料理男性はモテる?料理ができてモテる男とモテない男の違いまとめ

ba4

モテたい一心で「料理好きな男」アピールをしているのになぜかモテない…。
同じ「料理男子」のはずなのに、モテるモテないの差は何なのか気になりますよね。
この記事では、料理ができてモテる男とモテない男の違いをまとめました。
モテる男性になって女性の心を掴みましょう。

女性に自分の魅力を伝えるための様々なアピール。
中でも「料理好きな男」のアピールをする人が多くいます。

 

実際、料理好きな男性は女性からの好感度が高いものです。

手際よく調理している姿はとても格好よく見えるので、モテるポイントになります。

 

最近では、共働き家庭が増えてきていますよね。

やはり、女性はお互いに支えあって生活ができそうな男性と結婚したいと思うもの。

料理ができる男性なら、女性にだけ家事の負担がかからないイメージ。

そのため、男性に好印象を持ちます。

 

しかし、「料理好きな男」アピールをしても、かえって逆効果になることも。

それは、間違った料理男子アピールをしている可能性があります。

同じように料理ができるのに、モテるモテないの差は何なのか気になりますよね。

 

この記事では、料理ができてモテる男とモテない男の違いをまとめました。

モテる男性になって女性の心を掴みましょう。

料理ができる男性は、やっぱりカッコ良い

三食外食ばかりだと、お金がかかるし自炊をしようかな…。

一人暮らしで自炊を始めたことで、「料理男子」になるパターンがあります。

男性向けの料理本や料理番組などがたくさん。

そのため、「始めてみよう」という気持ちになりやすいですよね。

 

全く料理ができないよりは、できる男性の方が好印象。

まずは、料理ができる男性は、カッコ良いと思うことについてご紹介します。

女性目線の意見を参考に、モテる理由を見ていきましょう。

「もこみち」レベルはいらない

芸能人の中で「料理男子」と呼ばれる方が雑誌やテレビで注目されています。

中でも俳優の速水もこみちさんは、料理男子の代表格。

テレビ番組では、料理コーナーを担当されていました。

オリーブオイルを多く使ったメニューが強い印象でしたね。

 

手際よく野菜を切ったり炒めたり、調理を進める姿はとても素敵に見えます。

しかし、今まで料理をしたことがない方にはハードルが高く見えるものです。

やはり、未知の領域だから不安になるもの。

 

凝った料理を難なく作れるようにならないといけないのか…と思う方が多くいます。

しかし、それはあくまでもテレビを通して見ているからこそです。

番組のコーナーだから「もこみち」レベルがカッコ良いと思うもの。

普段の生活では、女性は男性の料理レベルが高いものを求めていません。

 

凝った料理を出す男性が、素敵に見えるのではないことに注意しましょう。

食べ慣れた普通レベルの料理を手際よく作れる料理男子が好印象になります。

料理ができることが重要

料理をするのは、意外と手間がかかるものです。

献立を考えたり材料を買い揃えたり、調理の他にもすることがたくさん。

 

料理を皿に盛り付けて終わりではありません。

その後には調理器具や皿などの後片付けなど工程が山盛り。

料理をしない男性はその大変さを知りません。

 

そのため、仕事で疲れて帰ってきた彼女や妻に気遣いができないのです。

「ご飯はまだ?」なんてセリフを言ってしまい、苛立たせてしまう原因に。

 

しかし、料理男子なら、料理に手間がかかることを理解しています。

プロレベルの料理が出来ないからと言って、不安にならないでくださいね。

女性はそこまで求めていないので安心しましょう。

 

日常で困らない程度の料理ができる、それがとても重要です。

女性は高いレベルを求めていません。

そのことを知っていると、男性側としては気持ちが少し楽になりますよね。

女性との会話の幅がひろがるのでモテる

仕事以外で女性と話す機会が出来たときに、何を話そうか困ることがありますよね。

合コンなどの場で、話に困って黙り込むなんてことは避けたいもの。

そんなときに役に立つのが料理の話題です。

 

コミュニケーション能力が低めだと悩んでいませんか?

