アナウンサーと出会い彼女にする方法まとめ

oka

アナウンサーと出会い方法、彼女にする方法をまとめました。

大学のミスコン優勝経験者も珍しくない女性アナウンサー。テレビ画面を通じて常に見られる職業ということもあり、見た目が清楚。しかも立ち居振る舞いやマナーも洗練されています。

男性が彼女にしたい、結婚したいという理想の職業でも常に上位! その一方、恋人がいない・未婚など、男性関係の意外な少なさも気になるところ。どうして女性アナウンサーに出会いがないのか、そこから見えてくることからアプローチ方法などをご紹介します!

出会いを探すならならワクワクメールが一番<
ワクワクメール

アナウンサーに出会いがない5つの理由

モテる女性の象徴とも言えるほど人気の女性アナウンサーになぜ出会いが少ないのか。それには、女性アナウンサーならではの理由があります。

1.生活リズムが合いづらい

基本的には会社員ではあるものの、一般職とは違い生活リズムが非常に不規則。早朝のニュース担当ともなると、午前2時3時の出勤も当たり前。もちろんスッピンで出勤できる訳がないので、男性以上に出勤の準備は時間がかかります。

取材や臨時中継で、突然の出勤や出張が入ってしまうこともあります。特番などの収録で普段なら休日の日に仕事が入る可能性もあり、プライベートの時間はかなり少ないです。地方局以外のアナウンサーになると、更にそれが顕著になります。

結婚したい、彼氏がほしいと思って入るものの、出会える時間が少なかったり長く続かなかったり、女性アナウンサーの仕事は想像以上にハードです。

2.関係をオープンにできない

テレビに出ているので、男性関係を下手にオープンにはできません。人気女性アナウンサーにもなると、スクープを狙う週刊誌の記者に目を付けられていることも。

そうでなくとも、女性アナウンサーは顔が人に知られています。誰かと歩いていただけで、SNSなどに載せられてネットニュースになってしまう可能性もゼロではありません。同性に嫌われがちな女性アナウンサーや、担当番組・コーナーを持っていると特に注意が必要です。

男性関係が会社にバレるだけで、キャスティングに支障が出たり昇進に影響が出てしまうこともあります。芸能人ではないからと言って、油断できません。キャリアを積みたいという女性アナウンサーほど不用意なことは避けるので、敢えて男性を遠ざけるようにします。

3.モテすぎる

恋人にしたい職業でもトップクラス。同僚を始めタレントなどに囲まれているので、出会い自体は多すぎるほどある彼女たち。スポーツ選手へのインタビューも、民法では女性アナウンサーが担当していることが多いです。

女性アナウンサーは容姿が女優並みに整っていることも多く、それでいて女優のようにマネージャーや所属事務所の目はありません。女優よりもガードが甘い、アナウンサーというステータスなどの理由で、異性からの誘いは絶えません。中にはアナウンサーという職業だけで誘うような男性もいるので、声を掛けられること自体にウンザリしてしまっているケースもあります。

4.知識も経歴もハイレベル

ほとんどの女性アナウンサーは有名大学出身。しかも入社試験は確率も低い狭き門です。複数のアナウンサー試験を受験して、やっと合格できたということも少なくないので、高確率で職業に高い意識とプライドを持っています。

報道番組を担当していると、事件から経済まで幅広い情報を取り扱います。コメントを求められることもあるので、ある程度の専門知識は必須。緊急速報などでの落ち着いた対応能力も必要です。頼りないコメントや知識が感じられないと担当を降ろされてしまいかねません。

元々の知識に加え日々の勉強も重ねているので、並の男性以上に高い経歴と知識も蓄えています。男性が物怖じしてしまったり始めから諦めてしまい、結果として男性関係が少なくなってしまうことも多いです。

