合コンで年収は言うべき?女性から収入額を聞かれた時の乗り切り方

さちこ
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

合コンに参加するにあたって自分の年収を気にしたことはありますか?女性はお金目当てじゃなくとも、仕事ができる男性の方が好きです。つまり、年収は仕事ができそうな男性を判断する一つの基準としているのです。今回は合コンで年収を聞かれた場合にその場を乗り切る方法をお伝えします。とくに結婚相手を探す目的で合コンに参加している女性はその傾向が強いと言って良いでしょう。自分も婚活目的の場合はとくに注意したいですね。

嘘の年収額は言うべきでない

嘘の年収額は言うべきでない

前提として、嘘の年収を言うべきではありません。嘘でも高年収を伝えることによりその場で一時的にモテることは可能でしょう。しかしお互い仕事の話をしたり、仲良くなっていけば必ずに女性にバレます。嘘で年収を言われた女性は騙されたと思うでしょうし、稼いでいないことよりも虚偽の年収を伝える方がよほどかっこ悪く思われます。嘘を言うのは人間性を疑われることにもなりかねませんし好感度は一気に下がります。出会った女性と仲良くなり、誠実にお付き合いをしていきたいと思うのであれば絶対に嘘はやめましょう。

年収に対する後付けは言わない方が無難

年収に対する後付けは言わない方が無難

嘘を言わなくてもやりがちなパターンは「今は低いけど昇給があるから」「ボーナスがこのくらいもらえるから」などの後付けです。このような後付けは一見イメージを良くするように感じますが、女性からの印象はかなり悪いです。言い訳として取られてしまいます。「〜だからもらえないので仕方ない!」と会社や社会のせいにするのも子供っぽいのでやめましょう。好感度が下がってしまいます。「あんまり稼げてないからもっと頑張らないとなあ」「資格を取れば社内でできることが増えるから、余暇は資格の勉強をしてる」など向上心を伝えた方が女性が受ける印象はぐっと良くなることでしょう。平均より年収が低かったとしても真摯に仕事に取り組み、社会の一員として頑張る男性はかっこよく見えるものです。言い訳より向上心を見せましょう。

言いたくなければ職種や職歴から察してもらう

言いたくなければ職種や職歴から察してもらう

正直、なんで男性は年収なんか聞かれなければならないんだ?と疑問や不快に思う男性も多いと思います。言いたくないときはもちろん言わなくてOKです。「〇〇な仕事だからぼちぼち」「転職したばかりであんまりもらえないね」などぼかしてしまえば大丈夫です。それでもしつこく聞いてくる女性がいる場合は、その女性が非常識なだけですので気にしないようにしましょう。それぞれいろんな学歴やニーズがあって社会を支えているのですから、仕事や年収で全て判断されることなどあってはなりませんよね。「こういう仕事だから察してね」と軽く受け流してしまいましょう。

合コンでは年収を聞かれる可能性大

実情、合コンでは年収を聞かれる可能性が大きくあります。婚活している女性なら重視するポイントでしょう。交際、結婚…と関係が発展していく中で、お金の話は無視できません。しかし恋愛や結婚において、実際交際や結婚に踏み切るのは性格の相性であることが多いです。あまり神経質になる必要はありません。もちろん、自信のある方や言うことに戸惑いのない方はそのまま伝えても良いでしょう。しかし、現代において収入の話はとてもデリケートなこと。答えたくない場合は察してもらったり話題を変えたりしてしまって大丈夫です。収入の額にかかわらず、自分に自信をもって仕事に打ち込む男性は、女性からとても魅力的に見えます。素敵な女性と出会うためにも、日頃から真摯な姿勢で仕事に臨むことの方が大切なのではないでしょうか。

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