保育士と出会い彼女にする方法まとめ

boy-menber-02

保育士と出会って彼女にするためのHow toをまとめました。癒し系の彼女ができる方法です。

保育士と聞いて想像する女性像は、人それぞれです。よく聞かれる保育士のイメージは、優しいや甘えさせてくれるなどがあります。

このような、柔らかなイメージの女性を彼女に出来たならばとても素晴らしいことです。本記事では男性からの人気が特に高い、保育士に注目し出会い方や彼女にする方法を解説します。

この記事を読むことで、明日から楽しい出会いの日々が訪れるかもしれません。

出会いを探すならならワクワクメールが一番<
ワクワクメール

保育士は意外と狙い目!出会いがない可愛い子が多い

保育士を職業としている女性は、数多くいます。保育士の多くは、日々の仕事に追われ出会いがないと感じています。

保育士の仕事の、主な内容は児童の保育です。子供の保護者や保育園関係者の見ている中で、明るく元気に保育を行います。

朝から晩まで、子供の相手をするこの保育士という職業。思いの外、ハードな仕事なのです。

このハードな仕事を続ける毎日の中には、胸躍るような出会いはあまりないのが現実のようです。保育士の仕事は、年齢が高くなるにつれて体力的にキツくなります。

現場で活躍している保育士の多くは、20代の女性が多いことも特徴といえます。そして、若い子が多いということは可愛い子も多いのです。

出会いの少ない職業で、可愛い子も多い保育士に憧れを抱かない理由はありません。保育士の女性と出会い、彼女にしたいというその夢を現実の物にするには絶好のチャンスです。

