる場面が増えることです。恋愛関係でも、仕事でも、人生についても、彼女のほうが長生きをしている分、彼氏に足りていない部分を彼女はできていることが多いでしょう。彼女のほうがうまくできていると、だんだんと自分の必要性や無力さを考え始めるかもしれません。ですがそのネガティブな発想は止めてポジティブに考えてみましょう。彼女のほうができているのであれば、自分の足りない部分をできている彼女から教わればいい、そう考えるのです。「男がそんなことできない」「格好悪い」プライドが邪魔して行動に移しづらいかもしれませんが、既に引け目を感じていることを考えれば、彼女を頼ることでスキルアップできるので、その引け目を感じることもなくなるかもしれません。彼女と張り合おうとするのではなく、彼女を頼ることで、年下の彼氏だとしても彼女と対等にいることはできるのです。

年上彼女でも上手に付き合えばベストカップルに!

「年上の彼女は何歳上までオッケーか」そんな下世話なことを聞く人がいますが、ナンセンスです。年上の彼女はお互いが好き合っているのであれば、何歳上でもオッケーです。年上だからどうこう、年下だからどうこう、そんなことを言う前に、彼女が好きで大事にしたいのかどうかが1番大事です。相手のことを思いやり、上手に付き合ってベストカップルを目指してください。

タグ一覧へ