薬剤師と出会い彼女にする方法まとめ

zeeb

薬剤師はいくつもある薬の知識を幅広く持つ、いわば「薬に関するプロ」です。実は薬剤師にもいくつか種類があり「調剤薬局」「ドラッグストア」「病院」「学校」など、それぞれ薬剤師が活躍しています。

薬剤師と聞くとどこか「知的」「真面目そう」「優しそう」など、こういったイメージのある方が多いかと思います。薬剤師になるためには薬剤師国家試験という国家資格に合格し、薬剤師免許の取得をしなければならず、多くの勉強時間が必要です。そのためこういったイメージはあながち間違いではないでしょう。

薬剤師の女性と付き合うことで得られるメリットは多くあります。残業や休日出勤があまり無いのでスケジュールが立てやすいですし、社会的評価が高い職業です。また万が一、自分が体調不良に陥ってしまった場合には適切な判断の上、症状にあった薬を選んでくれるので心強い味方にもなってくれます。

本記事ではそんな薬剤師の女性との出会いから、彼女にする方法をまとめましたのでご覧ください。

薬剤師の出会いがない5つの理由

一般的に見ても社会的地位が高く、良いイメージのある薬剤師の女性ですが、意外にも出会いがないと感じている方は少なくないです。ドラマや漫画などでよくある医者との恋愛は現実にはそう多くないです。

男性からアピールを受ける機会が多くありそうな彼女たちですが、なぜ出会いがないのか解説してますので早速見ていきましょう。

職場には女性が多い

薬剤師として働く男女の割合は、女性が半数以上を占めています。また、男性が勤務する薬局でも既婚者であったり、薬に関する知識が豊富な年配の男性が多いです。

したがって勤務する薬局にもよりますが、圧倒的に女性が多いため職場での出会いはあまりないと言えるでしょう。

薬に関する勉強が欠かせない

風邪・病気の症状を更に速く改善するためや、現在の医療で完治できない病気をなくすために、新しい薬に関する研究は毎日行われています。新しい薬が開発されれば、薬を扱う薬剤師には知識が必要不可欠です。

患者の体に合わない薬を処方してしまえば、アレルギー反応などにより最悪の場合死に至ってしまうケースもあり、細心の注意を払わなければいけません。

命に関わる仕事をしていると言っても過言ではない薬剤師の彼女たちは、新しい知識を身につけるためにも勉強が欠かせず時間を費やしているので、恋愛に使う時間があまり取れません。

限られた人間関係の中ストレスを溜めやすい

薬剤師は勤務地にもよりますが基本的に少人数の体制で、お客さまを極力待たせることのないよう迅速かつ適切な対応をしなければなりません。そのプレッシャーから知らず知らずのうちに、ストレスを溜め込みやすい職場であると言えます。

また、薬局は誰もが1度は訪れた事が有るかと思いますが、広いとは言い切れない職場スペースです。そんな中長時間勤務するため、疲れも溜まりやすいでしょう。

仕事で溜まったストレス・疲れを休日癒すために家で過ごす薬剤師も多いでしょう。

患者さんとの出会いはまずない

お客さまを接客する中で出会いのある職業は世の中に少なからずありますが、薬剤師の場合ほとんど0の確率でないでしょう。処方する薬を間違えれば、患者さんの命に関わるため仕事中に気を抜けませんし、そういった雰囲気になる事もまずないでしょう。

こういった理由から患者さんとの出会いはありません。

控えめな女性が多い

薬剤師は6年間もの期間をかけて勉強しなければなれませんし、その後は国家資格に合格する事が必須です。大学生活でハッチャける人が多い中、薬剤師を目指す人たちは勉強しています。薬に知識を吸収するには相当な努力が必要であるため、真面目な人が多いでしょう。

真面目で控えめな性格であるため合コンなどに積極的に参加する事ができず、出会いがあまりありません。

薬剤師の女性と出会う4つの方法

上記では薬剤師の女性はなぜ出会いがないのか解説しました。しかし世間では、社会的ステータスの高い薬剤師の女性と出会い、交際している男性は数多くいるのも事実です。

薬剤師の女性と理想の恋愛生活の第一歩を歩むために、まずは「出会う」ことは避けて通れませんし、行動しない事には始まりません。どうすれば薬剤師の女性と出会う事ができるのか4つ紹介してますので、早速チェックして行動してみましょう。

友人からの紹介で出会う

定番の方法ですが、友人に知り合いの薬剤師女性がいる場合には確実に出会える方法でしょう。

友人から紹介してもらう方法は、交際に発展する可能性は高いです。共通の知り合いがいることから話す話題もたくさんありますし、紹介してもらっているという事は相手に交際相手がいない事は当然でしょう。

