《好きなのに》彼女を面倒だなぁ…と感じる瞬間は?男の心理を探る

塩水

「彼女が面倒だなあ…」ちゃんと好きで、愛情を抱いているはずの彼女に対して面倒だと思ってしまうなんて自分がひどいやつだと思ってしまうかもしれません。ですが、その感情は他の人も抱いているかもしれませんよ。この記事では彼女を面倒だと感じる瞬間を3つ紹介していきます。

いつまでも質問がしつこい

いつまでも質問がしつこい

彼女を面倒だなあと感じる瞬間で多いのは、いつまでも質問がしつこいときです。「昨日のなんだけど…」「○○ってなに?」彼女が質問をするたびに面倒だなと思ってしまう男性もいるのではないでしょうか。なぜなら、女性の質問というのは一問一答で済むようなものでも、だらだらと続くからです。一言返すと、また一言。返事に納得がいかないと文句。きちんと答えてもイマイチな反応…どうもめんどくさいです。このときの彼女としては、ただ彼氏と会話がしたいだけで質問をしているだけです。なので自分との会話に乗り気になってくれない彼氏が相手であればなおさら自分と会話をしてもらおうと躍起になったりするものです。つまり、彼女は彼氏にかまってほしいだけなのです。ですので、質問をめんどくさいと感じるところを、自分にかまってほしくてたくさん話しかけてくるかわいい彼女だと思うようにすると、男性自身も気分が軽くなるかと思います。

自分のことを信じてくれない

自分のことを信じてくれない

彼女を面倒だと感じるときは、自分のことを信じてくれないときもそう思うかもしれないです。「いくら好きだと言っても信じてくれない」「浮気をしたと思い込んで怒っている」「ドタキャンの理由を疑われる」などなど。彼女が男性の言葉を素直に受け入れてくれないときが多々あります。これには正直に言っている男性はもうお手上げですよね。女性は思い込みが強い部分を持ち合わせている人がけっこう多いです。「一度思い込んだら、絶対こうに違いない!」男性でもこういった思考の方はいるのでなんとなく分かるかもしれません。この思い込みは恋愛が絡むと厄介なのです。恋愛とは楽しいだけでなく、不安や寂しさ、自分の理想とギャップなども含まれたものです。このネガティブ寄りの感情は、蓄積すると、あたかもそれが本当なのだと思ってしまうときがあります。これが彼女が彼氏を信じなくなってしまう思い込みの始まりです。元々思い込みの強い人もいますが、ほとんどの人は相手とのやり取りなどの間で思い込みをしていきます。なので思い込ませる原因になるような行動や発言を控えることをおすすめします。

どれくらい好き?と聞いてくる

どれくらい好き?と聞いてくる

彼女が自分に、「どれくらい好き?」と聞いてくるのも、面倒に感じますよね。たまに聞いてくる分にはかわいいと思いますが、毎回聞いてきたり、答えるまでしつこく聞いてきたりすると疲れます。この「どれくらい好き?」を投げ掛けてくる彼女は、男性側から見るとたしかに面倒です。ですが、女性側からすると、ただ単純に寂しいから聞いているのかもしれません。恋愛初期はあんなに好きだと言ってきた彼氏が、最近はまったく言わなくなったりしたら、逆の立場だったらどう思いますか?彼女が冷たくなったと感じるのではないでしょうか。恋人関係と言うのはあやふやなもので冷めてしまったら別れが待っています。なのでこの状況は不安感が増すものでもあるのです。その恐怖から彼女は、「どのくらい好き?」という質問をして答えをもらうことで安心感を得ているのです。

彼女が面倒な時は一定の距離を置こう

彼女の愛情が重すぎたり、あまりにも面倒だと感じるときは、あなたにとって彼女への愛情よりもストレスが勝っている状況です。距離を置くことや別れることを考えることも良いかもしれません。ですが、この記事を読んで、なんとなくでも彼女の気持ちが分かったのであれば、自分の今までの態度を振り返ってみてください。その中に彼女の面倒を加速させている原因があるかもしれません。

タグ一覧へ