まずは、保育士がなぜ出会いが少ないかを検証してみます。出会いが少ない理由を知ることが、保育士と出会うための一番の近道です。

本当に出会いが少ない

保育士に出会いが少ない理由の一つ目は、やはり女性の多い職場環境であることが一番の原因です。出会う男性の多くは、同年代であれば園児の保護者です。

既婚者で子供のいる男性との恋愛は、あまりにもハードルが高すぎます。少し年上になると、状況は芳しくなく30代の男性に出会うことは数少ないです。

保育士の働く環境では、本当に出会いが少ないのです。この出会いの少なさが、狙い目と言われる理由です。

仕事量がとても多い

先ほどもかんたんには、説明しましたが保育士の仕事量はとても多いのです。朝早くから、夜まで休む間もなく仕事があるのです。

メインは当然保育ですが、園内行事や遠足などもあるので他にも仕事は多いです。遠足などは、休日返上で行うこともあります。

しかも休みが少ない

通常の保育では、平日のみのイメージがありますが休日の仕事もあり休日数も少ないのです。先ほども出てきた、行事や遠足は時間も長く休日返上なのは当たり前です。

恋人とのんびりと、デートを楽しむ時間もなかなか出来ないことが多いです。ここまで平日や休日を問わずに、働いている保育士に出会いがあるとは考え難いです。

保護者や関係者の目を気にしてしまう

校庭や施設の関係で、近所の公園などに園児と訪れることもあります。そのような場合にも、気になってしまうことがあります。

それは園児の保護者や、関係者の目です。仕事時間以外であっても、いつどこで誰と会うかの心配が付きまとうため羽目を外すことも出来ません。

そのイメージには合っていません

保育士の女性に対して、男性が抱くイメージは保育士を悩ませる問題の一つです。よく言われる、優しいや甘えることができるなどのはほとんどが妄想です。

保育士の女性からすると、そのイメージは迷惑以外の何物でもないようです。中にはイメージに合致する女性もいますが、ほとんどの女性は異なります。

いざ保育士との出会いが訪れても、このイメージの無茶振りは控えるようにしましょう。第一印象で却下されてしまう事態になりかねませんので。

保育士と出会う方法

保育士の出会いが少ない理由を見てきました。なぜ出会いが少ないかを、理解することができたはずです。

次はもう少し、実践に即した内容にシフトします。どのような場所で、狙いの保育士に会うことができるかについてみていきます。

人と人との出会い方にも、いろいろな場所や方法があります。ここからは、代表的なパターンを5つ紹介します。

自分に向いていると思われる方法で、保育士との出会いを現実のものへと変えていきましょう。

知人や友人からの紹介

保育士を紹介できる知人や友人がいるならば、とても短時間で出会うことができます。保育士も現在は、多くの担い手がいるので全体数も非常に多いです。

仲の良い友人や知人に、保育士の知り合いがいるならばぜひとも紹介してもらいましょう。紹介なので余程のことがない限りは、変な人に出会うことはないでしょう。

逆に相手から見たときに、自分が変な人にならないように注意は怠らないでください。出会いが少ない女性は、出会いに積極的ではないこともあります。

はじめて会う同士であれば、少なからず警戒心もあります。警戒されないように、明るく楽しくを忘れないようにしましょう。

ナンパバーで出会う

ここ最近では、ナンパのできるバーも日本各地にあります。このようなバーを利用することで、ナンパを身近に感じることができるでしょう。

外見で保育士を判断することは、難しいことなので感じの近い女性を見つけることからはじめましょう。バーであれば、話のしやすいカウンター席が良いでしょう。

身近な話題や、共通の話題から徐々に話をすると良いでしょう。たとえナンパであっても、いきなりプライベートなことを話題にはしないようにしましょう。

お酒を提供している場所なので、ガードは緩くなっていることもあります。じっくり焦らずに、二人の距離を縮めていきましょう。

相席のできる店で出会う

相席をすることで、今まで会ったことのないような人との出会いを提供しています。ナンパバーとは違い、相席のお店では女性とのマッチングはスタッフにお任せです。

かんたんなアンケートや、好みのタイプからマッチしそうな女性を選んでくれます。ナンパに抵抗感や苦手意識のある人には、相席のできるお店が良いでしょう。

バーよりも価格が安価なので、のんびりとお相手探しをすることができます。

保育士の参加が多い婚活パーティーで出会う

婚活パーティーでは、学歴や職種などにこだわったパーティーも開催しています。このようなパーティーならば、保育士をピンポイントで探すことができます。

婚活パーティーは、お見合い形式となることが多いです。1対1で話をすることができるので、出会いという点では最速の部類に入ります。

婚活パーティーの参加者数も、年々増加しているので効率よく保育士と出会うことができる方法です。

アプリで「保育士」を探し出会う

婚活パーティーも参加者は多いですが、その上を行くのがアプリです。スマホ一台で手軽にはじめることができるので、幅広い層からの人気があります。

今回のテーマである、保育士を探すときにも職業から選ぶだけのかんたん操作です。

費用も比較的安価なので、安心して利用することができます。この費用も人気の1つだといえます。

Omiaiアプリの職業選択画面(Android版)

保育士としてカテゴリーが存在するほど、多くの保育士女性がアプリを利用しています。

保育士との出会いには「Omiai」がおすすめ

アプリの中でも、保育士との出会いを探すには「Omiai」がおすすめです。出会いを求めている男女の登録者数が、470万人を超えている国内でも最大級の婚活や恋活のサービスです。

運営実績もすでに、6年以上なので安心です。登録者数も、日々増え続けているので出会い探しには最適です。

安心・安全のための、取り組みにも積極的。会員登録時の本人確認から始まり、24時間365日のパトロールやサポートも力強い味方です。

登録者数も多いので、保育士の登録もとても多いです。あなた好みの保育士と、出会うことができるでしょう。

会員登録は無料なので、保育士探しのサポートとして利用すると良いでしょう。

>>保育士女性との出会いをOmiaiで探す

保育士の女性が求めている男性像

男性が求めているだけでは、出会いから恋愛に発展することはありません。保育士の女性が求めている、好みの男性像を知り出会いにも役立ててください。

どのような男性が、保育士のハートを射止めることができるのでしょうか?普通の恋愛に似ている部分もあれば、保育士ならではの部分もあります。

しっかりとチェックして、保育士との出会いに生かしてみましょう。

仕事などの苦労を理解できる人

どのような関係でも必要となりますが、相手の苦労を理解することはとても重要なポイントです。保育士の仕事を知ることが、保育士が苦労していることを理解するには欠かせません。

人の痛みや苦労を理解することで、はじめて人にも優しくすることができます。

お互いを尊重し尊敬のできる人

人の痛みや苦労・苦しみを理解することで、相手への理解が一層深まります。相手を理解することで、その相手を尊く思うことが尊重や尊敬へつながるのです。

深いつながりや、関わりを好まない風潮もありますがそのようなことが続くと全てが表面的なことだけになる恐れがあります。

積極的にコミュニケーションをとり、互いを尊重し尊敬のできる人を探してみると良いでしょう。

優しく包み込んでくれる人

仕事の中で、児童を優しく包み込む保育士。いつも優しく包み込むだけでは、自身の癒しはほとんどありません。

出会いも少なく、癒しも少ない保育士は優しく包み込んでくれる男性を求めています。

2人の時間を大切にできる人

普通の会社員とはことなり、シフト制の勤務形態が多い保育士。休日も土日休みではないことが多いです。

日曜日が休みの保育士が多いですが、固定の休みは日曜日のみで残り1日は日曜日以外の1日のいずれかが休みとなります。

固定の休みが少ないので、2人でいるときの時間はとても貴重です。この2人の時間を、大切に思い共に過ごすことのできる男性を求めています。

保育士の仕事を続ける中で、2人の時間はとても貴重であるということを理解することが求められているのです。

>>ワクワクメールを無料ダウンロード

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。