街中や合コンでの出会いもありますが、金銭目的の悪い女性も中にはいますし、何より「薬剤師」であるかは見分けずらいです。紹介してもらう事で、安心して出会う事ができるでしょう。

相席ができるお店で出会う

相席屋は基本的に女性は無料で楽しめる事ができるので、圧倒的に女性の人数が多いです。しかし出会いに真剣な女性の割合は比較的少ないと言えます。

しかし、婚活パーティーなどに比べるとコストパフォーマンスは優れています。女性の割合が多いことから目当ての薬剤師の女性も、数を当たれば参加しているでしょう。

今すぐに出会いたいという方ではなく、自分のペースで出会う事が出来れば良いといった方向けの方法です。

婚活パーティーに参加して出会う

婚活パーティーに参加する方の大半が出会いを真剣に考えています。そのため、交際に発展しやすいと言えるでしょう。

PARTY⭐︎PARTYでは「同世代」「地域」や「職種」に関するテーマでパーティーを開催しているため、好みの女性と出会う事ができるでしょう。

ぜひ、チェックしてみてください。

>>「PARTY⭐︎PARTY」で薬剤師の女性を探す

マッチングアプリで出会う

マッチングアプリ のメリットは多くあります。自分の空いた時間を有効に活用する事ができますし、相席屋や婚活パーティーに参加するよりコストを削減できます。

また「年齢」「地域」「職業」などターゲットを絞り、自分好みの女性を探すこともできます。現実で地道に出会いを探すより、ネットを有効に活用する事で薬剤師と出会う確率を大幅に上げる事ができます。

中には悪質なサクラも潜んでいるので注意しましょう。

マッチングアプリ は数多くありますが、有料と無料のオススメのアプリを1つずつ紹介しておきます。

有料のマッチングアプリ のオススメは「ペアーズ」です。

ペアーズは国内でトップクラスの会員数を誇り、安心して使用する事ができるでしょう。また操作方法がシンプルであるため、初心者の方でもスムーズに使用する事ができます。

無料のマッチングアプリ のオススメは「ティンダー」です。

ティンダーはGPS機能を使用しているため、自分と近い女性が表示されます。内部での課金制度はありますが、無料でも充分機能性が高いので登録しておきましょう。

>>有料 「ペアーズ」で薬剤師を探す

>>無料「ティンダー」で薬剤師を探す

薬剤師の女性が求める5つの男性像

さて、ここまで薬剤師の出会いがない理由から出会う方法まで紹介してきましたが、最後に薬剤師が出会いたい男性像を紹介していきます。

薬剤師と出会いはしたものの、交際に発展できないといった残念な結果にならないためにも、チェックしておきましょう。

経済力のある男性

薬剤師として働く女性の収入は、一般女性と比べると当然高いです。収入に関する要素は結婚する上で重要なポイントの1つですが、薬剤師の女性と結婚する事でその要素は解決できるでしょう。

しかし、収入が高い分相手にそれを求めている事は少なからずあると言えます。

落ち着きのある大人な男性

女性と交流する中で「ノリの良さ」や「元気」である事は大切な要素でありますが、「落ち着きのある大人な男性」を演じることも大切な要素の1つであると言えます。薬剤師女性の場合は真面目で控えめな女性が多い分、こういった男性を好む傾向にあると考えられます。

他の男性とは違う、余裕のある男性はどこであってもモテます。

仕事の苦労・悩みを理解してくれる男性

薬剤師はその業務内容や人間関係から、知らず知らずのうちにストレス・疲れを溜めてしまいがちな職業です。仕事での苦労や悩み話しを聞いてあげる事で、相手のストレスを発散させてあげる事ができます。

良好な関係を続けるためにも、仕事についての相談に乗ってあげましょう。

知的好奇心が旺盛な男性

薬剤師はその職業柄、真面目な女性が多いです。6年間の学習期間を経て就職しても、新しい薬に関する知識を身に付けなければなりません。一緒に勉強まではしなくとも、興味を持って話を聞いてみてあげる事だけでも嬉しく思うでしょう。

清潔感のある男性

清潔感のある男性は、どの職業の女性関係なしに必要不可欠であると言えます。「毎日入浴している」「毎日歯を磨いている」などが清潔感のある男性ではなく、これらは最低ラインです。

清潔感のある男性の具体的な特徴として「髪の毛をワックスで整えている」「爪が長くない」「肌がキレイ」などが挙げられます。髪の毛の整え方かわからない方はYoutube等の動画でも学ぶ事ができますし、肌の手入れについてもお風呂上がりに化粧水でケアする事で、肌を清潔に保つ事ができます。

この機会に自分の清潔感をしっかりと見直し、カッコいい男性を目指しましょう。

 

タグ一覧へ