5.相手にも同程度のスペックを求める

自身が頭も良く仕事ができるので、頼りない男性が眼中に入らない女性アナウンサーも少なからずいます。給料の増える見込みのないお笑い芸人と付き合っていたりするといった芸能情報もありますが、これは稀なケース。もしも彼氏がいたと周囲にバレたりスクープになったりしても恥ずかしくないような相手を探そうとするのが自然です。

フリーアナウンサーなら多少は求めるスペックが低くなることもあります。ただ、フリーになったことでより人気になった女性アナウンサーは更に上の男性を求めたり、女優のような意識の高さを持ってしまうことも。こうなると簡単に一般男性も簡単には近付けません。

アナウンサーの女性が出会いたい男性像

女性アナウンサーが出会いたい男性像には一定の傾向があります。それを抑えておけば、アナウンサーの彼女を作ることも夢ではありません!

特別扱いしない

テレビに出ているので、一般人よりも特別感のある職業をイメージしてしまいますよね。ですが、彼女たちの仕事はあくまでもアナウンサーであり、タレントや芸能人ではありません。職業意識の高い女性ほど、自分がアナウンサーだと特別扱いされることは嫌います。

特別扱いされると、アナウンサーだから付き合っているのかと勘違いされる原因になることも。そうした不安を感じさせない、普通の一個人として自分を見てくれる男性を女性アナウンサーは求めます。

仕事を理解してくれる

出会いがない原因として挙げたとおり、アナウンサーの生活は非常に不規則です。休日だからデートの約束をしていたとしても、緊急のニュースや事件で出張になってしまうことも考えられます。付き合っていてもすれ違うことは多く、担当コーナーの時間帯変更でスケジュールが変わったり、別の支社へ転勤になることもしばしば。

社会的に自立している女性アナウンサーが特殊な仕事環境だということを理解できない男性を彼氏にするメリットはありません。仕事柄なかなか会うことができないし、連絡もすぐには取れない。そうした事情を理解してくれ、むしろ自分の仕事に合わせてスケジュールを調整してくれるような男性こそが女性アナウンサーの理想とする男性像です。

誠実で信頼できる

信用できる相手かどうかも重要なポイント! アナウンサーの彼女ができたとペラペラ喋ったり写真をSNSにあげそうな相手と付き合う女性アナウンサーはいません。SNSに依存しがちな男性はリスクが大きく敬遠されがちです。

また、誠実さも欠かせない要素です。予定が合いづらく生活リズムも不規則ですれ違いになりやすい。これは女性側にとって、男性の行動が見えにくいことにも繋がります。会えないのを幸いに浮気をしたり、別の相手と会っていそうな不安を感じさせる男性は完全NG!

チャラチャラした男性よりも、誠実さが人柄にあらわれている男性の方が間違いなく好かれます!

疑り深くない

女性アナウンサーはモテます。デートや食事などに誘われる機会が一般女性より多いことは事実です。その度に不安がったり浮気を疑っていてはキリがありません。彼氏がいるのに誘われて困っているのは他ならぬ彼女自身。その気がないのに、誘われてしまっただけで疑われ詮索されるのは精神的に負担です。

彼氏がいることが公になっていれば誘いは減りますが、よほどオープンな性格のアナウンサーでも無い限り考えにくいです。トップクラスの人気色なので、仮に彼氏がいると知られていても誘いをかけられることも仕方ありません。彼氏であることに自信を持って、不必要に疑わず自分を信じてくれる。それがアナウンサーの求める男性です。

お互いに自立した対等な関係を築ける

寿退社をする女性アナウンサーは少ないですよね? 難関を乗り越えてアナウンサーになった彼女たちは、仕事が忙しくても簡単に辞めたいとは思いません。

いつも朝ごはんを作ってくれて、掃除も洗濯もそつなくこなしてくれる。働く女性に対して昭和の男の理想を押し付ける相手は嫌われます。かと言って、常にハイスペックな男性に囲まれて仕事をしているので、ヒモのような男性も求めません。

アナウンサーが好きなのは、お互いに仕事にプライドを持っていて対等な関係を築くことができる男性です。

アナウンサーと出会う方法

付き合うのはおろか、出会う方法すら難しいイメージがある女性アナウンサー。そんな彼女たちと出会う方法をご紹介します!

