SNSの出会いが増えている?みんなの本音と出会い方

yk

ひと昔前まではネット上の出会いに批判的な風潮がありました。SNSは匿名で利用する人が多く、昔は警戒する人の方が圧倒的多数でした。

ですが、最近では気軽に相手とコミュニケーションがとる人が多く、異性同士でもハードルは下がってきています。

小さいころからインターネットに触れていて、SNSを利用することが当たり前になってきている世の中になっているので、SNSの出会いも認められるようになりました。

そして、実際にはSNSで出会って結婚というカップルも増えています。

出会いにおすすめのSNSと、実勢にSNSで出会った人の口コミを集めました。あなたに合ったSNSの出会いを見つけて下さい。

SNSで出会いが増えている!?

調査によるとSNSを利用している20代は90%以上いて、40代でも70%以上の人が利用しています。

そこから実際に出会い、恋愛に発展した人は10%と、SNSを利用して出会いがあった人は10人に1人とかなりの確率になってます。

また、マッチングアプリに関しては20代・30代の5人に1人が利用しているとのことで、出会いにSNSを利用している人が増えています。

みんなの意見・口コミ

SNSでの出会いについてみんなの意見と口コミをまとめてみました。

男性と女性ではSNSからの出会いについて肯定的な人に少しの差があり、男性の方が10%ほど多いようです。

理由としては、「本人同士が良く、お互いに本気の恋愛なら、SNSで出会ったとしても問題はないと思う」という意見が多く、出会い方を気にしないという人は多いようです。

また、年齢を重ねると出会いの場が少なくなってきて「SNSも出会いの場の一つだと思う」という理由も肯定的な意見としてあるようです。

それとは反対に否定的な意見としては「SNSでの出会いから事件に発展したケースをニュースでよく見かけるから怖いと感じる」という意見や「こちらが本気でも、相手が軽い出会いを求めていて引いた」とお互いの気持ちの違いにより敬遠する人もいるようです。

SNSでは、お互いに顔が見えないという事もあり、言葉の使い方やコミュニケーションの取り方によって出会いに繋がるかどうかが分かれ道になりそうですね。

マッチングアプリの影響で増えている

最近では20代の5人に1人はマッチングアプリを利用しているというデータがあります。

すれ違いの出会いを提供するマッチングアプリや、有名なIT企業のグループが運営するマッチングアプリなどがあり、気軽にマッチングアプリに登録することが出来るようになりました。

身近な人だけではなく、もっと多くの人と出会いたいという若者が増えたことで、マッチングアプリの垣根が低くなったと言えます。

SNSが一般的になり、マッチングアプリの垣根が低くなったことで、SNSからの出会いもリアルの出会いと同じような感覚で増えています。

セフレ・ワンナイトが多いのも事実

SNSは気軽に利用ができ、知っている人とは違う出会いがあるので、セフレやワンナイトの相手を探している人も多いです。

知り合いでセフレやワンナイトの相手を探すよりは、お互いにその相手を探しているSNS上で知り合った方が後腐れもなくて良いですよね。

実際に、女性もセフレやワンナイトの出会いとして利用している人も多いそうです。セフレやワンナイトを探している場合は、SNSを利用してみるのも良いでしょう。

出会いがあるSNSのランキング

実際に出会いのあったSNSをランキング形式で紹介します。SNSによってNGなことがありますので、それぞれの特徴をしっかりと把握して利用した方が成功率は高いです。

また、SNSによっては出会いを求めていないという異性もいます。それを見極めることも必要で、出会いを求めていない人にアプローチしても「気持ち悪い」と警戒されてしまい、SNSの利用が出来なくなることもあるので注意しましょう。

マッチングアプリ

一番人気のあるSNSは「マッチングアプリ」です。そもそもが出会いを求めている人ばかりなので、自分が希望とする相手と出会いやすいという特徴があります。

気軽に出会える掲示板を利用してワンナイトやセフレの相手を見つけた人もいれば、結婚にまで至った出会いを見つけた人もいます。

実際に「一夜限りの相手をマッチングアプリでいつもゲットしている」という口コミと「マッチングアプリで出会った女性と結婚することになり、出会いに感謝です」という口コミもあります。

女性は無料で利用することが出来るので、女性が積極的に利用している点も嬉しいですね。また、匿名で登録出来るマッチングアプリもあるので個人が特定されにくいということもあるようです。

マッチングアプリにはピンキリで、結婚や真剣なお付き合いを求めている場合と、気軽に出会いたいという場合では利用するマッチングアプリが異なりますので、自分がどういった出会いを求めているのかをよく考えて利用しましょう。

インスタグラム

インスタグラムは、写真を投稿するSNSなので、お互いのセンスが一致しやすい出会いとなります。趣味やセンスが似ていると距離もグッと近くなりますよね。

インスタグラム特有のハッシュタグ(#)を利用して、自分のセンスや好みとマッチする人を探します。そこから「いいね」を押したり、コメントを入れたりして交流を深めていきます。

DMで会話するようになったら親密度はかなり高くなっていますので、会える確率も高くなりますよ。

インスタグラムは「インスタ映え」という言葉が生まれるくらいに、写真のセンスがとても必要となってきます。おしゃれな写真が撮れないという方は、インスタ映えするスポットに出かけるなど、工夫をする必要があります。そして、写真は出来るだけ色がたくさん入っていた方がかわいく見えるので、女子受けは良いです。

