《男のホンネ》彼女と別れたいと思う瞬間3選。マンネリには要注意?

塩水

好きなはずの彼女。でも些細なことでなんとなく別れたい気分になった…。そんな瞬間を3つ紹介していきます。実際に別れたくなってしまった男性に、ワンポイントアドバイスもありますよ。

LINEを返すのが面倒な時

LINEを返すのが面倒な時

彼女と別れたいと思う瞬間、1つ目は彼女のLINEを返すのが面倒だと感じたときです。恋愛初期は大好きだった彼女とのLINEも、関係がだんだんと落ち着いてくるとちゃんと好きだとしても連絡が面倒と感じるときがありますね。女性は恋愛初期に限らず、連絡をするのが好きな人が多いですから、どんな時期でも似たようなペースで連絡をしてくれますね。その連絡内容がわりとどうでもいい内容だったりすると返すのが大変です。まだ既読をつければOKとしてくれる彼女であれば気が楽ですが、既読をつけたまま放置していたら連続で「なんで返してくれないの?」という旨のメッセージがたくさん来ると面倒を通りこして別れたくなってしまいますね。

自分の行動を責められた時

自分の行動を責められた時

彼女と別れたいと思う瞬間、2つ目は彼女に自分の行動を責められたときです。「自分の行動」と言っても、あからさまに法に触れるような悪いことをしたときじゃないですよ。その場合は彼女に責められたではなくて、ちゃんと法で裁いてもらわないといけませんからね。ここで言っている「自分の行動」は、あなたが取った些細な行動で、という意味です。元々恋人は違う環境で育った人間同士がいっしょになるわけなので、育ちなどの違いからケンカになることや、あなただって彼女の行動にいらっとすることがあるかと思います。なので多少の注意はお互い様で受け入れないといけないところです。ですが、あまりにも彼女が自分を責めるときは別ですね。彼女が自分のすることなすこと、全てに文句をつけてくるときなど、愛情をまったく感じませんし、居心地が悪いですよね。そういうときはどうして付き合っているのかと、彼女と付き合っている意味を考えてしまうかもしれません。

一緒にいても他のことを考えている時

一緒にいても他のことを考えている時

彼女と別れたいと思う瞬間、3つ目はいっしょにいても他のことを考えているときです。この場合は、自分がそのときと、彼女がそのときの2つのパターンがあります。まず自分が他のことを考えている場合です。彼女といるのに彼女がなにか話しているのは聞き流し、趣味やこのあとの予定などを考えてしまっているとき、自分が彼女に対しての興味がなくなっていることに気づくと一気に冷めちゃうことがありますね。たしかに女性の話は長かったりしますが、「前はもう少し話を聞いていても楽しかったような…」と思ってしまうともう別れを切り出すしかと思ってしまいますね。彼女が他のことを考えている場合です。彼女があなたといっしょにいるのに、なんとなく上の空だったりつまらなそうな態度だと、盛り上げるのもばからしくなりますね。また彼女があなたよりもスマホをいじっているのが楽しそうだったりすると、浮気を疑ってしまいますね。「もう浮気をされようがかまわない、俺も好きにする!」と、開き直れたらいいですが、ほとんどの人は自分に気持ちのない彼女の姿を見ると、別れが近い気がして、寂しい気持ちになってしまうものですよね。

彼女と別れたい時は少しずつ距離を作ろう

彼女と別れたいと思う瞬間はどうだったでしょうか?今の自分に当てはまっている人もいたのではないでしょうか。もしもこの記事を読んで彼女との別れを本気で考えた人がいるのであれば、1つアドバイスがあります。それは別れたいときに急に別れを切り出すことは避けることです。急に別れを切り出すと、彼女としても理解が追いつかず、ヒステリックになってしまうことが考えられます。急に別れを切り出すのではなく、ゆっくりと距離を取っていくことで、察し力の高い女性は「別れが近いのかも」と察してくれるかもしれません。

タグ一覧へ