「料理男子」なら女性との会話の幅がひろがるのでモテます。

女性と話して盛り上がるには、お互いが共感できる内容が一番です。

 

男性が好きなジャンルの話題の多くは、女性が付いていけないものがあります。

しかし、料理なら得意でも不得意でも女性にとって話をしやすい内容です。

 

会話の幅がひろい男性は、気軽に話しやすいと思われます。

その話しやすさがモテに繋がることを知っておきましょう。

モテる料理男子のポイント

料理ができる女性に男性はいい印象を持ちますよね。

女性も料理ができる男性には好印象です。

 

しかし、ただ料理ができるだけでは物足りないことがあります。

その理由は、最近「料理男子」が増えてきているからです。

料理中の男性の姿を女性は、よくチェックしていることを知っておきましょう。

 

ここからは、モテる料理男子のポイントをご紹介します。

せっかくおいしい料理を作るのですから、それだけではもったいない。

女性受けポイントを押さえて素敵な料理男子になりましょう。

魚を処理ができる

魚釣りを趣味にしている男性がいますよね。

その釣ってきた魚やスーパーや魚屋で売られている鮮魚。

それを手際よく処理ができると、女性からモテる要因になります。

 

実は、魚の内臓を取る作業ができない女性が多くいるのです。。

スムーズに魚をさばける男性はとても頼もしい存在。

魚の下処理ができない女性にとって、魅力的に見えます。

 

魚の処理の仕方も慣れてしまえば、意外と簡単にできるものです。

女性が苦手なこと手際よく出来る「料理男子」は女性受け間違いなし。

見た目も綺麗に盛り付けできる

料理を頑張って作ったのに、適当に皿に盛るだけではもったいない。

綺麗に盛り付けができる男性も女性からモテることを知っておきましょう。

 

見た目が綺麗な料理は、食欲がそそりさらにおいしそうに見えるものです。

普段は、細やかな気遣いをしなさそうなタイプの男性。

それが、料理の扱いが丁寧だとそのギャップに女性はドキッとしてしまいます。

 

しかし、おしゃれに凝りすぎた個性的なの皿に盛り付けるのはマイナスイメージに。

こだわりが強すぎる男性だと思われてしまい、モテない料理男子になってしまいます。

シンプルな皿を使って綺麗に盛り付けるのがポイントです。

 

「綺麗に盛り付けなんて難しいそう」と不安になっていませんか?

盛り付けるのはコツがあります。

 

料理に高さが出るようにすると、おしゃれで綺麗な見た目に。

平べったく皿に乗せるのではなく、中央部分が高めになるよう意識してみましょう。

ちょっとしたことで、綺麗な盛り付けになります。

肉料理など、男飯もつくれる

大きめの肉や魚を使ったボリュームたっぷりの料理は、女性はあまり作りません。

そのため、男性が作る「男飯」はとても魅力的に見えるものです。

 

男性ならではの豪快さも料理男子がモテる理由の一つ。

ボリューム満点でしかもおいしいとなれば、女性からの印象は大幅にアップします。

 

ただし、毎回大きめの肉や魚を使った料理ばかりでは、飽きられてしまうことも。

「男飯」はたまに作るからこそ、普段の料理とのギャップがあって素敵に見えるのです。

 

ボリュームがある料理を作っている姿は、カッコよく見えるもの。

女性にアピールしたいここぞというとき。

そんなときには、手際よく「男飯」を作ってみるのもいいですね。

女性に引かれる料理男子

女性から好感度が高い「料理男子」なのに、なぜか距離を置かれている気がする…。

味も見た目も悪くないはずなのに、何がいけないのかな?

 

料理の話をしたり手料理をふるまったりしても、いい反応がもらえないことがあります。

その理由は、女性が求める「料理男子」像とズレが生じている可能性も。

 

ここからは、女性に引かれる料理男子についてご紹介します。

女性がマイナスイメージを持ってしまう行動が、引いてしまっている原因に。

モテない料理男子から抜け出すために、引かれてしまう行動を知っておきましょう。

スパイスなど、原材料のこだわりが強すぎる

有名な産地の食材や珍しいスパイスなど、料理はこだわり始めると際限なし。

また、調味料や器具などをコレクションのように集めている「料理男子」がいます。

 

コレクター意欲をかきたてる要素が料理には多くあるのです。

男性は凝り性の方が多いため、料理にハマるととことん突き詰めてしまうことも。

 

しかし、そのこだわりが強すぎるのも女性から引かれてしまう原因です。

聞いたことのないような珍しいスパイスをふんだんに使った料理。

そんな凝った料理を自慢げに女性に出していないでしょうか?

