【マッチングアプリで初デート】「事前準備」と「当日の心得」が成功の鍵

YUUDAI

マッチングアプリを利用し、マッチした女性と食事へ行く約束が取り付けられれば、ようやく恋愛のスタート地点に立つことが出来たといえます。
せっかくの初デートなのですから、誰しも失敗は避けたいものです。
次のデートに繋げるためにも、フライングで失格になったりしないよう、事前の準備と当日の行動に関する心構えを会得しておくに越したことはないでしょう。

相手のプロフィール・会話内容を把握しておく

相手のプロフィール・会話内容を把握しておく

顔を合わせるにあたって、相手のプロフィールはしっかりと把握しておきましょう。実際会ったときに、プロフィールに書いてあることを忘れて質問してしまうと、相手にとっては答えるのが二度手間ですし、自分に興味がないのだという印象を与えてしまいます。また、話題の糸口となるのは基本的に連絡を取り合っているときに話していた内容となるので、その内容もしっかりと覚えておきましょう。趣味や好きな食べ物、お互いの恋愛観というような話題が、比較的盛り上がりやすいといえます。

お互いの生活圏から離れた場所で会う

お互いの生活圏から離れた場所で会う

デートコースには、一工夫必要です。
ネットで知り合った相手と会うというのには、それなりのリスクを伴います。女性からすれば、素性がまだ明らかではない初対面の男性と、自宅の生活圏内で会うのは避けたいところです。
男性からしても、例えば相手と相性が合わず、デートが失敗した場合、自分の生活圏がデートコースであったことを考えるとどうでしょうか?毎日その道を歩く度にその失敗を思い出してしまい、次へ進めなくなる可能性もあります。
そのようなリスクを避けるため、初デートはお互いの生活圏内から離れた場所を選ぶと良いでしょう。

また、お店選びのコツとしては、まず相手の食べたいものを確認しておき、待ち合わせの場所から近いお店を探しておきましょう。多くの人は食べログを利用すると思いますが、その中でも星の数が3.5以上のお店を選んでおくと安心です。食べログのシステム上それより高い星の数にはならないよう設定されていますので、店内の雰囲気・料理のクオリティ・コストパフォーマンス等の評価が最も高いといえるのです
最初のデートでは、L字型、もしくは横並びのカウンターがあるところなどにしておくとよいでしょう。正面に向かい合わせで座ると目線が合いやすく、お互いに緊張しやすくなるためです。

予算は多めに準備しよう

予算は多めに準備しよう

一般的な収入のカップルがデートにかかる一人あたりの費用は、3000~7000円程度と見て良いでしょう。男性の場合は、女性より多めに出す・もしくは奢ってあげることがセオリーとされるため、15000円程度は持っておくか、カードでの支払いを考えておくと良いでしょう。
このセオリーにも諸説ありますが、基本的に女性の場合は化粧道具や生理用品・むだ毛の処理など、男性よりも身の回りのケアにお金がかかることから、その分デート費用は多めに出してあげるという結論に繋がります。
会計方法としてスムーズなのは、先に大きなお金・またはカードで支払いを済ませておき、奢ってもらうつもりがないという女性の場合は、店を出てから相手の希望する金額を受けとるというもの。
または、相手の女性がどこかのタイミングで席を外している間に会計を済ませておくことが出来れば、相当スマートな男性だという印象を持たれます。ただし相手が恋愛慣れしていないタイプの場合は戸惑うこともありますので、基本的には前者の方法で会計を行うと良いでしょう。

マッチングアプリの初デートは早めの準備で備える

初めてのデートで失敗しないようにするために心がけるべきなのは、早めの行動と準備です。
特に食事をするお店のリサーチは男性の役割ともいえるでしょう。店舗や曜日によっては席が取れないこともあるので、必ず事前日に予約しておくようにしましょう。
遅刻をしない為にも早めに出かけ、初めて行くお店であれば場所を下見しておくのも良いでしょう。待ち合わせ場所で顔を合わせてから、地図アプリを開いて道に迷ったりした場合、相手の女性から頼りないという印象を持たれ、恋人対象として見られないという判断を下されることもありますので、そうした印象を与えないよう、準備を怠らないようにしましょう。

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。