《童貞を20代で卒業する方法》女性へのアプローチ法と誘い方

塩水

20代のうちに絶対に童貞を卒業したい!そう思うけど女性と接する機会もないしどうしよう…そんな男性におすすめする童貞卒業までのポイントを紹介します。

一人暮らしを始める

一人暮らしを始める

20代で童貞を卒業したい人はまず、一人暮らしを始めることから始めましょう。なぜかと言うと、童貞を卒業したい場合に実家暮らしはハードルが高いからです。実家は家族がいっしょに住んでいて、生活費も抑えられるので、給料が少ない若手社会人にとってはありがたいものです。ですが家族がいっしょに住んでいるのは恋愛面では不都合が多いのです。「最近知り合った友達と飲んでくる」「友達とドライブ。ご飯いらない」など、仲の良い家族であれば軽く行き先を告げる男性も多いのではないでしょうか。またご飯はまとめて母親が作っている家庭が多いと思うので、ご飯がいるのかいらないのかを言うために母親には言う人もいるのではないでしょうか。そうなると何の気なしに母親が誰と遊ぶのかなどを聞いてくるかもしれません。母親は悪気がないのですが、出かける予定がデートなどだと言いづらいですよね。あまり会話のない家族でも、さすがに女の子を連れ込んだらバレます。バレても気にしないというのであれば良いですが、初体験で周りを全く気にしないという男性はあまりいないのではないでしょうか。なのでまず、童貞を卒業したいのであれば、女性を気軽に呼べる場所を作るのが大事です。タイミングが来てしまえばいつでもいいのですが、できれば場所がしっかりしてからのほうが、あなた自身もスマートに動けると思います。

コンパや飲み会へ積極的に参加する

コンパや飲み会へ積極的に参加する

誘う場所ができたら、女性と知り合う機会を増やしましょう。具体的にはコンパや飲み会に積極的に参加することです。このとき、参加する飲み会に女性がいることは事前に把握しておいてください。公に「彼女がほしいから男だけの飲み会はパス」と言える間柄であれば、わざわざ女性のいない飲み会に誘われることはなくなるでしょう。ですがあなたもからかわれるリスクやプライドがあるので、そんなにハッキリと言えないかと思います。なのであくまでひっそりと、飲み会に誘われたら相手にどんな内容の飲み会なのか、来る人の立場や層などを聞きましょう。お喋りな人ですと、聞いていなくてもいろいろ説明してくれる人もいます。自分の知りたい情報を聞き逃さないようにしましょう。また参加するときは、知っている人とだけ話すのではなく、積極的に自分から話しかけていきましょう。知り合いだけと話し、あとは黙っているのでは、せっかく飲み会に来た意味がありません。普段は消極的な性格の人も、このときばかりは頑張って自分から動いていきましょう。

連絡先の交換は自分から教える

連絡先の交換は自分から教える

飲み会などで好みの女性に出会ったときは、ある程度飲み会の最中に仲良くなりましょう。なぜかと言うと、いくら好みだと言っても、まったく知らない人間と連絡を取り合いたくないからです。なのでまず自分のことを知ってもらうためにも、コミュニケーションを取ります。コミュニケーションと言っても露骨に女性に触ると体目的だと思われてしまうのでやめましょう。会話と笑顔が大事ですよ。連絡先は、飲み会がお開きになる手前で自分の連絡先を渡すだけに留めましょう。相手の女性が乗り気であれば、お互いに連絡先を交換すればいいですが、乗り気でなかった場合は断られ、この先の繋がりも絶たれます。連絡先交換を断られたあとに「俺の連絡先だけでももらって!」と縋るのも必死すぎて余計に引かれる原因になります。余計なことをして自分の好感度を下げないように、連絡先は最初から自分のものを受け取ってもらうだけにしましょう。このあと連絡が来なくても諦めることも大事です。

服や髪形のセンスを磨き自信を付けよう!

どうしても女性とコミュニケーションが取れないと言う人は、自分の外見を磨きましょう。外見がかっこよくなれば自然と自信もつきます。自信をつけると態度が堂々としてきますので、女性も惹かれるかもしれません。

タグ一覧へ