結婚相談所へ登録する

結婚相談所は会員同士での交流になるので、結婚を前提とした交際をしたい真面目な女性が集まります。入会条件が厳しく、女性にも会員費が必要なところになれば、女性アナウンサーが登録している確率も高め!

女性アナウンサーはレアな存在と思いがちですが、地方局なども含めると絶対数は決して少なくありません。また、有名なテレビ局へ転職することを諦めた地方局の女性アナウンサーは、結婚に対する焦りを感じます。

結婚相談所なので、男性にも相応の経歴は求められますが、出会える可能性としては高めの部類です。

友人から紹介してもらう

高学歴な友人なら、女性アナウンサーと同窓生という可能性もアリ! 友人のツテを使って紹介してもらうのも1つの方法です。事実、結婚した女性アナウンサーが出会ったのは友人の紹介や、大学の同期だったということも珍しくありません。

この方法なら初対面でも警戒心が薄れので、上手く行けば一気にお近づきになることもできます! ただし、女子アナという職業目当てに近付かれたと思われる可能性も高いので、アナウンサーだとは知らなかった体にするのがおすすめです。

テレビ局の関係者になる

テレビ局に出入りできるのはアナウンサーだけではありません。一つの番組を撮影するにも、音声や映像や美術など多くのスタッフが関わっています。アナウンサーと知り合うためにテレビ局に務めるのも手です。テレビ局へ就職するのは簡単ではありませんが、音声などなら学歴以上にスキルが求められます。

映像音響など、スキルを証明できる資格を持っていればテレビ局に就職するのも夢ではありません。専門学校も各地にあるので、そこで学べばより就職しやすくなり、アナウンサーへ近づける第一歩になります。

テレビ局近くの店へ出入りする

全くツテがないなら、テレビ局の近くで行きつけの店を作るのも意外に有効! ランチは局内で済ませることも多いので望みは薄いですが、深夜営業をしているバーや居酒屋ならアナウンサーを含めテレビ局の関係者が出入りする可能性が高いです。

いきなりアナウンサーと知り合うのは難しくても、テレビ局の関係者に知り合いができれば、そこから繋がりもできます。遠回りに感じますが、女性アナウンサーを彼女にするなら普通以上の努力は必要不可欠!安いバーや居酒屋よりも、少し高めの良い物を提供している店や個室もある店が狙い目です。

マッチングアプリを使う

とにかく女性アナウンサーと知り合いたい! そんな方はマッチングアプリを使うのもおすすめです。先に紹介した出会いの方法を実践しながら、併行して使えるので確率も上がります。

マッチングアプリやSNSで出会ったという有名人や著名人のニュースがたまに話題になりますよね。これは、信頼できるツールであれば、有名人が使っても大きなリスクにはならないということ。

マッチングアプリはかなりの数があり、新しいものができては消えていきます。登録するなら、長く運営しているマッチングアプリにしましょう。情報漏えいの恐れもある新規アプリに登録する有名人はいません。

1つ目のおすすめはハッピーメール。

登録者数が数百万人以上と圧倒的に多く、マッチングサービスを長く運営している老舗です。軽い恋人探しや、多数の相手と一気にやり取りをして出会いの確率を上げることもできます。職業検索もできるので、目当ての女性を探すのも難しくないでしょう。

>>ハピメで女子アナを探す

 

2つ目のおすすめはOmiai。

アプリ名通り、真面目な出会いを求めている女性が多く登録しています。女性アナウンサーなら遊び目的よりも真面目なお付き合いを探す可能性が高いです。

もちろん複数アプリを同時に使うのもアリ! アナウンサーを彼女にするのは簡単ではないので、様々な方法を駆使して少しでも確率を上げましょう!

>>アナウンサー女性との出会いをOmiaiで探す

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。