実際の口コミでは「ファッション好きな自分にはインスタが合っていました。ハッシュタグで見つけたおしゃれでカワイイ女の子と飲みに行くことに!普段の生活や自撮りも投稿に入れていたので、怪しさもなかったようです。」という方がいたので、おしゃれな写真だけじゃなくて、日常の何気ない写真や自分の写真をを載せるのも女の子の警戒心を緩めてくれるようです。

ツイッター

ツイッターは匿名で140文字の言葉をつぶやくことが出来る気軽なSNSです。フォローが多ければ多いほど出会いの幅は広がりますが、最初はフォロワーもいないのでそこから出会いを探すのは時間がとてもかかります。

検索機能を利用すると、その言葉をつぶやいている人を探すことが出来るので、そこから自分が出会いたいと思う人を探せます。

ツイートにコメントを残すと怪しまれるので、最初は「いいね」を押して相手の反応をみることからスタートした方がよいです。共感できるツイートを見つけては「いいね」を押していくことで、フォローしてくれる人も増えていきます。

何度かリプでやりとりしていると、親密度が増していきますので、そんな時にはノリよく「飲みに行こう」と誘ってみると良いですよ。

ツイッターはとにかくノリが大事なので、あまり真面目な堅いリプをしないように適度な距離感で軽く交流しましょう。間違えても「あなたの考えは間違えている」というような反論や意味不明なリプはつけないように気を付けて下さい。

即ブロックされて交流が出来なくなるどころか、ツイッターで交流していた人達との繋がりも途絶えてしまうということもあります。

mixi

mixiは、コミュニティが豊富にあり、そこから出会いに繋がるという事が多いです。

mixiとしては出会い目的の利用は禁止となっており、恋人募集のコミュニティなどは存在しません。あってもすぐに削除されてしまうのでコミュニティは立ち上げない方が良いです。

コミュニティは友達や仲間を作るという目的となっており、そこから飲み会やコンパなどが行われます。そこで出会った人と恋人に発展したというカップルも多いです。

コミュニティはテーマで集まるので、趣味や好みが合う人同士なので親密になりやすいですね。

出会いに繋げるには、プロフィール画像に自分の写真を使用することです。実際に会う前から相手がどんな感じの人かイメージ出来ると警戒心も薄れますよね。

フェイスブック

フェイスブックは本人確認が厳しく、ビジネス感覚で利用している人が多いです。利用している年代も30代以上と比較的高く、若い人との出会いというよりは大人の出会いという感覚ですね。

出会いを求める場合は、検索機能とグループ、知り合いかも?を活用して友達を広げていきます。検索する際には自分が出会いたい人や趣味などの気になるキーワードを入力して検索すると良いです。

気になるグループを発見したら、そのグループに参加して交流を深めていきましょう。そして、そのグループからまた友達をたどっていくことで更に出会いが広がっていきます。

そして、フェイスブックの最大の魅力は学生時代の友達や同級生、後輩などと繋がる可能性が高いことです。プロフィールの生年月日や出身地、出身校、働いていた会社などを登録しておくと、フェイスブックが勝手に知り合いでは?と繋いでくれますよ。

SNSで出会った体験談

SNSで実際に出会った人の体験談をまとめました。

次にSNSで出会いがあるのはあなたかもしれませんね。出会いを求めるというだけではなくて、多くの人と交流するという意味でも気軽にSNSを利用してみて下さい。

インスタグラムで彼氏とは出会いました。彼の方から投稿に「いいね」があったり「写真のセンスが素敵です」とフォローの挨拶があり、私の方からもフォローしてそこが始まりでした。そのあと、コメントやDMでやりとりしているうちに会う事になって、3ヵ月ほど会ううちに付き合うようになりました。(大学生/女性)

 

ツイッターで彼女と出会いました。お互いにツイッターにはまっていて、常にツイッターを開いている同士。そのうち、ツイッターの仲間同士でオフ会があって、そこで最初に会いました。すでにツイッターで仲良くしていたので、意気投合して付き合う事になりました。(会社員/男性)

 

マッチングアプリで彼と出会いました。彼の方からアプローチがあり、住んでいる場所も近いということで、何度もあっているうちに付き合う事になりました。彼の方から名刺をすぐに出してくれたので、安心して付き合うことが出来ました。(会社員/女性)

 

フェイスブックで知らない男性からメッセージが来ましたが、無視しちゃいました。写真を見て「好みです」と言われても、相手がどんな人かも知らないし、共通の部分もなかったので。そうなると身構えちゃいますよね。(モデル/女性)

 

SNSの出会いまとめ

SNSはたくさんありますが、出会いに繋げるとなるとかなりの労力が必要となることがわかりました。

特に、ツイッターやインスタグラム、mixi、フェイスブックは出会いが多くても、その先に繋げるにはハードルがかなり高いように感じます。その理由としては、そもそもが出会いを求めているわけではなく、自分が何かしらを発信したいという理由で使い始めるからです。

その点、マッチングアプリだと出会いを求めている人が登録しているので、アプローチもしやすいですね。最短で出会いを求めるのであれば、マッチングアプリを利用した方が時短にもなるのでおすすめです。