【早めの婚活】マッチングアプリを10代が使うメリット&デメリット

YUUDAI

マッチングアプリを使うのは、結婚に焦りを感じているアラサーだというイメージがあるかも知れません。

しかし実際のところ、今の時代にその年齢から婚活を始めるのは遅いとも言われています。
女性が自立することに重きを置くようになり、アラサーで未婚の女性の中にも、結婚することに対する意義を見出ださない人が増えています。

結婚をすれば、結婚式をするのにもお金がかかります。
子供を育てるのにも、家族が住まう場所を確保するのにもまた相応のお金がかかります。
その上女性からすれば、家族が増えれば家事と子育てに追われ、自分の時間を犠牲にすることになります。消費税が上がって出費がかさむようになり、さらには老後のセカンドライフを支える年金をもらうことすら危ぶまれているので、専業主婦で生活が成り立つ家庭も減少傾向にあります。

そうした数多のデメリットから、女性の20代後半~30代前半あたりでの年齢の婚約率が大きく低迷しており、結婚適齢期にパートナーを見つけることが段々と困難になってきます。
そのため将来の伴侶を手に入れることを考えるのであれば、早い行動を起こすのに越したことはないと言えるのです。

真剣な出会いを見つけられる

真剣な出会いを見つけられる

マッチングアプリは、出会いの少ない環境にある女性が真剣な出会いを求めて登録することも多いツールです。
例えば合コンに参加する女性の中には、安く飲みたいだけであるとか、人数合わせで呼ばれたような女性もいるでしょう。もしくは近くのバーなどで知り合った女性がいたとしても、既に彼氏がいたり、別の気になる人がいたということもあるでしょう。

そのような運に任せた環境と比較するとマッチングアプリは、少なくとも男性と知り合って何らかの関係を持ちたいという人の占める割合が多く、かつ今現在彼氏がいないという女性がほとんどです。そのため今の時代であれば、真剣な交際を求めるのならばマッチングアプリを利用することがおススメであるといえます。

年上女性との出会いにも期待

年上女性との出会いにも期待

マッチングアプリは幅広い年齢層に利用されているため、普段知り合えないような年上の女性ともマッチできます。
男性の多くは年下と付き合うことが一般的であるという意識が未だに残っています。
女性の方が精神年齢が高く、意見が釣り合いやすいようにという建前もありますが、かつて男尊女卑であった戦前からの文化が刷り込まれている結果であるともいえます。
男女平等が当たり前の現代、年上の女性と付き合うメリットというのはいくつかあります。
例えば恋愛経験が少ない状態で同年代と付き合うと、男性に対して完璧を求める傾向にあるので、慣れていないことをすると顰蹙を買う場合もあります。
その点年上の女性であれば、年下なら未熟な部分があっても仕方ないと割り切っていたり、そうした部分がかわいいという認識を持たれるため、互いにストレスがかかりにくいという利点があるのです。

金銭的な面でも、年下と付き合えば基本的に奢らなければならないという意識を持っている男性も多いものです。年上の女性であれば、相手の女性も「年下に奢らせるわけにはいかない」という意識が芽生え、結果的に割り勘となるケースが多く、財布にやさしい付き合い方が出来るといえ、将来的に結婚したことを考えても、わがままを押し付けたりすることが少ないので、安定した結婚生活を送ることが出来るといえます。

仕事や学業が忙しくても出会える

仕事や学業が忙しくても出会える

マッチングアプリの最大の利点は、スマホさえあればいつでも出会えるという点です。
出会いがほしいからといって、時間を割いて合コンへ参加したり、慣れないナンパをして疲れることもありません。
仕事や学校の休憩中や、ちょっとした合間にアプリを開いて、気になる女性に「いいね」を贈るだけでいいのです。贈られた相手もあなたのことが気になり、返信してくれれば、それでマッチングは成功となります。

10代で真剣な恋愛をするならマッチングアプリが有能

若い内から結婚を真剣に考えるのであれば、マッチングアプリが多いに役立ちます。
将来を考えた真剣な付き合いを望む人はその旨をプロフィールに記載していることが多いですし、多くの相手とスムーズに知り合うことができるので、偶然の出会いを待つよりも早く、自分と相性の良い人を見つけることが出来ます。
マッチングアプリをうまく使って、一生ものの出会いを見つけましょう。

タグ一覧へ