 

あなたのこだわりを一生懸命女性に説明しても引かれる一方です。

女性が求めるのはこだわりの一品ではなく、普通の家庭的な料理。

スパイスや原材料は見慣れた物だけで、十分おいしい料理ができます。

高級食材ばかり使って料理する

100グラム1000円以上の高級な肉や農家さんこだわりの方法で育てられた野菜など。

高級食材は色々ありますよね。

そんな高い食材をたくさん使えば、おいしい料理になるのは当然です。

ただ、「この料理にはこれだけお金をかけたんだ」とアピールしていませんか?

そんなことを伝えられても、女性は引いてしまいます。

 

「高い材料を使っているのに、味付けが良くない…」とがっかりされる可能性も。

いくらおいしくても1食あたりに高いお金をかけすぎるのは、NGです。

モテる料理男子からは程遠いものになります。

 

将来、毎日料理をするときに高級食材ばかり使うなんてことはできません。

安い材料で簡単においしい料理を作る男性の方が、好印象です。

 

材料にお金をかけすぎないように気をつけて、料理をしてみましょう。

財布に優しい値段の材料で料理ができるかがモテるポイントです。

料理が出来上がるまで時間がかかりすぎる

料理には、10分程度の短時間で出来る物から、1日以上かかるものまで様々。

高級レストランで食べるなら、手が込んだ料理でも特に不満もありません。

むしろ、味が染みていておいしいと高評価に。

 

しかし、普段の料理では別です。

いかに短時間で手際よく調理できるかがポイント。

毎日毎日、材料を一晩煮込だ料理なんてできませんよね。

 

料理が出来上がるまで時間がかかりすぎるのは、マイナス評価。

現実的な「料理」に見えないため、女性は引いてしまうのです。

料理に時間をかけてしまうのも、こだわりが強いからこそ。

 

しかし、そのこだわりの強さを前面に出しても女性から評価してもらえません。

誰でも手軽に作れるメニューで料理男子をアピールすることをおすすめします。

作りながら片付けができない

張り切って料理をしたものの、後片付けまで気が回らないことがあります。

「片付けをしないと…」と思っても気力や体力が持たない場合も。

料理を「皿に盛り付けて終了」では女性はがっかりしてしまいます。

 

料理は自分、片付けは女性の役割と思っていませんか?

片付けまでが料理です。

 

シンクに溜まった調理器具や食器の片付けもするように心がけましょう。

煮込んだり炒めたりしている少しの間でも洗い物はできます。

作りながら片付けができる男性は手際が良く見え、女性から好印象なのです。

 

キッチンをきれいに使える男性だと、料理に慣れているイメージを持ちます。

自分で使った物を洗いながら、料理と同時進行で片付けを進めてみましょう。

作るだけが料理ではないと意識するだけで、モテる料理男子になります。

ウンチクがうざい

自分がこだわっていることは、無意識のうちに熱く語ってしまいがちです。

凝っているものについて、話していると楽しくなりますね。

また、女性が知らない内容だと、優越感に浸り気分が良くなってしまうもの。

 

しかし、料理に関するウンチクも女性からはうざいと思われてしまいます。

自分勝手に語る男性は、マイナスイメージしかならないことを知っておきましょう。

 

料理の知識をひけらかしても、女性からは全くモテません。

料理をおいしく食べたいという女性の気分が、盛り下がるだけ。

 

ウンチクをだらだら語る料理男子より、知識をひけらさない料理ができない男性。

この2人なら後者の方がマシと思われることもあります。

多少の豆知識程度ならうざいとは思われませんが、語りすぎは禁物です。

 

ウンチクをたくさん聞きたいから料理男子が好きというのではありません。

料理について話すときは女性の反応を見ながらにしましょう。

語りすぎないようほどほどにするのがポイントです。

女性受けの良い「料理男子」になるためには

ただ料理ができるより女性ウケの良い「料理男子」になりたいですよね。

モテるのに必要なのは、こだわりや時間をかけた料理ではありません。

 

凝った料理よりも手軽に作れる家庭的な方が女性から好印象。

男性にプロレベルの料理は求めていないのです。

料理男子として大事なのは、女性への気遣いと手際の良さ。

 

楽しく食事をするためにウンチクを語りすぎない、使った物はきちんと片付ける。

こういった点を気をつけるだけでも印象は大きく変わります。

素敵な料理男子になって女性の心を掴みましょう。

タグ一覧へ